お掃除まにあ

クッションフロアの掃除、賃貸物件の時は特に小まめに行おう!

2017.4.27

クッションフロアというと、賃貸物件でもよく使用されている床材だと言えます。

これは、単にコストが安いだけでなく、水に強く、掃除が簡単であるという利点があるためであり、最近は安っぽく見えない高質なものも増えたためです。

ただ、このクッションフロア、その特性を知らずにいては、掃除をするつもりが痛めてしまって、原状回復費用を請求されてしまうことだってあります。

掃除をする時、また普段生活する際、どんな点に注意すべきなのでしょうか?

忙しい一人暮らしに最適!賃貸のクッションフロアは掃除が楽!

クッションフロアが多用されている賃貸物件というと、やはり、一人暮らし用のアパートやマンションが多いでしょう。

これは、天然素材であるフローリングの床材よりも、ずっと安価であるというポイントもありますが、クッションフロアが持つ長所がちょうど一人暮らしの人の家にはピッタリだ、という点があるからです。

まず一つに、汚れが落ちやすいという点。

クッションフロアの主な素材は、塩化ビニール(塩ビ)ですから、ちょっとした汚れならばさっとひと拭きですぐに落ちます。

続いて、防水。

ビニール製ですから、(掃除に頓着しない傾向が女性より強い男性でも)、ちょっと濡れたぐらいではびくともしません。

そして、防音。

内部に空気の層がありますから足音などが響きにくく、生活音の出る時間がまちまちな集合住宅でも、フローリングよりも音が階下等に響きにくい点もいいですね。

更に、傷が付きにくく、衝撃を吸収する効果もありますから、一人暮らし用以外の住居にも、キッチンやトイレなどの水回りにもよく用いられています。

賃貸に多いクッションフロア 掃除を怠ると退去時に…!!

勿論、クッションフロアにも、短所は存在します。

見た目や感触が、本物の木材や石材とはやはり違うという点は勿論あります。

ただそれ以上に、「汚れは落ちやすいが、汚れが付きやすい」素材でもある、という点です。

特に油汚れとの癒着性が強く、キッチン周りのクッションフロアの汚れを放置してしまうと、油の成分がフロアの表面と結合してしまい、中にまで汚れが浸透・変色などが起きてしまうことすらあります。

これは塩ビの特徴とも言えるため、それを防ぐための表面加工=クッションフロア用ワックスが塗られているのですが、様々な摩擦などによってこれが剥がれてしまったり、お手入れを怠るとこのようなことが起きてしまいます。

更に、他の水回り――例えばトイレの床に使われている時は、知らずに跳ねたり垂れてしまった尿の汚れが、マットの隙間から入り込んで変色、匂いの原因になったり、洗面所では、カビが生えてしまって変色――といったことも起き得るのです。

これが持ち家のことならば、最終的にマットを取り替えれば済むのですが、賃貸物件の場合、明らかに通常使用では付かない酷い汚れになってしまっていると、退去時に原状回復費用として、張替えの費用を請求される可能性もあります。

賃貸物件なら、クッションフロアの掃除は小まめに行おう!

ですから、自分の借りている物件にクッションフロアが使われているのであれば、汚れがつかないよう、小まめに掃除をすることがとても重要だと言えるでしょう。
(勿論、クッションフロアでなくても、部屋は清潔に保ちたいものではありますが…)

では、どのように掃除をすべきなのか――それは、非常に簡単です。

必要なのは、中性洗剤と雑巾2枚、これだけです!

中性洗剤といっても、住宅用総合洗剤や、これもないならば、食器洗い洗剤でも構いません。

この洗剤を溶かしたぬるま湯で雑巾を絞り、汚れの部分を拭き取りましょう。

その後、今度はただのぬるま湯で絞った雑巾で、洗剤と水分が残らないよう拭き取るだけで、軽い汚れならば取れるでしょう。

もし、この方法でも汚れが取れない、模様の溝の中に汚れが詰まってしまっているといった場合には、歯ブラシを用意して下さい。

この歯ブラシに中性洗剤をつけ、軽く毛先を使って擦りましょう。

そして、やはり硬く絞った雑巾で拭き上げ、洗剤成分を拭き取ると、大抵の汚れは落ちきります。

クッションフロア用のワックスを使えば汚れが更に付きにくい床に

もし、掃除をしても、クッションフロアが全体的に元の光沢を失ってしまった時には、こうした掃除の後に、ワックスを塗ることで光沢を与え、かつ、再び汚れに強い状態に戻ります。

こうしたクッションフロア用のワックスは、ホームセンターや各種洗剤を扱っているドラッグストア、ネットショッピングでも簡単に手に入れることが出来ます。

使い方も、前項の掃除方法で掃除後、乾いた布で塗り広げ、その後しっかり乾かすだけで済むものなどがほとんどです。

是非、こうしたもので汚れから床を守りましょう。

注意したいのは、放置しすぎて染み込んでしまった汚れに対しては、素人では太刀打ちすることが出来ない、という点。

ワックスによる皮膜のバリアを侵食してしまった汚れは、ワックスをかけても勿論、元には戻りません。

ですから、こまめな掃除に加え、汚れたら、その汚れが侵食する前にしっかり拭き上げる。そんな習慣を心がけましょう。

ただ、もし使用されているクッションフロアが特殊なものだった場合のため、市販されているものを使っても問題ないか、予め管理会社に問い合わせておけば重ねて安心ですね。

借りた家のクッションフロア、どんな点を注意すべき?

賃貸物件がクッションフロアだった場合、以下のことに注意しましょう。

アルカリ性の洗剤を使うとベタベタになる

これは、マットの表面のワックスが溶けてしまうため。

同じく、マットなどの下に引く滑り止め用のゴムなども、同じく結合し、ベタベタの汚れを残すことがあります。

こうなると、溶けてしまったワックスを一度しっかり中性洗剤で拭き取り掃除をし、更にワックスを新たに塗り直す必要があります。

中性洗剤を使うようにしましょう。

洗剤やインク、薬品などをこぼしたらすぐに拭く

やはり、表面のワックスやフロア自体が溶けたり、色が染み込んで取れなくなる可能性があります。

すぐに拭き取りましょう。

重たい家具を置く時は、跡が残らないよう、出来る限り分散させる

クッションマットは傷には強いですが、長時間同じ場所に強い力を加え続けると、そこが凹んでしまい、元に戻りにくくなります。

重い家具は置かないようにするか、重さが分散されるよう、板を置くなどして対処しましょう。

クッションマットは他の素材に比べ、ずっと掃除がしやすい床材です。

汚れを溜めない・付いてもすぐに落とせるよう、こまめな掃除を身に付けて、退去時に費用がかからないようにしたいですね。

 - 床のお掃除