お掃除まにあ

掃除と収納は一緒にやるべからず!きちんと収納をしておけば、掃除は時短可能

2017.3.28

掃除は時間がかかるものだと思っていませんか?

そう考えている人の多くは、掃除と部屋の片づけを一緒にしているからです。掃除は掃除、部屋の片づけは、部屋の片づけ、それぞれを別に行う事で、掃除の時短は可能なのです。

ここでは収納のテクニックについてご説明いたします。この記事を参考にしていただいて、休日の掃除から解放されましょう。

掃除に時間がかかるのは、収納に問題あり?

さてあなたは掃除機をかける時に、どのくらいの時間掃除機を連続してかけていますか?

一度も止めないまま、連続して掃除機をかけられればかなり優秀です。しかし、多くの場合、掃除機をかけては止めて、止めてはかけてという方法で掃除をしているように見受けられます。一部屋で3回以上掃除機を止めるようならば、まずは掃除機をかける前に部屋の片づけを行いましょう。

そして、そこで気が付くはずです。

自分は「整理整頓」と「掃除」を一緒にしようとしているから時間がかかるのだという事を。

床にモノがなければ、掃除機などは2LDKのマンションならば30分もかからないはずです。それが1時間も2時間もかかっているようならば、別の事に時間を取られているという事なのです。

その多くは、散らかったモノの整理整頓に時間を費やしているのです。つまりきちんと整理整頓で来ていれば、それほど掃除に時間はかからないはずなのです。

適切な収納で、掃除時間を短縮させる

適切な収納とはどういう状態でしょうか?

理想はワンアクションでモノが取り出せる状態です。ワンアクションでものが取り出させるのであれば、モノが仕舞いやすいので、部屋が散らかる事はありません。しかし、多くの人は、「収納」をモノを詰め込むテクニックだと考えているので、どれだけのモノを詰め込めるかという所に意識を割いています。そのため、非常の取り出しにくく、仕舞い難い状態が発生するのです。その結果、時間のある時にまとめてしまおうとして、部屋がどんどんモノに占領されていきます。

でも、その状態で掃除機をかけると大変ですよね。だって、そもそも掃除機をかけるスペースすらない場合があるのですから。床に落ちているモノを拾って、仕舞って掃除する。これでは1日あっても終わりません。

収納の基本は「適切な場所に適切なモノを仕舞う」です。モノを詰め込むことではありません。

収納も掃除もポイントを押さえれば、誰でも簡単!

収納のポイントは「どれだけモノを取り出しやすく」するかです。

それには、まずモノの数を減らす必要があります。何故なら、モノの数が多いと、どうしても取り出しにくくなるからです。

モノの数を減らすには、「使う」か「使わない」かで区別しましょう。「そのうち使うだろう」と思って取っておいても「そのうち」は永遠に来ません。ここでどれだけモノを減らせるかで、掃除のしやすさが変わります。

掃除のポイントは「毎日少しずつやる」事です。

まとめてやると大変な時間になりますが、毎日時間を区切ってやるだけでも、週末の掃除は格段に楽になります。キッチンタイマーを持ってきて、例えば1日5分なら5分測って、掃除をしてみましょう。たった5分であれば、さほど生活に負担はないでしょう。そして5分すぎたら、掃除を辞めましょう。その繰り返しでいいのです。ただ毎日やる事が大切です。

収納を変えれば生活が変わる!整理収納アドバイザーのススメ

収納の良い所は、効果が目に見えた形で現れます。

まず、モノの居場所がきちんと決まっていれば、モノを探す時間がなくなります。よく毎日のようにモノを探す人いますよね。こういう人は、なんのルールもなく、目に付いた所に置いてしまうので、モノが行方不明になるのです。

こういった時間無駄ではありませんか?

モノの居場所を決めるだけでも、時間の節約になります。

そして経済的効果も見られます。よく「あれが無い」と思って買ってきたら、探したら家にあったなんて事ありませんか?それが食料品だった場合、使う前に賞味期限が切れてしまう事もありますよね。しかしモノの居場所が決まっていれば、買い物に行く前に確認するだけで、無駄買いする必要がなくなります。

こういった収納に関する考え方を勉強できるのは「整理収納アドバイザー」です。重要なのは、この資格は、あくまで収納のテクニックではなく収納の考え方を学ぶ事が出来ます。考え方であれば、自分の生活に応用が可能なので、今まで収納の本を買っても、自分の生活と違いすぎて応用できなかった人にもオススメです。

掃除の時短の早道は、適切な収納から始まる

掃除というのは、汚れを落とす事。収納というのは、モノを仕舞う事です。

これを例えば、1週間に1回しかしなければ、毎週1日は掃除と収納だけで終わってしまうでしょう。

しかし、都度都度使ったら片づける事を習慣化しておけば、さほど時間は取られません。しかし、片づけるのも、ワンアクションで出来れば、片づけるハードルは高くありませんが、フォーアクション、ファイブアクション程度になると、ついつい後回しにしてしまいます。そのためにも、モノの数を減らして、モノを取り出しやすいスペースが必要になるのです。

掃除も同様です。まとめて1度に掃除しようとすると時間がかかりますが、毎日ほんの少しだけでも掃除をする事で、週末の掃除を楽にする事が出来ます。忙しい人はそんな時間はないというかもしれません。ならば1日5分でいいので、掃除を始めてみましょう。

こういう積み重ねが結局は大切なのです。

 - お掃除のテクニック