お掃除まにあ

便器の掃除で気になる奥のヌルヌル汚れを取る方法

2017.4.27

トイレの便器で目立つ汚れは、黄ばみや水垢、ヌメリ、黒ずみなどですね。

便器の水のたまっている奥の方や、便器のふちの内側も汚れが付きやすいところです。

黄ばみや水垢も、そのままにしておくとスポンジやブラシでこすっても落ちなくなりますし、便座や便器まわりも尿汚れが付いたままだとアンモニアの臭いが発生します。

このようなトイレの汚れは、早いうちに掃除をして落とすことが大切です。

便器の奥のヌルヌル汚れは手で掃除

トイレの便器の水のたまっている中やその奥に、ヌルヌルするヌメリや黒ずみが付いていて気になることがあります。

そのような場合は、ゴム手袋を使用して水の中に手を入れて、トイレ洗剤とスポンジで洗いましょう。

トイレの水の中に手を入れて、洗いたくないという方も多いと思いますが、ゴム手袋をしてスポンジで洗うと簡単に落ちますし、柄の長いトイレブラシなどで上から洗うよりも、汚れを直接洗うことができるので汚れの落ち方も違います。

この洗い方が一番簡単で早く汚れが落とせますので、いつも気になっていた水の中の奥の汚れも落ちて、スッキリときれいになり気持ちよくトイレを使うことができます。

汚れがひどい場合は、たまっている水の中に少し熱めのお湯とトイレ洗剤を入れてしばらく浸けてふやかしてから汚れを落とすとよいですね。

この時に、熱すぎるお湯は便器の素材を傷めたり割れたりする恐れがあるのでやめましょう。

ゴム手袋をしてスポンジで奥の汚れを落とす時に、スポンジを奥に入れ過ぎて取れなくなる恐れがありますので、十分に注意して下さい。

しばらくするとまた、水の中のヌメリ汚れが付きだしますので、定期的に掃除をするとよいですね。

便器の奥の方の尿石や水垢もクエン酸水で掃除

便器の汚れで気になるのは、頑固な黄ばみと水垢です。

黄ばみは尿石の蓄積が原因で、水垢は水道の中に含まれているミネラルなどが原因です。

これらの汚れは、そのままにしておくと硬い石のようになり、スポンジやブラシでこすっても落とせなくなりますし、尿石がたまるとアンモニアの臭いもしてきます。

落ちなくなった尿石や水垢などを落とすために、研磨材入りの洗剤や研磨スポンジを使うと、トイレの材質にキズが付きやすく、キズが付くことでよけいに汚れが付きやすくなります。

このようなことからも、尿石や水垢は早いうちに落とすことが大切です。

この便器の中の黄ばみや水垢を落とすには、クエン酸が効果を発揮します。

そして、クエン酸には消臭効果や抗菌効果もあります。

クエン酸水の基本的な作り方は、スプレーボトルに水200ml、クエン酸粉末小さじ1杯を入れて混ぜます。

ひどい汚れの場合は、クエン酸粉末を増やして調整して下さい。

注意することは、有毒ガスが発生するので、クエン酸は塩素系洗剤と一緒に絶対に使わないで下さい。

また、鉄やアルミ製品にも使えませんし、他にも使えないものや場所がありますので、クエン酸のパッケージの注意事項をご確認の上ご使用ください。

肌の弱い方は手袋の着用をおすすめします。

便器の中の黄ばみや水垢にクエン酸水をスプレーしてスポンジやブラシでこすり落としましょう。

軽い汚れでしたら、これできれいに落とすことができます。

しかし、頑固な黄ばみや水垢には、トイレットペーパーとクエン酸水で湿布をしてしばらく時間をおいてから、スポンジやブラシなどで落としましょう。

便器のふちの奥まできれいに掃除してヌメリや黒カビを取る

便器のふちの内側もとても汚れるところで、尿汚れやヌメリ、黒いカビが付きやすいためこまめに掃除をしましょう。

特に湿気の多い梅雨や夏場には、掃除をしてもすぐにヌルヌルのヌメリがでたり、黒いカビが繁殖してしまい、水を流した時に黒いカビが剥がれて流れていくこともあります。

便器のふちの内側や奥の方に汚れがたまっているので、クエン酸水をスプレーして、スポンジかブラシでこすって汚れをしっかりと落としてから、水を流すときれいにヌメリや黒カビが落ちます。

落としきれない場合は、トイレットペーパーとクエン酸水で湿布をしてしばらくしてからスポンジやブラシで落としましょう。

また、便器のふちの内側はすぐに汚れが付きだすので、トイレに入ったついでにトイレットペーパーにクエン酸水をスプレーしてサッと拭いておくと、汚れも付きにくくなります。

トイレの尿汚れは臭いの原因クエン酸でスッキリ

トイレのドアを開けた時に、アンモニアの臭いがすることがあります。

その原因は、便器まわりや、壁や床に飛び散っている尿の汚れが原因のことが多く、消臭・抗菌効果のあるクエン酸水できれいに落としましょう。

クエン酸水は、便座やフタ、便器の外側を拭いたり、壁や床に飛び散った尿汚れにも効果的です。

便器の外側は、尿がふちにあたり外側に流れてしまうこともあり、その尿汚れが時間がたつにつれて、臭いだしますのでクエン酸水で拭き取りましょう。

そして、汚れやすい便座やフタもよく拭いておきましょう。

トイレタンクの外側も拭きますが、トイレタンクの中は金属などが傷むのでクエン酸は使えません。

壁や床にも意外と尿が飛び散っていて、その飛び散った尿からもアンモニアの臭いが発生しますので、消臭効果のあるクエン酸水でしっかりと拭くと臭いも取れます。

トイレの様々な汚れに活躍するクエン酸を使って、トイレをいつもさっぱりときれいにしておきたいですね。

便器の汚れはまめな掃除で汚れをためない事

便器の中の汚れは軽い汚れのうちに早めに落とすことが大切です。

尿石や水垢は特に厄介な汚れで、そのままにして蓄積してしまうと石のように硬くなり、落とすのに大変な手間と時間がかかってしまいます。

また、尿汚れはアンモニア臭の原因になり、トイレに行くたびにストレスになってしまいます。

トイレの水がたまるところの奥が汚れている場合、、ついつい掃除を先延ばしにしているうちに、水の中のヌメリやカビが繁殖してしまいますので、そのような時は思い切ってゴム手袋をして洗うことで、汚れもしっかりと落とすことができます。

また、トイレは毎日何回も使用しますし、家族の人数が多いほど汚れも付きますので、まめに掃除をすることで汚れを付きにくくすることが大切です。

トイレに行ったついでに、トイレットペーパーとクエン酸水で、気になるところを拭くだけでも、汚れの付き方もだいぶ減りますし、このひと手間を習慣にしてしまうと、いつもきれいなトイレを維持できて、気持ちよくトイレを使えますね。

 - トイレ掃除