お掃除まにあ

洗濯機に洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るのは何故か

2017.5.8

毎日着る衣類には、様々な汚れがついてしまうもの。

その汚れを綺麗にしてくれる洗濯機ですが、その構造上、洗濯槽を掃除しなければ、カビが大発生!!――ということについて、もはや知らない人はいないでしょう。

ただ、洗濯槽クリーナーを一定の間隔で使わないと、洗濯槽にカビが残るため、決して一度の掃除で綺麗になったと思ってはいけません。

清潔な衣類を常に身につけられるよう、正しい使い方とその頻度を知っておきましょう!

洗濯槽クリーナーを洗濯機に使ったのにカビが残るのは何故?

洗濯槽とは、現在主流の全自動洗濯機の内部、水を溜める外槽と、その内部の衣類が触れる内槽、この2つで成り立っています。

分かりやすく例えれば、調理用のボールとザル、このそれぞれが外槽と内槽です。(ドラム式洗濯機も、基本的にこの構造です)

元々、この2つは汚れが残りにくいよう作られている素材ではありますが、衣類に付いている汚れを落とすうち、衣類から溶け出した皮脂汚れ、そして洗剤の残り滓、いわゆる石鹸カスなどがこびりつき、それが元となってカビが発生してしまうものです。

加えて言うならば、常に水に濡れていること、そして外槽と内槽は本来取り外しが出来ないようになっているため、内部の状態が見えないことが原因となり、掃除をしようという発想が産まれにくいのも、カビが発生する原因です。

こうしたカビを始めとした汚れを取るには、皆さんご存知の洗濯槽クリーナーが有効です!

しかし、洗濯槽クリーナーの使い方や頻度を間違えると、カビが残るばかりか、綺麗になったばかりの洗濯物から嫌な臭いがする、という結果になりかねません。

洗濯機に合った洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残る?

何故、洗濯槽クリーナーを使っているのに、洗濯機にカビが残るのか。その理由は、洗濯槽クリーナーに出来ることが限られているからと言っても過言ではありません。

洗濯槽クリーナーを購入しようと思った時、メーカーは様々ありますが、「塩素系」と「酸素系」の2種類あることに気付いたことはあるでしょうか?

これは、洗濯槽の素材によって、適しているクリーナーが異なるためです。

酸素系

過炭酸ナトリウムが主成分(弱アルカリ性)であり、水と化学反応して発生する酸素ガスで洗濯槽の汚れやカビを剥がす
ステンレス製の洗濯槽・プラスチック製の洗濯槽のいずれにも使用可能

塩素系

次亜塩素酸ナトリウムが主成分(アルカリ性)であり、洗濯槽の汚れやカビを溶かす
ステンレス製の洗濯槽をサビさせる可能性があるため、プラスチック製の洗濯槽にのみ使用可能

大まかに言うと、カビなどの汚れを、剥がして落とすか、溶かして落とすかという違いがあるこの2つですが、どちらの洗剤も、洗濯槽内の汚れがあまりに頑固な場合には、その効力が十分に発揮されないのです。

洗濯機にカビが残るなら、洗濯槽クリーナーを使う意味はない?

先に触れた通り、洗濯槽の汚れとして挙げられるのが、皮脂汚れ、石鹸カス、そしてカビですが、この他に、髪の毛や衣類から出る細かな糸くず、それにご家庭によっては泥汚れなども加わります。

こうした汚れが複合的に組み合わさってしまうため、洗濯槽の中の汚れというものは、非常に頑固になってしまっているのです。

泡の力で汚れを洗濯槽から剥がす酸素系のクリーナーも、汚れを溶かすクリーナーも、こうした頑固な汚れを一度で取りきることは不可能です。

むしろ、そんな頑固な汚れを一度で取り切れるような強力な洗剤を、一般の人が気軽に購入できる状態では販売できませんし、何より洗濯機内に洗剤が残り、それが衣類に付いてしまったら大変ですよね?

ですから、長年掃除をしていなかった洗濯機に対し、1回洗濯槽クリーナーを使っただけでは、汚れが取り切れないばかりか、結合が弱くなった汚れが剥がれだし、逆に衣類を汚してしまうんです。

「じゃあ、洗濯槽クリーナーを使う意味なんてないじゃないか!」とは、勿論言えません。

洗濯槽の内部に汚れが存在する以上、目に見えない汚れが常に洗った衣類に染み込んでいることと同じだからです。

洗濯槽クリーナーの威力を十分引き出すための使い方とは

酸素系か塩素系か、洗濯槽クリーナーを使う場合にも、大抵の手順は同じです。

ですが、汎用性が高い酸素系漂白剤を代用する場合もあることを含め、酸素系の洗濯槽クリーナーの使い方を代表して見ていきましょう。

まず、お風呂の残り湯や熱めのお湯を、洗濯機の最高水位にまで貯めます。(熱湯はNGです)

その後、市販の洗濯槽クリーナーを使う場合にはその表示通りに、酸素系漂白剤を使う時は、「お湯1Lに対して漂白剤10g」、洗濯槽に直接投入します。

その後、10分程度「洗い」を行い、すすぎに進む前(排水前)に停止させ、半日程度は放置します。

もし、この洗いの時点で、泡が多く出過ぎている時は、ネットなどですくって捨てましょう。

放置後、洗濯機内を見ると、茶色く濁った水と、そこに浮かぶゴミがありますから、これをお風呂の湯垢取りようのネットなどを使い、すくって捨て、再度「洗い」を行っては、浮いたゴミをすくって捨て…を繰り返します。

長時間放置するのは、クリーナーを投入した最初の時のみです。

ゴミが浮かなくなったら、「すすぎ」と「脱水」を行い、再度最高水位まで水を溜め、「洗い」から「脱水」までを衣類を入れずにゴミが浮かなくなるまで繰り返します。

最後に、捨ててもいいタオル等を投入して洗濯機を回し、ゴミが付着していなければ掃除は終了です。

洗濯槽クリーナーは、どれくらいの頻度で使うべきものか

本来であれば、洗濯槽クリーナーは、洗濯機を購入・設置直後から、定期的に使用して掃除しなければなりません。

が、見えない場所だけに「まだ大丈夫だろう」という気持ちになりやすく、購入から数年後、実害が出てきて初めて洗濯槽クリーナーを使うことに目を向けるのも、ある意味しょうがないことなのかもしれません。

そんな数年越しでの掃除をする場合には、汚れが出なくなるまで徹底的に一度掃除をした上で、その後は毎日洗濯機を使う家庭なら1〜2ヶ月、それより頻度が低い場合には、2〜3ヶ月に1度は洗濯槽を掃除しましょう。

掃除の頻度が高くなれば、それだけ汚れが付着せず、クリーナーを使った後のすすぎの回数も減らすことが出来ますし、何より、衣類に残る汚れが少なくなります!

また、カビの繁殖を押さえるために、洗濯機内に衣類を溜めない、使用後は蓋を開けて水分を蒸発させる、洗濯槽のごみ取りネットは小まめにゴミを取る、といったことも習慣づけると更に効果的です。

気持ちよく衣類を着るために、洗濯槽の掃除を一度見直してみましょう!

 - 家電・電化製品のお掃除