お掃除まにあ

テーブルや家具についた油性ペンのインクの消し方は簡単

2017.5.8

たとえどれほどに気をつけていても、事故というのは起こるものです。

時には新しいソファーの上で、時には白いカーペットの上で、またはオークのコーヒーテーブルの上で起こります。

もう落とせないと諦めることはありません。

テーブルや家具についた油性ペンのインクの消し方を紹介します。いくつかの一般的な家庭用品を使って簡単に消すことができます。

歯磨き粉を使ったテーブルの油性ペンの消し方

白い練り歯磨きを使います。ブランドは何でも構いませんが、ゲル練り歯磨きは避けてください。うまく行かない傾向があります。練り歯磨きの代わりに重曹でもうまくいきます。または重曹を含む歯磨き粉を使用するとよいでしょう。

気前よく絞り出します。十分な量の練り歯磨きを使って、汚れた部分が完全に覆われるように広げてください。出し惜しみをしてはなりません。湿った布またはペーパータオルを使用します。布を水によく浸す必要はありません。お湯にさっとつけて、わずかに濡れている程度になるまで絞ります。円を描くようにして歯磨き粉を汚れ全体にこすりつけます。練り歯磨きが消えると、油性ペンのインクも消えるはずです。

最初にやってみてインクが完全に消えない場合は、湿った新しい布と練り歯磨きを使ってこのプロセスを繰り返します。布を水ですすぎ、次に、残りの練り歯磨きをきれいになるまで表面から拭き取ります。

テーブルや敷き物についた油性ペン、酢と洗剤を使った消し方

酢と食器用洗剤を混ぜます。冷たい水2カップに小さじ1杯の酢、小さじ1杯の食器用洗剤を加えます。また、消毒用アルコールや同様の製品も使えます。ヘアスプレーと日焼け止めには通常アルコールが入っているので、それらも使えます。必ず成分を確認してください。手の消毒液やレモン汁を試すこともできます。

できるだけ早く汚れに対処しましょう。乾燥して染みつく前に汚れを叩くと、それを完全に取り除ける可能性が高まります。布または脱脂綿を濡らします。汚れに直接アルコールをかけてはいけません。代わりに、布にいくらかつけて、汚れに当てます。

まずしみの周りを濡らします。特に織物の場合は汚れの周りを濡らします。軽く叩きます。こすってはいけません。汚れを前後にこすると、布の中に深く押し込むことになります。しっかりと叩いて汚れに布を押しつけます。前後にこすらずにまっすぐ持ち上げてください。

必要に応じて繰り返します。汚れが残っている場合は、きれいな布をもっと消毒用アルコールで湿らせて、汚れをもう一度叩きます。清潔で湿ったスポンジまたは布ですすいでください。汚れが落ち、その部分を水ですすいだら、空気乾燥させてください。

市販のクリーナーを使ったテーブルの油性ペンの消し方

お近くのホームセンターに相談してください。ホームセンターには商業用クリーナーが置いてあるはずです。店員さんに勧めてもらってもいいですが、ほとんどのクリーナーにはボトルにどんな汚れを落とせるのか、最適なものが列挙されていますので、自分で確認できます。購入する前に、必ず製品のラベルを読んでください。

市販のクリーナーには、誤って使用すると表面を傷めてしまう可能性のある化学物質が含まれていることがあります。ラベルをチェックして、汚れを落とそうとしている表面に適していることを確認します。

説明書をよく読んで、その指示通りに作業してください。市販のクリーナーの中には油っぽい残留物が残るものがあります。そういう場合は脱脂綿に消毒用アルコールを染みこませて拭くと取れます。

マジックイレーサーを試してみてください。ホームセンターに売っています。竹の製品でも汚れがよく落ちます。光沢が剥げたら家具用オイルを使用してください。

これらの方法は決して万全ではありません

これらの方法で油性ペンを落とそうとするときは、まず見えないところでテストしてください。こうした方法のほとんどは家具に害を及ぼすことはありませんが、確認のためにテーブルや家具の目立たないところで試し、布が傷ついたり、木材にしみがついたり、色が落ちたりしないことを確認してください。

デリケートな布には注意してください。サテンやシルクのような簡単に傷んでしまう織物は、できるだけ注意して扱ってください。それらを傷つける大きなリスクがあります。できれば、ドライクリーニング、または他の専門のクリーニングサービスに依頼するのが最善でしょう。

結果は異なる場合があります。こうしたやり方の有効性は多くのことに影響されます。インクがついてからの時間や、テーブルなどの表面がどんなタイプの材質なのかが、これらの方法の有効性に影響を与える可能性があります。

子育ては戦争、付随的被害は免れません

油性ペン。別名をすべての母親の悪夢の元といいます。油性ペンが必要になることはまれですが、それでも誰もが時には必要になることがあります。どういうわけか子供たちは、食料庫に隠してあるチョコレートのようにそれを嗅ぎつけます。

うちのキッチンには子供用のクラフトテーブルがあって、瓶の中にクレヨン、色鉛筆、水性ペンがきれいに整理されています。工芸用キッチンキャビネットもあって、工芸用品が詰まっています。彼らは許可なしに使うことができます。彼らは小さな工芸台やキッチンテーブルでプロジェクトに取り組むことが許されています。

油性ペンはキッチンの道具入れの引き出しに入れて、子供達はそれを開けるのは禁止です。子供達はとても良い子達で、いつもは素直なのですが、それでもどういうわけかキッチンテーブルのいたるところに油性ペンのインクがついています。

 - 家具のお掃除