お掃除まにあ

身体や環境にやさしいだけじゃない!掃除をするならクエン酸!

2017.3.28

最近は掃除の話題で出てくることも多くなったクエン酸。

クエン酸という名前は聞いたことがあるけど、どうやって使うの?そもそも、どんな汚れが落ちるの?そんな疑問を持つ方も多いと思います。

ここでは、そんなクエン酸の基礎知識から実際の掃除の方法までを徹底的にご紹介!これさえ読めばあなたもクエン酸を使いこなせること間違いなしです!

そもそも、掃除に使う「クエン酸」とは一体どんなもの?

クエン酸とは、ずばり「酸っぱい成分」のこと。

みかんやレモンなど、柑橘類の酸味はこのクエン酸によるものが多くを占めています。また、梅干しにも多量に含まれています。

これらのクエン酸を含む食品の有名な効果は、「疲労回復」。酸っぱい成分によって疲れを緩和させてくれるのです。

他にあげられる効果は、「ミネラルの吸収促進によるアンチエイジング」です。クエン酸には「キレート作用」と呼ばれるものがあり、それによって細胞の酸化を防止してくれるのです。

また、クエン酸で洗顔をすると美容に効果があることや、クエン酸を含む入浴剤を用いて入浴することで、美容効果だけでなく体臭を抑える効果も期待できます。

したがって、クエン酸は自然界に存在する物質であることから環境にもよし、健康や美容などといった身体にもよし、そんなステキな物質なのです。

万能ではない?クエン酸に向いている掃除とは

素晴らしい効果のあるクエン酸ですが、どんな掃除にも対応できるかというと、残念ながらそうではありません。

クエン酸は「酸性」の物質です。酸性には、アルカリ性を中和させる働きがあります。

アルカリ性の汚れを中和させると、汚れが浮いて取り除きやすくなります。すなわち、クエン酸はアルカリ性の汚れに効果があるのです。

しかし、アルカリ性の汚れと言われてもピンとこないかもしれません。「水アカ汚れ」、「石鹸カス汚れ」、「トイレの黄ばみ」と言い換えれば、分かりやすいのではないでしょうか。これらはアルカリ性の汚れの代表格です。

そう、クエン酸はおうちの水回りの汚れ掃除に非常に向いているのです!

ではアルカリ性とは反対の酸性の汚れはどうするのかというと、これもクエン酸と並んで有名な「重曹」が効果を発揮します。しかしながら、ここでは割愛します。

いよいよ挑戦!クエン酸を使った掃除方法

クエン酸は主に水に溶かして使用します。

最も便利な方法が、クエン酸をあらかじめ水に溶かしてスプレーとして使う方法です。

分量の目安は、水100mlに対してクエン酸は小さじ1/2。

スプレーは作り置きはせず、面倒でもその都度作るのがオススメです。

【トイレ掃除】

トイレの便器や水タンクにスプレーを吹きかけて、磨きましょう。ガンコな水アカや黄ばみもぐんぐん取れるはずです。

【お風呂掃除】

お風呂の鏡の汚れには、スプレーした上からラップを貼ってみましょう。そのまま半日ほど放置して、拭き上げたら終わりです。水アカや石鹸カス汚れがきれいに落とせます。

洗面器や風呂イスなどの小物にもスプレーして、スポンジで磨いた後流しましょう。

小物が多い場合は、湯船にクエン酸水を張ってつけ置きもOKです。つけ置き時間の目安は1〜2時間ほど。

終わったら、スプレーの場合と同様にスポンジで軽くこすって流しましょう。

安全だと過信は禁物!クエン酸水の注意点

身体や環境にやさしいとはいえ、それはどんな扱いをしても害がないということではありません。

まず、クエン酸に長時間触れていたり、大量のクエン酸に触れたりすると手荒れをする場合があります。クエン酸が皮膚を酸性に偏らせすぎることで起こってしまうことです。

クエン酸を直に長時間触ったり、濃度の高いクエン酸水を使うと起こるケースがあります。汚れをたくさん落としたいからと、濃度の高いクエン酸水を作ることはせず、分量を守って作りましょう。

また、十分に注意したいのが、クエン酸を塩素系の洗剤と一緒に使ったり、混ぜてしまうことです。これをすると有毒なガスが発生しますので、絶対に行ってはいけません。

クエン酸は酸性ですので、粉末やクエン酸水が目に入ると痛みを感じる場合があります。もし入ってしまったら、すぐに水で洗い流しましょう。痛みが残る場合は、病院へ行くことをおすすめします。

これであなたもクエン酸掃除のプロに!

水回りの掃除にクエン酸が非常に向いていることがわかりましたね。水アカ汚れや石鹸カス汚れ、トイレの黄ばみに大きな効果を発揮するクエン酸。用法をきちんと守って使用すれば、大きな効果が期待できます。

また、クエン酸は水に溶かして使うため、ほんの少しの量でも意外と多く使うことができます。

食用や工業用などがスーパーやドラッグストアに売っていますが、掃除に使う程度のものであれば工業用で十分です。工業用のほうが一般的に安価ですが、食用でもかまいません。

どちらにせよ、クエン酸を使った掃除は大変経済的であるともいえます。

小さい子どもやペットのいるご家庭にもおすすめのクエン酸掃除。
クエン酸は用法を守れば身体や環境にやさしいものですので、ぜひ積極的に使って、おうちをピカピカにしてもらいたいです。

一度トライしてみて、その効果を実感してみてくださいね。

 - お掃除道具