お掃除まにあ

掃除のモチベが上がらない…モチベを保つ4つの方法

2017.3.29

家事の中でも手間が多く、どうしても億劫になりがちなのが掃除です。特に、日々の掃除を行うモチベーションの管理に苦労している方は多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな方におすすめの掃除のモチベーションを保つ方法を4つ紹介します。

掃除は誰もが面倒に思うもの。ここで紹介する方法は、そんな掃除を楽しく行えるようになるものばかりです。

ハードルを下げてモチベUP!手軽にできる掃除から

掃除の手間は多岐にわたります。高い場所のほこり掃除から、床掃除、トイレ掃除、お風呂掃除やゴミ捨て……。

考えるだけでも気が重くなってしまうようなラインナップです。一気に取り組もうと思うと、どうしても腰が重くなります。

そこで、特に「一度取り組み始めてしまえば意外とできる」方におすすめなのが、「手軽にできるものから手を付ける」方法です。

部屋の中のゴミを拾い集めるだけ、散らかったものを少し整理するだけ、ぐちゃぐちゃのコードをまとめてみるだけ……、そんなふうに作業を細かく分割して、取り組むハードルを下げてみるのです。

もちろんこの方法は、手を付けたとしてもなかなか掃除を進められない方にもおすすめです。

「掃除」という単語にすら抵抗がある方なら、いっそ「片付け」などと言い換えるなど、とにかくハードルを下げることを心がけてみてください。

モチベUPの基本はこれ!掃除したところを想像する

まずは、今の自分の部屋の様子をじっくり観察しましょう。ベッド周り、机周り、テレビ台や棚、カーテン、トイレやゴミ箱の様子……。

どんな様子でしょうか。衣服や小物が散らかっていたり、ゴミが転がっていたり、隅にほこりが溜まっていたりしませんか。

ではそこから、自分の目指す掃除の目標、すなわち「ゴール地点」を想像してみましょう。あるべき場所に戻った衣服や小物、きちんと片付けられたゴミ、もちろん隅にほこりはありません。

そんなふうに、まずは掃除の「スタート地点」をしっかり確認してから、「ゴール地点」を想像します。すると、まず何をやればいいか、次に何をすればいいかが自ずと見えてきませんか?

そもそも、自分が部屋をきれいに掃除したところ、つまり掃除に成功した時の様子を想像するのは楽しいものです。

こんなふうに掃除をしたいなとある程度想像できたら、その楽しい気持ちのまま掃除を始めてしまいましょう。

モチベを強制UP!掃除用の音楽をかける

突然ですが、学生時代のことを思い出してみてください。

おそらく、「掃除の時間」というものがあったのではないでしょうか?そして、その時間には決まって同じ音楽が流れていませんでしたか?

あれはただ無意味に流しているわけではなくて、「掃除の時間の音楽」として定着させることで、自然と掃除をする気持ちに持っていくという効果があるのです。

「パブロフの犬」という実験を知っていますか?

犬に決められた音を聞かせたあとに餌をあげるのを繰り返すことで、犬はその音がなると餌がもらえるものと思い、唾液を出すというものです。

つまり、何か一曲お気に入りの音楽を「掃除用の音楽」と決めて、掃除のときに流すようにするのです。慣れてくると、音楽を聞いたら自然と掃除がしたくなるまでになります。

これなら、好きな音楽を聞きながらも掃除が行えるようになって一石二鳥ですね。

最終手段はこれ!掃除後にご褒美を用意する

どんなことでも、そのモチベーションになるのがご褒美です。

自分の好きなこと、好きなものを掃除をした後に堪能できるように準備すると、それを目的に掃除を頑張れそうですよね。

好きなテレビ番組の録画を見るもよし、普段は食べないコンビニスイーツを用意するもよし、ストレス発散にカラオケに行くもよし。

自分がやりたいこと、欲しいものは自分がよく知っています。自分に適したご褒美を用意することが出来るというのも、この方法の良いところです。

自分一人ではどうにも心許ない、ご褒美が機能するか心配……そんな方は、友達を巻き込んだご褒美を用意するのも手です。

「今日は掃除するから、終わったら遊ばない?」など、自分以外の人が関わるとモチベUPに繋がる人もいます。

ぜひ、自分の性格ややり方に合ったご褒美を用意してチャレンジしてみては?

もうこれでモチベーションに悩まない!

以上、4つの方法を紹介しました。

このうちのひとつではなく、いくつかを組み合わせたりして、自分に合ったモチベーションを上げる方法を見つけてみましょう。

掃除は大変で億劫ですが、いずれはやらないといけないもの。そうしないと、あとで大変なことになるのは皆さんならわかるはずです。

それに、掃除は面倒くさいだけではなくて、終えると多少なりとも達成感の生まれる作業です。誰しも、汚れた場所がきれいになると胸がすっとしますよね。

掃除の醍醐味はそこにあります。自分の家や自分の部屋を自分の手できれいにする。それに価値を見いだせるようになるのが最終目標ですが、なかなか底まで行くのは難しいもの。

「お菓子を用意して少しでもやる気を出してみようかな」、「これだけならできそうだから、少しやってみよう」そこまで思えたなら、あとは占めたものです。

ぜひ、楽しい掃除ライフを送ってくださいね。

 - お掃除とメンタル