お掃除まにあ

掃除するだけではない!断捨離は奥が深くて効果が広い

2017.5.8

断捨離というのは、断つ、捨てる、離れる、という3つの言葉の頭文字を取ったものです。簡単に言えば掃除して1年以上を使っていないものを捨てるということです。

それだけ聞くと掃除するだけではないかと思う人がいますが、わざわざ断捨離というくらいなのですから、通の掃除とは一味違います。方法が一風変わっているということもあるのですが効果が異なっているということが掃除との一番の違いでしょう。

断捨離の効果は幅広く、もしかすると想像ができないくらいかもしれません。

断捨離は掃除と違う!断捨離効果でお金の使い方が変わる

断捨離では必要なものと不必要なものをはっきり分けることになります。そのため自分のことを深く反省し、そしてお金の使い方にまで影響を及ぼします。

自分が欲しいと思うもの、そして自分に必要なものがはっきりするので無駄なものを買うことが極端に少なくなるのです。また、それまで買うべきか買わざるべきか考えていた長い時間がこれまでより短くなる効果もあります。

断捨離をすることで自分に必要なものが分かり、買い物の時間が短縮されるというわけです。

そして、そのことで時間が余るようになります。買い物の時間が短くなり時間を確保できるようになることで活動的にもなれます。人によっては自分磨きに習い事を行うことさえあります。

そして良い機会に恵まれるという人も少なからずいるようです。

さすがに良い機会に恵まれるというのは運が良かっただけだと言えるかもしれませんが、そのきっかけとなることが断捨離だというのは見逃せない事実だと思います。

断捨離の掃除で部屋が綺麗になることで精神面にも効果あり

断捨離をすることで多くのものを捨てることなった人は、物を捨てたことですっきりとした気持ちにことが多いです。そして片付いた部屋を見ることで今までがどれだけ散らかっていたのか思い知ることになります。

そして今までと違うという感覚は心地よい感覚になります。部屋が広く見えますし、掃除もしやすくなりますし、掃除して綺麗しただけだというのに部屋の雰囲気がかなり良くなるのです。

片付けたことで精神面に良い影響があるというのは一流ホテルを考えれば容易に想像がつくでしょう。一流ホテルが優雅な雰囲気を作れているのは、整理整頓が行き届いていますし、不必要なものが配置されておらず部屋が片付いているからです。

そのような洗練された空間は断捨離で作れるのです。

我が家で優雅な一時を味わえることは精神的にかなり良い効果を及ぼしてくれて、非常にリラックスしたり前向きになれたりするでしょう。

断捨離で掃除したことによる生活習慣への効果

断捨離はお金の使い方にも影響が現れるわけですが、習慣が変わってしまうこともあります。それは断捨離の真骨頂と言えるかもしれません。

断捨離することで自分に必要なものが分かり、そして物が少なくなることで整頓するスペースが生まれます。そうなると戦利整頓しやすくなるわけです。

そしてしばらく整理整頓することで、それが身につき習慣となります。すると家庭だけでなく仕事面や人間関係にも影響を及ぼすことになります。

もちろん良い影響です。必要なものへの意識、整理整頓への意識が強くなることで、何事にもマメになる傾向があります。そのことで仕事でのミスが減りますし、仕事の段取りが上手くなるのです。

仕事が上手くできることから周囲からは計画性があって自己管理ができる人だと評価を得て好評を博すことでしょう。

断捨離をしたおかげで、能力が突然上昇したわけでもないのに周囲の評価まで上昇する可能性があるということです。

一番効果があるのは捨てることだった?断捨離の大切なこと

断捨離というのは、断つ、捨てる、離れるという3つのことですが、一番大切なのは2つ目の捨てることかもしれません。掃除するにしても物を廃棄するにしても、それらは捨てるということです。

捨てるという段階は、断捨離の場合は何度も行われることが普通です。1度目の仕分けでは、「必要なもの」、「不要なもの」、「どちらか分からないもの」と分けて、2度目以降は「どちらか分からないもの」を再度3つに分けていくのです。

しかも2度目を行うのは30日後です。3度目の仕分けでは60日後に行います。そのように断捨離では大量の時間を使ってじっくり考え、自分に本当に必要なものを確かめていくのです。

そのように捨てることに時間をかけるのが断捨離の真髄なのだと思います。それによって自分に必要なものがしっかりと理解できるでしょう。

よく捨てることで、自分に大切なものが分かるようになり、お金の使い方が変わって、入ってくる不要なものを断つことができます。そして家の中が好きなものだらけになるので新しい物への執着から離れることができます。

つまり、よく捨てて、断てるようになり、離れられるようになるというわけです。

断捨離でもったいないを進化させよう

日本ではもったいないという考え方があって物を大切にする習慣があります。物を大事に残しておくということですが、それでは物を買っても捨てることが少なくなるので物がどんどん増えていくでしょう。

断捨離はもったいないという考え方を改める良い機会だと思います。

そしてもちろん断捨離をしたことでもったいないという考えを捨てるわけではありません。

必要なものをもったいないと大事にしてください。自分が大切に思っているものは長く愛用してください。断捨離をしてから本当に必要なものを大切にしてください。

そのようなことは自分の快適な空間を作ることにも一役買ってくれるでしょう。

断捨離というスパイスで、もったいないというイメージのまま不要なものを取っておくことはやめて、必要なものを大切に扱うようになってください。そうすれば生活をより良いものにしていくことができると思います。

 - お掃除の効果