お掃除まにあ

排水溝の掃除頻度はみんな違う!汚れの原因とベストな方法とは

2017.5.8

排水溝の掃除は大変だとイメージが強いのではないでしょうか。確かに排水溝にはヌメヌメが発生していますし、臭いも発生しているのでなかなか掃除し難い箇所ではあります。

しかし掃除頻度を少なくなってしまっては汚れが溜まる一方です。掃除しなくては排水溝は綺麗になりません。

そこでヌメヌメの原因やより良い掃除の仕方を確認して排水溝を綺麗にしていく方法を学んでいきましょう。

掃除頻度に直結する!排水溝のヌメヌメの原因

排水溝がヌメヌメしてしまう原因は雑菌です。雑菌が繁殖することで排水溝がヌメヌメしているのです。排水溝に繁殖している雑菌が普段の調理している食べ物についてしまうことはないでしょうが、衛生面を考えるなら雑菌はないに越したことはありません。

そして雑菌は2日か3日もあれば十分に繁殖してしまうのです。毎日蛇口をひねって水を流していますし、配水管の臭いの逆流を防ぐ水封(トラップ)によって排水溝の湿気は一定に保たれてしまうため繁殖しやすい環境となり、数日もあれば雑菌は繁殖できるのです。

そのためできれば3日おきに掃除することが望ましいです。

また食器についた油も流してしまっているので、排水溝が油でヌルヌルになっていることもあります。そのため3日おきとは言わず、油ものを食べて食器を洗ったら、排水溝もついでに掃除しておくと良いかもしれません。

排水溝はかなり掃除されている?みんなの掃除頻度

人によって排水溝の掃除頻度は様々です。こまめに掃除したほうが良いというのは分かっていてもなかなか掃除できず1年以上掃除していない人がいれば、毎日掃除している人さえいます。本当に排水溝の掃除頻度は色々であるわけですが一番多いのは1週間おきに掃除するという人です。

1週間おきに掃除する人は生ゴミを出す日に掃除すると決めているようです。生ゴミを捨てなきゃと思ったら、そのついでに排水溝を掃除するというように忘れずに掃除することができるので、1週間おきの掃除は習慣化しやすいメリットがあります。

また、2日から3日おきに排水溝を掃除している人も多いです。ちょうどヌメヌメが発生する期間と一致しているので、汚れたら落とすという感覚でしょうか。

つまり、みんなの排水溝の掃除頻度は長くても1週間ごとに行っている場合が多いというわけです。2日3日や1週間ごとであればずっと放っていたよりはヌメヌメも少ないでしょうから排水溝の掃除もササッと終わって効率の良い掃除ができていると思います。

面倒な排水溝の掃除頻度を減らす方法

排水溝を掃除しなければならなくなるのは汚れが溜まるからです。つまり汚れが溜まらなければ排水溝を掃除する必要がなくなるわけですが、さすがに完全に予防することはできません。しかし効果的な予防方法はあって、それらを駆使することで掃除頻度を少なくすることができます。

排水溝の汚れ予防にまずおすすめしたいのがアルミホイルです。アルミホイルをクシャクシャに丸めたものを4つほど作って、それを排水溝に置いておくだけで汚れ予防になります。排水溝の汚れがアルミホイルにつくので排水溝が汚れないというわけです。そのため定期的にアルミホイルを交換してください。

そして10円玉を入れることもおすすめです。そのままではなくネットに5枚から10枚入れてぶら下げておきましょう。それだけで排水溝がヌメり難くなります。10円玉が黒く変色してきたら交換しましょう。

アルミホイルや10円玉では交換する手間があって嫌だという場合は、使用後にコップ1杯の水を流すようにしましょう。それだけで汚れが溜まることなく流すことができるので排水溝を綺麗に使うことができます。

頻度を上げる!毎日でも排水溝掃除できる方法

排水溝掃除には歯ブラシで磨くという方法がありますが、それだとヌメヌメに触らないといけませんし、ゴシゴシする手間があると思います。そのようなことにならないために排水溝の掃除頻度を減らす工夫があるわけですが、簡単に掃除できれば毎日でも掃除できると思います。

つまり手間がないような簡単な掃除方法さえ分かっていれば掃除頻度に悩まされることがなくなるというわけです。

簡単な方法で排水溝を掃除するなら重曹とお酢がおすすめです。重曹もお酢も100円均一で購入することができるので調達は簡単だと思います。

排水溝に、重曹を1カップ振りかけて30分放置してください。それからお酢を1カップ注いで最後に熱湯で洗い流します。

つまり重曹とお酢なら触らないで掃除できるわけです。それは大きなメリットだと思います。排水溝の掃除ではヌメヌメに触ることが嫌だという人も多いでしょうが、それを克服した重曹とお酢を使った掃除なら毎日でもできるのではないでしょうか。

排水溝の掃除は好循環を作るのがベスト!

排水溝の掃除の最大の敵はヌメヌメでしょう。掃除をサボることでヌメヌメは不快感が増すだけでなく、大量発生するようになり、臭いも発生してくるのでより掃除し難くなってしまいます。それにヌメヌメが大量発生することで落とし難くなり掃除のやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにこまめな掃除を心掛けましょう。排水溝は汚れが溜まりやすいところですが、汚れが溜まる前に掃除することができれば手間を減らすことができます。手間が減れば掃除頻度が多くても苦にならず、掃除を続けられるでしょう。

つまり排水溝の掃除はこまめに行うことで掃除を楽にすることが大切なのです。こまめな掃除をすれば手間が減って楽になり、手間が減って楽になれば、こまめな掃除をしやすくなる。

そのような好循環を作れるには定期的な掃除が大切です。好循環を作ることができれば排水溝の掃除がずっと楽になるでしょう。

 - 排水トラップのお掃除