お掃除まにあ

石鹸カスの掃除は身近な洗剤を使ってできる!

2017.5.8

お風呂に入って一番リラックスできないのは、石鹸カスと呼ばれる浴槽の周りの恐ろしいリングを目にすることです。

お風呂の時間が台無しになってしまいます。シャワーを浴びれば浴びただけ、入浴すればしただけ石鹸カスはたまっていきます。

掃除が遅れるほど石鹸カスは落とすのが難しくなります。しかし適切な洗剤を使って掃除をすれば、石鹸カスを落とすのは難しくありません。

敵の石鹸カスについて知り、適切な洗剤で掃除しましょう

風呂場の浴槽、シャワーホース、シンクやタイルに曇ったフィルム状のものが付着しているなら、石鹸カスの問題があります。お風呂の掃除をするときに、一番イライラさせられるのがこの石鹸カスです。この曇った膜は取り除くのが非常に困難です。バスルームクリーナーで簡単にこすっても問題は解決しません。それが不快感を呼ぶのです。そんなものの中で入浴したりシャワーを浴びたくはありません。

この白色の固体は、石鹸中の脂肪酸が硬水中の無機イオンと相互作用するときに形成されます。さらにカビ、ボディオイル、こすり落とされた皮膚、バクテリアを含む様々なもので構成されているため、石鹸カスを落とすのはとても難しいのです。そして時間が経つにつれて、水の中のミネラル分が石鹸カスをコンクリートのように固めてしまい、落とすのがほとんど不可能になってしまいます。

重曹で作った洗剤を使って石鹸カスを掃除します

以下の方法の1つで、石鹸カスを簡単に除去できない場合は、別の洗剤を試すことができます。新しいものに移る前に、溶液を完全にすすいでください。バスタブの側面のような垂直面を清掃する場合は、水を少なめにして洗剤の溶液を少し濃くして垂れないようにするといいでしょう。

重曹ははシャワーや浴槽から石鹸カスを除去するのに役立つ脱臭剤です。1カップの重曹、小さじ1杯の食器洗い用洗剤、1〜2カップの水をボウルの中で混ぜ合わせて、パンケーキの練り粉くらいの粘度のペーストを作ります。 柔らかい毛のブラシをペーストに浸し、石鹸カスに塗布してそのまま約15分間放置します。そのあと石鹸カスがなくなるまで柔らかい毛のブラシでこすってください。あとはお湯できれいにすすいでください。その部分の水分を拭き取り、残りの汚れを取り除きます。

石鹸カスの掃除にはアンモニアや酢を洗剤に使うのも有効です

アンモニアはアルカリ性で、フィルム状に固まった石鹸カスを除去するのに非常に有効です。アンモニアは非常に強い刺激臭がしますから、使用するときは窓を開けてよく換気をしてください。ゴム手袋をはめ、できればゴーグルをかけましょう。

アンモニア1カップと水2カップをスプレーボトルに入れ、その中で溶液を混合します。アンモニア溶液を石鹸カスの上にスプレーし、そのまま約30分間放置します。アンモニア溶液が乾燥してしまわないように気をつけてください。30分経ったら柔らかい毛のブラシで汚れをこすり落とします。お湯で徹底的にすすいでください。その部分の水分を拭き取り、残った汚れを取り除きます。

酢は酸性で、油分を取り除くのに役立ちます。酢はシャワーや浴槽に優しい自然の洗浄剤です。 白酢4カップと水4カップ、食器洗い用洗剤小さじ1杯を混合し、スプレーボトルに詰めます。この溶液を石鹸カスにスプレーし、酢が作用するまで15分間そのまま待ちます。柔らかい毛のブラシでこすり落としてからお湯ですすいでください。水分を拭き取り、残った汚れを取り除きます。

それでだめなら秘密兵器を動員します

軽石は大切な秘密の掃除道具です。軽石は地上で溶岩が急速に冷えると形成されます。軽石の穴は冷却時に溶岩の中にあった多量のガスから作られたものです。軽石は岩のような物質ですが、柔らかい岩で、使っているときに崩れることもあります。

崩れた粒は砂に似ており、正しく使用しないとセラミック、ガラス、磁器などを傷つけることになります。傷がつかないようにするため、洗浄している表面には多量の水を使用することが重要です。

軽石は他の洗浄剤が除去できない石鹸カスを除去します。また水中のミネラル分によってできる硬水の斑点も取り除きます。軽石は正しい使い方をしないと浴槽やシャワーに傷を付けてしまいます。強くこすらず、穏やかにこすってください。

まず軽石と柔らかい毛のブラシを用意します。軽石ときれいにしようとしている部分を濡らします。濡らした軽石で石鹸カスを静かにこすります。この時、軽石や清掃面を濡らし続けることが重要です。たくさんの水をかけながら作業してください。軽石に石鹸カスがついたら、硬いブラシを使ってこすり落とします。汚れが消えるまで穏やかにこすり続けます。終わったらお湯で完全にすすいでください。水を拭いて乾かし、残りの汚れを取り除きます。

最初から石鹸カスが出来ないようにするのが一番です

石鹸カスは、石鹸とミネラル分が結びついて形成されます。固形石鹸ではなく液体ボディソープを使うと石鹸カスの形成を止めることができます。液体石鹸は本当の石鹸ではありません。それは洗剤であり、石鹸カスを形成しません。

バブルバスは「浴槽の周りのリング」を引き起こすことで有名です。次回入浴する時には、水を柔らかくするために重曹を1/4カップ加えて下さい。お風呂がシルクのように滑らかに感じます。

使ったあとに浴槽やシャワーを乾燥させると、使用後に残った残渣を取り除き、石鹸カスが浴槽やシャワーに付着する前に洗い流してしまえます。油性のバブルバスや香水のコンディショナーを使用しないでください。

ここで紹介した方法ですばやく簡単にきれいにすることができるので、ストレスを感じる必要はありません。温かい浴槽に浸かって贅沢な時間を楽しんでください。忙しい1日の後に疲れを取り、リラックスするのに最適な方法の1つです。

 - お風呂掃除