お掃除まにあ

台所の汚れに困っている人必見!台所のタイルを綺麗に掃除する方法とは?

2017.4.27

台所の汚れと言うと何を思い浮かべますか?

油汚れ、水垢、ヌメリ、カビなど、様々な汚れがありますね。

コンロやシンクは片付けのついでに拭くことが多いと思いますが、壁のタイルはどうでしょうか?

ツルツルしているために簡単に掃除ができるように見えますが、実はタイルの掃除を適当にしていると目地に油が染み込んで白かった目地が黄ばんでしまいます。

今回は「台所のタイルを綺麗に掃除するご方法」について紹介しますので、目地まで綺麗な台所にしてみませんか?

台所のタイルは油だらけ!掃除をしないと後々大変なことに…?

台所のタイルは表面がツルツルしているので、すぐに拭き取れば綺麗になります。
しかし、それは表面だけが綺麗になっただけ目地に油汚れや飛び散ったものが入り込んでいることもあります。

目地と言うのはタイルとタイルの間はへこんでいる白いところですが、この白いところに油汚れが入ったまま放置していると油が染み込んで黄ばんでしまいます。

注目してほしいのは「染み込んで」というところです。

油が目地に「入った」だけなら拭き取れば綺麗になりますが、染み込んでしまうと拭き取ってもすぐに白くはなりません。

黄ばむだけなら下記で紹介するコーティング剤で対処できますが、油汚れをそのままにしているとどんどんべたつきます。

べたついた部分には埃などが引っ付き、見た目がもっと悪化してしまいます。
埃と油汚れが一緒になってしまうと、見た目の汚れ具合が酷くなるだけではなく汚れが固まってしまい取れにくくなってしまいます。

美味しいご飯を作る台所に、黄ばみや油汚れがあるのはあまり良い気持ちで料理をしにくくなりそうですね。

台所のタイル掃除をする前に、まずはカビチェックをしましょう。

上記で書いた通り、タイルの表面を綺麗にしても目地が汚れているとベタベタします。
最悪な場合、埃と合体して強力な汚れになったり、白かった目地が黄ばんでしまいます。
早く対処したいところですが、まずが台所のタイルにカビが発生していないかチェックしましょう。

台所のタイルには油汚れだけではなく、食器洗い等で飛び散った水がタイルに掛かりカビが発生している可能性があります。
タイルの表面はすぐに拭きとれますしカビも発生しませんが、目地はカビが住みやすい環境なので注意が必要です。

カビの状況がひどくない場合は、キッチンハイターを塗り付けてキッチンペーパーでパックをすることで除去できます。
カビの状況がひどい場合は、スプレータイプのカビキラーなどで除去しましょう。

カビ取りをする際は、換気をして、出来ればマスク等で「もしもの時」にならないように注意をしましょう。
また、近くにステンレス製の物やアルミ、金属を置いていると、洗剤が飛び散り変色やさびてしまう場合はあるので注意して作業してくださいね。

台所のタイル掃除はこれで決まり!目地を白くする掃除方法

カビ取りが終わったら、しっかり水拭きや洗い流しましょう。
目地を掃除する際に、カビ取り剤が残っていると洗剤同士の相性で有毒物質になる可能性もあるので必ず水拭きはしてくださいね。

水拭きが終わったら次は目地の掃除です。
目地をきれいにする方法は複数あるので簡単に紹介しますね。

1.汚れがひどくない場合はキッチンペーパー+中性洗剤

食器用洗剤には油汚れを分解して綺麗に落としてくれる効果があります。
よくフライパンの油汚れが簡単に落ちるとCMをしていますが、フライパンや食器だけではなく、タイルにも有効です。
水拭きする際に泡立って手間が掛かってしまいますが汚れがひどくない場合は有効な方法です。

2.歯磨き粉+歯ブラシ

歯磨き粉には研磨剤が入っているので頑固な汚れも取れやすいです。
また、歯ブラシを使うことで摩擦の強度が増し、細かな部分も掃除しやすいのでお勧めです。
歯磨き粉以外にも、クレンジング剤などを使うのも良いですね。

3.過炭酸ナトリウム+歯ブラシ

過炭酸ナトリウムを40度ぐらいのお湯に溶き、歯ブラシで木目を磨いてみましょう。
過炭酸ナトリウムは除菌、殺菌、漂白を得意とします。
また、カビ取りとしても一時期有名だったので、最初のカビ取りを省いて作業をすることが出来ます。

もし、カビ取りをしてしまった後に過炭酸ナトリウムを使った掃除をする場合は、水拭きを徹底的に行ってからにするか、暫く期間を開けましょう。
カビキラーなど漂白をする洗剤のほとんどには「混ぜるな危険」と書かれていますよね。
「混ぜるな危険」と書かれている洗剤は、他の洗剤との相性を確認してから使わないと本当に危険です。

特に過炭酸ナトリウムはアルカリ性なのでカビキラーなどの塩素系洗剤を綺麗に拭きとっていないと咳が出たり目が沁みたりと、有毒ガスを吸い込んだ時と同じ状況になる可能性があります。
なので、過炭酸ナトリウムを使ったタイル掃除をする場合はカビ取りをせずにするか、水拭きを徹底的にするか、期間を開けてからにしてくださいね。

コーティング剤で次回の掃除を楽にしよう!

台所のタイル掃除掃除をすると意外と黄ばんでいたことに驚く方もいるかもしれません。
黄ばまないように小まめに掃除をしようとしても、タイルの面積が大きい場合は一苦労ですよね。
また、カビ取りや磨き掃除などを小まめにしようとするとそれも負担ですし、時間もかかるので面倒になりやすいですよね。

一度綺麗にしたなら、次の掃除が楽になるようにコーティング剤でカバーしてしまいましょう。
ホームセンターなどで「タイルの目地専用コーティング剤」というのが売られています。
ペン状になっているものやコーティング剤の色が白いものもあるので、自分の家のタイルと合うものを選びましょう。

コーティング剤で目地をコーティングすることで、カビ予防も出来ますし油が目地に染み込むことはありません。
黄ばんできたら剥がして塗りなおせば白いままで保てるのでお勧めですよ。

綺麗に掃除してコーティング剤で白い状態を保ちましょう!

カビ取りをする場合は、「混ぜるな危険」と書かれたもの同士を使わないように、過炭酸ナトリウムを使うのか歯磨き粉などを使うのかを先に決めてから行いましょう。
過炭酸ナトリウムを使う場合は、カビ取り作業はいりません。

最初の目地掃除は面積等で時間が掛かったり面倒かも知れませんが黄ばんでいた目地が白くなるのはとても嬉しいものなのでぜひ試してみてくださいね。

試してみて「白くて綺麗!」と思ったら、次はホームセンターなどでコーティング剤を購入して目地をコーティングしましょう。
コーティングすることでカビ防止や油汚れを防止できます。

コーティング剤が黄ばんでも目地が黄ばんでいるわけではないので、黄ばみが気になったらコーティング剤を剥がして塗りなおしましょう。

コーティングすることでタイル掃除の手間が省けるのでお勧めですよ。
綺麗な台所の近道は、タイルの目地の黄ばみからなので、是非試してみてくださいね。

 - キッチン・台所の掃除