お掃除まにあ

クロスのヤニ取り方法は工夫が大切!重曹から洗剤まで使い方の解説

2017.4.27

室内でタバコを吸うと煙によって壁のクロスに色がついてしまいます。原因はタバコの煙に含まれているタールであり別名でヤニと呼ばれています。

タバコを吸っている以上はヤニが発生することは避けられないので、煙がクロスに接触することで壁が変色してしまいます。また臭いが着くので部屋が臭くなることがあります。

ヤニ汚れは自分では取り難いものですが、工夫することで改善できないこともありません。そこで自分でもできるヤニ取り方法を実践してみましょう。

クロスのヤニ取り方法、重曹編!

クロスのヤニ取りには重曹が効果的です。重曹は水に溶け難いのでぬるま湯に溶かしていきましょう。

壁に重曹水をつけるにはスプレーがおすすめです。作った重曹水をスプレーボトルに入れて、ヤニ汚れが気になるところに吹きかけていきましょう。そして布で拭き取っていけばそれだけでもマシになるはずです。

ヤニ汚れは油の汚れなので重曹水でよく落としてくれます。

布での拭き掃除で綺麗にならない場合はスポンジやブラシを使いましょう。それらで磨いた後に水拭きして落としたヤニ汚れを拭き取ってください。そして重曹が残っていると粉が吹くので重曹を残さないように全体的に水拭きしましょう。

それからクロスに水分をつけっ放しにすると水アカで汚れてしまうので仕上げは乾いた布で水分を取ることを忘れずに行ってください。

つまり、重曹、水拭き、乾拭きの3段階でクロスのヤニが取れます。

クロスのヤニ取り方法、セスキ炭酸ソーダ編!

クロスのヤニ取りには重曹だけでなくセスキ炭酸ソーダも効果的です。セスキ炭酸ソーダも重曹と同じくアルカリ性なのでヤニ汚れを落としてくれます。

セスキ炭酸ソーダも重曹と同じく粉末なので水に溶かして使います。ここでもぬるま湯がおすすめです。セスキ炭酸ソーダが溶けやすいですし、冷たい水よりも汚れをよく落とせるようになります。

用意するぬるま湯は500mLで、そこに小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かしましょう。またスプレーにしておくと使い勝手が良いです。

ちなみにセスキ炭酸ソーダを濃くすることで洗浄力が高まりますが、あまりおすすめしません。洗浄力が高くなってもクロスの色落ちの心配があるからです。セスキ炭酸ソーダの濃度を高くする場合は様子を見ながら行ってください。

掃除方法は重曹と変わりません。ヤニ汚れが気になるところにスプレーを吹きかけて、布・スポンジ・ブラシで擦って汚れを落としていきましょう。そして水拭きして汚れとセスキ炭酸ソーダを落として、最後に乾拭きして完了です。

洗剤を使ったクロスのヤニ取り方法

重曹やセスキ炭酸ソーダでクロスのヤニ汚れが落ちない場合は、洗剤を使いましょう。それでも使う洗剤に注意です。

中性洗剤では界面活性剤の効果で油汚れを取るだけなので効果は薄いです。そのため手が荒れ難いというメリットはありますが、クロスのヤニ取りには向かないでしょう。

ヤニ汚れに使う洗剤は油汚れをよく落としてくれるアルカリ性のものにしましょう。その場合は手荒れが気になるのでゴム手袋を着用してください。

また使う洗剤に迷ってしまったら、ヤニ取り専用の洗剤が売られているので、それを使うと良いでしょう。

スポンジにアルカリ洗剤を着けてから、ヤニ汚れが気になる箇所を擦っていきましょう。界面活性剤とアルカリ性のダブルパワーで強力にヤニ汚れを落としてくれます。

それから水拭きと乾拭きの仕上げをすることを忘れず行えばヤニ取り完了です。

ヤニ取りの道具におすすめはマイクロファイバー!

クロスがデコボコしていることも多いです。その場合はスポンジやブラシが上手く当たらずヤニ汚れを残してしまうこともあります。そこでおすすめなのがマイクロファイバー製掃除用クロスタオルです。

マイクロファイバー製掃除用クロスタオルの繊維はとても細いのでどのような溝にも上手く入り込んでくれるので、ヤニ汚れを綺麗に取りやすくなります。

それでも強く擦るとマイクロファイバーがダメになってしまうので優しく掃除してください。それから熱にも弱いので熱湯と併用することはやめてください。それらに気をつけても洗剤を併用することで洗浄力は十分だと思います。

そしてメラニンスポンジの使用もおすすめです。メラニンスポンジで頑固な汚れを削り落とすことができます。ただしメラニンスポンジで激しく擦ってしまうとクロスまで削ってしまうので様子を見ながら使ってください。

ひどいヤニ汚れはプロでもお手上げ

クロスのヤニ汚れは落とすことができますが、あまりにひどい場合は掃除のプロでも白さを取り戻すことかできません。ヤニ汚れが残ってしまったら最終手段にはクロスの張り替えをするしかないくらいヤニ汚れは強いものなのです。

そのため自分でやってみてもすんなり綺麗な白に戻すことはできないかもしれません。ヤニ取りには根気が必要になるでしょう。ヤニ汚れが少ないなら簡単に綺麗になるでしょうが、ヤニ汚れが多いとある程度改善させることはできても真っ白にならないこともあるでしょう。

プロでも綺麗にできないくらいなのです。徒労に終わらないように適度な時間で切り上げるのが良いと思います。

それでも改善させたことで生活環境は一新されることでしょう。吸う空気が新鮮になったような気分になると思います。それだけでも掃除する価値があるので、一度はヤニ取り掃除にチャレンジすることをおすすめします。

 - 壁のお掃除