お掃除まにあ

今さら聞けない掃除の仕方 基本を押さえて綺麗な部屋にしよう!

2017.3.29

いざ掃除をしようと一念発起しても、いざ汚れてしまった部屋を目の前にすると、どこから手を付けていいのか、途方に暮れてしまった経験はありませんか?

また、モデルルームのような家の写真を見て、どうすればこんなに綺麗に掃除を出来るのか、疑問に思ったことはありませんか?

実は、物事には何にでも順序があるように、掃除にもしっかり、基本が存在するんです!

正しい掃除の仕方・順序を知り、部屋を住みやすい空間に変えていきましょう!

掃除の仕方の基本1. まずは散らかったものを所定の位置に戻す

日常の忙しさ故に、社会人で一人暮らしをしているような人や、小さな子供のいるご家庭では、ついつい、”所定の場所”が守られなくなっていきます。

干し終わった洗濯物、使った鞄、毎日着るコート、子供の絵本やおもちゃ――こうした、「今は時間がないからとりあえず」置かれたものが、部屋を乱雑にする一番の要因になります。

ですからまず、掃除を始めようと思ったら、目につく出しっぱなしのものを、所定の位置に戻しましょう。

これが掃除の仕方の基本、しかもその中の基本と言っても過言ではありません。

特に床に置きっぱなしにされたものがあっては、その後の作業を大きく妨げます。

更に、これから行われる作業で、汚れなくていいものが埃にまみれてしまいますから、更に手間まで増えてしまいます。

この作業で、既にいらなくなったものや、不要かどうか判断がつかないものに頭を悩ませることもあるでしょう。

そんな時は、ダンボールや袋などに詰め、後から選別しても良いのです。

特に自分以外の家族の私物に関しては、自分にはゴミに思えても、その人にとっては重要なものである可能性もありますから注意してくださいね。

散らばったものが所定の場所に落ち着いたら、いよいよ本番です!

掃除の仕方の基本2. 掃除は上から下に進めよう!

誰でも知っている通り、地球には重力があります。

「それと掃除に何の関係が?」と思うかもしれませんが、ちょっと想像してみましょう。

まず、床を掃除した後に、埃の溜まった本棚に着手したら、一体どうなるでしょう?

答えは明白、溜まっていた埃が床に落ち、せっかく綺麗にした床が汚れてしまいますね。

実際、目につく埃ばかりに気を取られ、あっち、こっちと飛び石のように作業をしていては、何時まで経っても終わりません。

しかも、掃除した場所を、自分で再び汚してしまっては、そのために使った時間は全てムダになってしまいます。

ですから掃除の仕方の基本として、上にあるものから始めるのが、一番効率がいいんです!

ただ、ここでワンポイント。

細かな埃はバサバサ払っていると空中に舞い、時間を掛けてゆっくり落ちていきます。

そのため綺麗にしたつもりだったのに、全て終えて一息つこうとテーブルを見ると、そこに埃が…ということも珍しくありません。

ですから、ホコリをはたきでバサバサ叩いて払うより、ハンドモップなどで絡め取ってしまうほうが有効です。

いつも同じ汚れに頭を悩ませているなら、掃除用具を見直してみるのもいいですね。

掃除の仕方の基本3. 動線を意識して、部屋の奥から始める

動線(導線)という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、これは一般的に「人や物の動きの流れ」を指す言葉です。

掃除の時にも、この動線を意識すると、二度手間を掛けず、効率よく掃除出来るんです。

再び、例を出して考えてみましょう。

床を雑巾で拭こうとした時、部屋の手前から始めてしまったとします。最終的に、どんな状況になるでしょうか?

部屋の隅に追いやられ、結果、拭き上げたばかりの床を、埃のついた足で再び汚してしまうことになってしまいますね。

ワックスをかけた時などは特に、乾くまで部屋の隅から動けないか、窓から脱出するか、足跡を消すために結局ワックスの掛け直し…そんな状況になってしまいます。

ですから、この動線というものは、掃除においても基本であり、非常に重要だと言えるのです!

掃除用具を手にしたら、次に行う作業のために、どう動けば一番効率がよく、ムダがないかを考えましょう。

汚れた雑巾を何度も洗いに行く可能性があるのなら、先んじてバケツを用意しておく。

洗剤が乾く前に二度拭きが必要なら、手元に雑巾を用意しておく。

そうした準備も含め、二度手間・三度手間をなくしましょう。

掃除の仕方の基本4. 洗剤は適材適所、適量を守り、テストも忘れずに!

部屋全体が片付いてきたら、洗剤を使って磨いたり、汚れを取ったりといった作業を行うことになります。

この洗剤ですが、ものによっては手肌や家具、ひいては家自体を痛めてしまう可能性がありますから、必ず用法・容量を守って、取扱説明書にある使用箇所に使うようにしましょう。

安全でエコな洗剤としてよく使用される重曹やクエン酸といったものも、本格的に使う前に、ほんの少量をスポンジ等にとり、掃除箇所の材質を痛めないかのテストをしましょう。

また、取り扱いの際には、どんな洗剤でも手袋・マスクをし、換気しながら使用したほうがいいでしょう。

水回りのカビ落とし剤や、頑固な油汚れを落とす台所用洗剤などは、使用中手肌を痛めたり、臭いで気分が悪くなることがあるからです。

洗剤を使う時には、「下から上へ」が基本です。

窓ガラスを想像するとわかりやすいのですが、洗剤を上からスプレーすると、下にダラダラ流れていってしまい、必要以上に使いすぎてしまうことになります。

掃除は小まめにしたほうが、ずっと楽!

日々、仕事や他の家事・育児に大忙しな人にとって、掃除は決して楽な家事ではありません。

しかし、放置していては、カビが発生して思わぬ病気の原因になったり、溜まった埃が原因で、ハウスダストアレルギーを発症してしまうことだって、珍しいことではないのです。

なにより、溜まった汚れを落とすのは、早いうちに掃除した時の、何倍もの時間も労力も必要とします。

これが、一番の非効率だと言えるでしょう。

実際、簡単な掃除で居住空間を快適に保つには、こまめな掃除と、無駄なものを増やさないこと、使ったものは必ず所定の位置に戻すこと、この3点を守るだけでいいのです。

そして、掃除を簡単にするには、今回見てきた掃除の仕方の基礎を守ればいいだけなのです。

こまめな掃除が日常になれば、自ずと掃除に対する苦手意識はなくなり、それこそ、無意識のうちに綺麗な過ごしやすい部屋を保つことが出来るようになります。

この機会に、是非、一念発起して、快適な部屋を手に入れましょう!

 - お掃除のテクニック