お掃除まにあ

掃き掃除や拭き掃除だけが掃除ではありません!捨てる掃除をはじめましょう!

2017.3.28

気が付けば、家中ものだらけなんてことありませんか?

捨てるのが苦手という人おられますよね。物を大切にするのはとても良いことですが、「いつか何かに使えるのでは?」とついつい取っておいている間に、置く場所に困り収納をどんどん増やして、、、部屋が狭くなり、掃除がしにくいと悪循環に陥ってしまいます。

そこで今回は「捨てる掃除」を実践してみましょう!

捨てる掃除その① ストックあれこれ!

いつか使ええるととっておくことが最も多いのは、スーパーやコンビニでもらうレジ袋ではないでしょうか?コンパクトにたたんだりしていても、エコバックを使わない限り毎日必ずといっていいほど増え続けます。

毎日毎日補充している状態なので、たまに何かに使うことがあってもいっこうに減っていきません。大きさの違うものを5枚ずつ残した

ら思い切って捨ててしまいましょう!紙袋なども同様に気に入ったものを5枚も残したらあとは捨ててしまいます。また、コンビニやスーパーでお弁当を買った際についてくる割りばしやストロー・プラスティックスプーンやフォークもどんどんたまっていきますよね。

すぐに使わないのであればもらわないように工夫していきましょう。スプーンなどは「洗えば使える」ととっておかないようにすることがコツです。これだけでもキッチンがずいぶんスッキリします。

捨てる掃除その② 着なくなった服や靴!

洋服や靴なども買い足していくうちにどんどん増えてしまい置き場所がないとなってしまうことがありますよね。

圧縮して収納ケースを買ってどんどん詰め込んでいくうちに、どこにあるのかわからなくなったりしてしまいます。たくさんあっても実際に着たり履いたりしているものはごくわずかです。思い切って捨ててしまいましょう!収納などは、

1/3から半分捨てることを目標に捨てる服や靴を選んでいきましょう!選ぶさいに、同じ色や同じような形のものを1つ2つ残して捨ててみたりすると案外簡単に減らしていけます。どうしても捨てれないという人は、一年以上袖を通していないものを選んでいくと選びやすいです。

それでも捨てたくないという人は一年以上袖を通していない服を箱にまとめておき、さらに半年たってやっぱり来ていないようなら思い切って捨ててみましょう!

捨てる掃除その③ 手紙や写真、子供の絵などの思い出の品

手紙や写真、子どもの絵など思い出のつまったものは捨てにくいですよね。でも、実際はなかなか読み返したりすることは少ないのではないでしょうか?

最近は年賀状を書く人も少なくなってきていますが、古いものからずっととってあるという人も多いのではないでしょうか?住所を控えたら、3年分ぐらいを残して捨ててしまいましょう。同様に大

切な人からもらった手紙なども捨てにくいものですが、もし自分に不慮の事故や何かあった時に、人にみられたら恥ずかしいと思うものもあるのではないでしょうか?

見られても大丈夫というものを残して処分してしまいましょう!

子どもの写真なども特に最初の子どもは同じアングルの写真をたくさんとっていたりします。一番かわいく撮れている写真を残して整理していきましょう。子どもの絵なども写真に残してデーター保存することで、かさばることが少なくなります。

捨てる掃除その④ 収納グッズを捨てる

捨てる掃除をどんどんしていくと、今まで使っていた収納グッズががらんとしてきます。衣装ケースや便利な3段ボックスなど物を捨てるのが苦手な人は収納グッズもたくさん持っています。

部屋をスッキリさせるには、「物をなるべく減らし床面積を広くする」にかぎります。いろいろな物を捨てて収納グッズも必要なくなれば捨ててしまいましょ

う!「まだ使えるのにもったいない」と感じる人は友人や知人にあげるかリサイクルショップで売るのもおススメです。そのお金で、頑張って捨てた自分のご褒美のスイーツを買うのもいいですね。

雑然とした部屋で過ごしているといろいろな物が目に入り集中力も分散しますが、捨てる掃除をしていくと今までいかにたくさんの不必要なものに囲まれて生活していたのかおわかりいただけたのではないでしょうか?不必要なものを捨てると気持ちもすっきり、判断力も鍛えられ心にもゆとりが生まれます。

捨てる掃除が終わったら現状をキープし続けよう!

どんどん物を捨てて、収納スペースの中もすっきり!部屋も広くなったのではないでしょうか?「この部屋こんなに広かったの?」と驚くかもしれません。広くなって落ち着かないという人も1週間もすればなれてきます。さて、収納スペースに余分ができるとつい今までの癖でまた物をどんどん増やしていっては大変です。せっかく雑然とした部屋と

さよならをしたのですから、現状をキープしていきましょう!新しいものが一つ増えたら、古いものを一つ捨てるというように今の持ち物が増えていかないように注意していきましょう。

衣類なども見やすくなっているので、買いたくなった時も同じようなものを買うことも少なくなっていきます。捨てる掃除が終わり、部屋が広々したら毎日の掃除もとっても楽になります。適度なものに囲まれながら部屋も心もスッキリ爽快!快適に暮らしていけること間違いなしです!

 - お掃除のテクニック