お掃除まにあ

【どうしても掃除嫌いの方必見!】掃除がしたくなる方法!

2017.3.30

掃除が嫌いで嫌いで仕方がない方、いらっしゃると思います。かくゆう私も掃除嫌いの1人です。

家の調理場もすぐ油で汚れ、お風呂場には水垢がつき、床がざらざらしてきたと感じた時に掃除機をかけるという生活を送っていました。

1人暮らしなので、人が来ない限りはどんなに汚くても構わないという、だらけた生活を送っていたのです。

掃除が嫌いなのには、理由があった!

まず私が掃除が嫌いな理由の1つに、時間の無駄、と思う所があったからです。なぜなら、床に掃除機をかけるのにも家じゅうかけまわると1時間、お風呂の掃除をちゃんとしようと思うと15分、調理場の掃除をしようと思うとなんと45分かかっていました。

家中を掃除しようと思うと、それこそ膨大な時間がかかり、とても1日では終わらないでしょう。
掃除をするということに価値を見出せなかった私は、掃除をすることに対して時間の無駄という風に考えていたのです。

掃除をする時間を、他の趣味や仕事にあてたほうがずっと有意義に毎日を過ごせると確信していたのです。

ですが、これは明らかな間違いだと気づくことになったのは、仕事場においてでした。
普段から家の中で整理整頓を心がけていない私は、自分の資料すら整理整頓できず、上司から整理をきちんとしろと口うるさく言われるようになったのです。

掃除嫌いは、どのようにして克服するか

上司に怒られてからというもの、私は必死に整理整頓を心掛けるようにしましたが、なかなか上手くいきませんでした。

その時私は、普段から自分が家の整理整頓すらしていないことに気が付いたのです。

まずは日常生活から整理整頓、綺麗にしていくことを心掛けていれば、おのずと整理整頓出来るようになるのではないかと感じました。

それからというもの、ここだけは絶対に綺麗にしておくという場所を1つ決め、そこだけは何が何でも毎日綺麗に保つ努力を始めました。

私が決めた場所は、調理場です。調理場といえば、油汚れですぐに汚れがつき、調味料など散乱して毎日汚れるような場所です。

毎日掃除するにはもってこいのこの場所を、わたしはどんなに仕事が忙しくても、きちんと綺麗に掃除するようにしました。

そうしていくうちに、油汚れにはこの洗剤、焦げにはこの洗剤、と段々掃除道具についても興味をもつようになったのです。

【簡単!】汚れが綺麗に落ちる掃除嫌いの方におすすめの、掃除道具

水で濡らしたタオルで掃除をするようになってくると、どうしても落ちない汚れというものが出てきます。それは油汚れであったり、焦げであったり、水垢であったりです。

これらを落とす為に、私はネットや母親に聞き、その方法を実践してみることにしました。

例えば油汚れは、重曹を使えば簡単に落ち、焦げだと酢酸の洗剤、水垢だと過炭酸ナトリウムなどです。

それらを使えば、水だけでは落ちなかった汚れもすぐに落ちました。

傷をつけていけない場所にはスポンジなどを使い、丁寧に汚れを取り、傷が目立たない場所にはタワシなどを使い分けて掃除をしました。

こうして、絶対に綺麗にしておきたいと決めた調理場はピカピカにすることが出来ました。

調理場の調味料やフライパンや鍋の場所もきちんと見えるように、自分なりに整頓し、誰が見ても恥ずかしくないように心がけました。

1か所が綺麗だと、他の場所も綺麗にしたくなる法則

毎日毎日、調理場だけは綺麗にするように心がけていた私は、ふと他の場所の汚さが目についてきました。

調理場だけあまりにも綺麗すぎて、他の場所の汚さが際立ってきたのです。
こうなると、段々他の場所も綺麗にしたいという感情がわきでてきて、それが抑えられなくなったころ、わたしは自然と他の場所も掃除していました。

自分がこのような感情を持つことにも驚きでしたが、何より今まで掃除を時間の無駄だと思っていたころの私とは、明らかに変わっていました。

掃除をすることで、心がスッキリする、そのような感覚も覚えるようになってたのです。

調理場から始まり、リビング、お風呂場、そして最後に自分の部屋。

毎日毎日、少しずつ綺麗にするように心がけた結果、私には自然と掃除する習慣が身についていたのです。
毎日整理整頓の練習をしたせいか、仕事の資料管理も良くなっていると上司から褒められたのを覚えています。

掃除をすることによって、大切なことに気づく

掃除嫌いの人が、掃除を好きになるというのはとても大変なことだと思います。

いきなり掃除が好きになるのが難しいのなら、少しづつ掃除が好きになればよいのです。

私の場合もそうでした。掃除大嫌い人間が、掃除大好き人間になるまでには時間がかかりました。
私がそういう風に変われたのは、掃除が私に大切なことを教えてくれたからです。

自室のごちゃごちゃしている状態は、その人の心の中もそのような状態になっている可能性が高いといいます。

つまり、自室が汚い状態だと、頭の中も整理されていないのです。

整理整頓をしていないと、仕事にも支障出て、家の中での失くし物も頻繁に出ます。
このような状態で毎日の仕事、生活は上手くいくのは難しいでしょう。

いかがだったでしょうか。まずは1つでいいので、自分が絶対に綺麗にしたい場所を選んで、そこを徹底的に綺麗にし続けてみてください。

掃除をすることに楽しみを見いだせたら、もうあなたは掃除の虜になるでしょう。

 - お掃除とメンタル