お掃除まにあ

排水口の髪の毛の取り方を楽にする方法とは?オススメグッズ3選

2017.4.27

お風呂掃除でもうんざりするのは排水口の掃除です。

中でも髪の毛が絡みついた排水口は、ホラーチックで気持ち悪いし、その上ヌメヌメしたしてお風呂掃除をしにくくしています。しかし排水口の髪の毛を楽にしてくれる取り方があったらどうしますか?

そんな排水口の髪の毛を楽に取るオススメグッズを3つご紹介します。是非ご活用ください。

排水口の髪の毛の取り方を変える「排水口ネット」

台所の排水口でも使われているアレです。

それを排水口に被せてしまえばいいのです。排水口ネットはご存知のように使い捨てですから、掃除の際にはそのネットを外して捨てればいいのです。

たったこれだけです。受け止めるのは髪の毛ですから、ネットの目が細かいのがオススメです。

ただあんまり細かいとすぐにつまり始めるのが難点ですが、そうなったら「替え時」と判断しましょう。

これを面倒くさがって目が粗いモノにすると、細い髪の毛が流れてしまい、ネットの意味がなくなります。

ドラッグストアでも100円ショップでも売っていますので、仮に使い捨てでもさほど大きな出費にはならいでしょう。

また似たようなもので、髪の毛シートというものがあります。これは排水口にネットではなくシートを張るものです。機能的にはほとんど似ていますが、使い勝手はネットの方が楽な気がします。

排水口の髪の毛の簡単な取り方はグッズを使って!「くるっとキャッチ」

ダイソーで販売されています。

排水口の掃除の仕方は大きく二つあります。洗うのを簡単にしてくれるグッズと、髪の毛を用意に集めてくれるグッズです。排水口ネットと「くるっとキャッチ」は後者になります。

排水口ネット同様に、排水口に被せるものですが、こちらの商品はもともと設置されている排水口部品と取り替えるため、元々部品を無くさないようにしましょう。特に賃貸の場合、大した値段ではないかもしれませんが、無くすと弁償になります。

さてこのくるっとキャッチですが、通常の排水口の部品と違い、髪の毛を中央に集めてくれるデザインになっています。そのため、労せずして髪の毛を集めてくれるのえ、これをひっくり返せば簡単に捨てれるというのです。

ただし排水口の大きさが合わないと意味がないので、サイズを確認の上購入してください。

排水口の髪の毛の取り方を楽にする「排水口ブラシとピンセット」

こちらは前の二つに比べて、排水口に流れていった髪の毛を取ったり、排水口を掃除するのにオススメのグッズです。

ポイントはその長さです。ブラシは20cm、ピンセットは10cmありますので、手を排水口奥に突っ込まなくても、ブラシやピンセットが届くのです。

手で排水口を触りたくない、髪の毛を手でつかむなんて嫌という人にはいいですよね。

ちなみにこれも100円ショップで売られています。

100円ショップの商品というのは、本当にピンポイントでこれだけしか使えないというモノも多く、発想はいいけど耐久性に問題があったりという難点はあるものの、それでもちょっと試しに使ってみようというのはとてもいい値段です。そして時々大ヒット商品というのもあり、そういった意味ではコストパフォーマンスは高いとも言えます。

次々と便利グッズが出てきますので、たまに行ってみるといいでしょう。

簡単に出来る排水パイプ掃除の仕方

排水口の掃除を簡単にしてくれる掃除グッズはご紹介しました。

でもこれを使えば排水口を掃除をしなくていい訳ではありません。でも出来るだけ時間をかけたくないというのが人情ですよね。ここでは簡単な排水口やパイプの掃除の仕方をご説明いたします。

排水口の手の届く辺りはご紹介した便利グッズのブラシとピンセットで対応可能だと思います。問題は排水パイプですね。

専用の洗剤も売られていますが、ここではエコブームに乗って見直されているクエン酸と重曹を使ったやり方をご説明いたします。

まずはクエン酸水を作ります。目安として100mlの水に対して、小さじ1/2ぐらいのクエン酸を混ぜます。排水口に重曹を100gほどふりかけて、その上から作ったクエン酸水をゆっくりと重曹をかけます。上手く反応すると泡が出てくるので30分ほど放置します。その後水で流せばOKです。

排水口の放置は危険!排水口の掃除の仕方まとめ

2日に最低1回は掃除をする人が大半を占める日本人ですが、掃除の時間はかなり短いのが実情です。

おおよそ平均10分以内ですから、浴槽と床を簡単に掃除したら時間切れになりそうです。特に排水口は目につかないので、「もっと時間がある時に…」と後回しにしがちです。

しかし、排水口が詰まってくると、異臭はするし、水は流れないしでせっかくのお風呂が台無しになる事も。そのためにも毎日とはいいませんが、異臭や詰まる前には定期的に掃除をした方がいいでしょう。

そういった面では前述したように排水口ネットや「くるっとキャッチ」を使って、髪の毛やその他のゴミを簡単に取れるようにすると、毎日の掃除の中でも簡単に実施できます。またその際にご紹介した重曹とクエン酸を排水口にかけると、それだけでも随分排水口のキレイにしておくことができます。

 - お風呂掃除