お掃除まにあ

バルサンを行った後の処理とは?掃除機などは翌日では遅い?

2017.4.27

バルサンというのは、対ゴキブリ対策としてとても有効ですが、なにせ前準備や掃除機をかける後始末が結構大変なのです。そういった意味では最終兵器とも言えます

長時間留守にしたり、前準備に時間がかかるため、中々後始末は翌日に持ち越す人もいるかもしれませんが、出来れば当日中に済ませた方がいいでしょう。

バルサンの後始末についてご説明いたします。

バルサンを使った翌日に掃除機をかけるべきでない理由とは?

バルサンは対ゴキブリ対策としての最終兵器です。

非常に強力ではありますが、色々と準備や後始末が面倒なのも事実です。

まずバルサンは基本的に、所定時間部屋に誰もいない状況を作らないといけません。一般的な煙が出るタイプならば、大体2〜3時間は留守にする必要があります。

そして、使用方法にも記載されているのですが、閉め切った時間(2〜3時間)経過したら、速やかに換気が必要とされています。換気時間は種類によりますが30分〜1時間程度です。

というのも、散布された薬剤がどう付着してどう影響するのかは、はっきりわからないからです。そのため速やかな換気をして、薬剤の影響を減らして、それから後処理をする必要があります。

旅行中にバルサンを炊いて、翌日以降帰ってきてから掃除機をかけるとなると、それでは少々遅いと言えます。

バルサン後、掃除機の他になにをすべき?翌日でも出来る事

バルサンの後始末といって最大の難関は「ゴキブリの死体処理」です。

ゴキブリのがたとえ動かなくても、それでも触るのは嫌ですよね。だからといって掃除機で吸って終わりにするのはオススメしません。

何故なら一説によるとゴキブリは死んだとしても掃除機の中で卵を産むかもしれないとも言われているのです。それってものすごい恐怖ですよね。という事で頑張ってゴキブリの死体を処理しましょう。

掃除機をかけるのは必須事項です。これはゴキブリの死体だけでなく、ダニ等の死体もあるからです。折角バルサンで退治したのにそのままにしておけば、ダニの死体がアレルギーの元になってしまう事もあります。

そして拭き掃除です。これは必ずやる必要はないそうです。バルサンは日に当たると薬剤が分解されるそうなので、大丈夫と言えば大丈夫ですが、もし小さなお子様やペットがいるご家庭は拭き掃除をしておきましょう。

そして家具や家電にカバーをかけている人は、それを外します。これは翌日でも大丈夫です。

バルサンの翌日に掃除機以外でやるべき事とは?

バルサンを使用した日にやるべき事は「換気」「ゴキブリの死体の始末」「掃除機をかける」「(ペットや小さな子供がいるご家庭は)床などを水拭き」「火災報知器を戻す」です。

翌日に持ち越していいのは、「家電や家具へカバーをかけていた場合はカバーを外す」でした。

布団にもカバーをかけておいても、何となく気になる人は布団を干しましょう。前述したように日光に当たると薬剤は分解してしまいますので。ただカバーをかけ忘れた人は、シーツなどは念のために洗った穂がいいでしょう。洋服も同様です。基本タンスに入れておきますが、仕舞い忘れたモノは、洗えるものは洗い、洗いにくいものは日に干すのがいいでしょう。

とはいえ、もし当日に可能なようなら、全て当日に行った方がいいのは事実です。そのためにもバルサンは出来るだけ午前中に使用して、午後はその後始末に時間を使った方がいいでしょう。

ゴキブリの後始末をラクラクに出来る方法

一般的には、ゴキブリは直接触るのは嫌ですよね。

という事で直接触らずに出来る後始末にいてご紹介いたします。

まずはティッシュなどを大量に使って掴む方法です。ティッシュと一緒に必ず何か袋を用意しましょう。何故ならゴキブリのおなかに卵がついていた場合、それがまた新しい生命の誕生になってしまうからです。そのために必ずゴキブリの死体は密閉するのが重要です。

ティッシュを何枚掴んでも無理という人は、小さなほうきとチリトリを使うという方法もあります。またトングなどで掴むというのもあります。ただ、それだとほうきやチリトリ、トングなどが他で使うのがちょっと抵抗があると感じる人もいるでしょう。ゴキブリ専用に100円ショップで購入しておくというのもあります。

でもそれがもったいないという人は、新聞紙を棒状にまとめて、先にガムテープをつけます。そしてそれにゴキブリをくっつけて、新聞紙ごと捨ててしまうのです。

バルサンの後始末はやはり当日がオススメ

バルサンは前述したように、利用してから3時間程度家を留守にする必要があり、また、その後始末にも時間がかかります。色々と予定があるかもしれませんが、出来れば当日にすべて後始末を終えてしまえば、安心して家でゆっくりできますよね。

とはいえ、中々まとまって時間が取れない人は後始末を翌日以降に回さないといけない事もあります。

当日内にすべき事は「換気」「ゴキブリの死体の始末」「掃除機をかける」「(ペットや小さな子供がいるご家庭は)床などを水拭き」です。ゴキブリの死体の始末はかなりハードルが高くなりますので、是非記事をご参考にしてください。

火災報知器に関しては、防災上の面もあるので必ず当日内にも戻しましょう。

翌日に持ち越せるのは「家電や家具のカバーを外す」「布団や衣類を干す」などです。そのためにも出来れば天気のいい季節の方がオススメです。

 - 床のお掃除