お掃除まにあ

ハイターで掃除、床に跡が残ったら?正しいハイターの使い方

2017.5.8

ハイターは昔からある洗剤です。馴染みのあるパッケージで信頼性も高いですよね。最近は色々な種類のハイターもあり、掃除の場所ごとに色々使い分けているご家庭もあると思います。

しかしこの便利なハイターも使い方を誤あやまれば、床に跡が残って台無しになってしまう事もあるのです。

正しいハイターの使い方についてご説明いたします。

ハイターは床掃除には向いていません

ハイターは強い殺菌力と漂白力があります。

これを利用して、部屋の殺菌をしようとする方がいます。

確かに使えない事はないのですが、ハイターは基本的に洗い流して使用するものですから、薄めて拭き掃除に利用するのは不適切とも言えます。

確かにノロウィルスが流行る季節は、一人家族がかかると一家全滅の危機にさらされます。小さな子供がリビングで吐いてしまったり、汚物の処理が失敗したりして、リビングなどが汚れてしまう事があります。

しかしその後始末としてハイターを使うのは正しい使い方とは言えません。

ハイターの成分は、次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)とアルカリ剤の水酸化ナトリウムだそうです。これだけ聞いてもよく判りませんよね。簡単に言えば、プールの殺菌や哺乳瓶の殺菌にも使われる成分なので、健康に有害という事はありません。また光が当たれば成分は分解してしまいます。

しかし、「無垢の木部、布、皮」などには使用不可と言われていますので、床に使うのは避けた方がいいでしょう。

床掃除でハイターを使ったら跡になった時の対処方法

床掃除でハイターを使って、フローリングが白っぽくなったという話をよく聞きます。

フローリング材や拭き方によって色々と違いはありますが、可能性として考えられるのが、ハイターの成分にフローリングのワックスが剥げたという事があります。

この場合はワックスをかけなおせばもある程度もとに戻ります。ただし注意が必要なのは、ワックスは重ね掛け厳禁なのです。別にワックスを重ね掛けしてもすぐにフローリングが劣化するわけではないのですが、月日がたつと、層の厚い所と薄い所がでてまだらっぽく見えてしまうのです。剥げてしまったワックスをかける時は、まずはワックス剥がし剤をつかって、ワックスをかけなおす部分をすべてワックスを剥がしたうえで、ワックスを掛けなおしましょう。

もしこれで床が戻らなければ、フローリングの表面の加工剤がはがれたりすると中々素人では元に戻すのは難しいかもしれません。場合によっては部分だけ張り替えが必要なケースがあります。

床以外でハイターを使った掃除方法

ハイターはやはり水回りにこそその威力を発揮します。

例えばキッチンハイター。

これは食器の漂白や除菌にも使えます。どうしても水が多く、いろんな雑菌が繁殖しやすいキッチンだからこそ、除菌に気を使いたいものです。

ちなみによく凍ったお肉などを常温解凍する方がいらっしゃいますが、これは衛生的にアウトです。やはり雑菌や食中毒の原因になる菌は一定温度で繁殖します。常温というのは特に繁殖しやすい温度なので、冷蔵庫で解凍するか、レンジで解凍がオススメです。

キッチンハイターは、泡ハイターというのもあり、これがまな板や排水口の殺菌にも効果があり、希釈する必要がなくてとても便利です。

お風呂場には「強力カビハイター」という商品がオススメです。これは特にカビの除去に強い成分が含まれていますので、便利なハイターも使用場所によってそこにあったハイターを使うようにしましょう。

カビや食中毒を予防するための「予防掃除」

カビもそうですし、食中毒もそうなのですが、家に侵入されてからそれに対処するのは大変です。しかし予防をするのであれば、日々の積み重ねでも出来る事なので、是非予防のために掃除をしていきましょう。

ではすべてを殺菌すればいいのかというとそういう訳にもいきません。人間は無菌状態では逆に不健康になると言われています。ある程度の菌は生きていく上で必要です。

食中毒の菌もすべてをシャットアウトするのは不可能です。しかし要は人間の体に悪影響を及ぼさない程度の量であれば全く問題がないのです。

それを念頭に食中毒予防をしていきましょう。

食物を消毒する必要はありませんが、食器やフキンなどは定期的に除菌が必要です。

そしてまな板です。滑っていたり、黒い線がついていませんか?これは雑菌やカビが付いてしまった証拠です。これはキッチンハイターで除菌してよく乾かしてください。

まな板も出来るだけ菌をつけないためには、使う前にキレイな水でよくすすいだ上にその水分をふき取ると雑菌がつきにくくなるといいます。

洗剤は正しい使い方でその効果を十分に使う事ができるようになる!

洗剤の注意書きを読んだことありますか?

細かく色々と書いてありますから、面倒で呼んでいない人いませんか?

洗剤はたくさんありますが、やはりそれぞれ成分や効能が違うのです。そのため使い方に関しても、洗剤によって使えるモノと使えないモノがあります。

例えばハイターには殺菌力はありますが、消毒剤替わりにリビングで使用するものではないのです。またそれで床が白くなってしまっても、それは間違った使い方をしたのが問題ですから、精々祈ってワックスをかけなおすしかありません。

そういった使用方法もきちんと注意書きには書いてあるのです。

もし判断に迷ったときは、ネットを検索せずにメーカーに直接「こういう使い方は大丈夫か」と確認しましょう。そのためのお客様窓口です。

正しい使い方や量が、その洗剤の効能を十分に引き出すのです。せっかく使うのであれば効果的に使いたいですね。

 - 床のお掃除