お掃除まにあ

毎日5分の掃除を習慣化して、簡単ラクラクキレイな掃除生活

2017.3.28

掃除って面倒くさいですよね。

もちろん、掃除をすれば気持ちが良くなりますが、なにせ時間がかかるし、手間もかかるし、下手すると休日潰れてしまうし。ほとんど家にいなくても、それでも何故か部屋には埃が溜まっていくのは不思議としかいいようがありません。

しかし、嫌がってもやらなくてはいけないのが掃除であれば、毎日5分掃除を習慣化して、簡単ラクラクな掃除生活を始めてみませんか?

何故毎日5分の掃除を習慣化する必要があるのか?

掃除は嫌いでも、キレイな部屋を嫌いな人はいないでしょう。

掃除は嫌いでも汚い部屋にいたくないと思う人はたくさんいます。

そしてどんなに汚さないように生活していても、全く掃除しないで済む生活というのはないのです。

ならば後はいつどのタイミングで掃除するのかという事の選択となります。

これは週末まとめて掃除するか、それとも毎日掃除をするかのどちらかになるでしょう。

多くの人は週末まとめて派ではないでしょうか?

何故なら掃除は時間がかかるから、時間のある週末しか出来ないと考えているからです。

しかし、週末まとめて掃除をするのは、毎日掃除しないからなのです。毎日少しやっておけば、週末の掃除時間は短縮できます。

そのために、毎日5分掃除を習慣化しておきたいのです。そうする事で、部屋はいつも一定のキレイさを保つことができます。

掃除は習慣化する事で、簡単ラクラクにする事が可能

朝起きて顔を洗う、食後は歯を磨く、トイレから出たら手を洗う。

どれも、習慣化されている行為です。もちろんこれらはサボろうと思えばサボれます。しかし、サボればその分清潔さがなくなります。これは身だしなみにもつながりますので、やがて自分への人の評価に関係してきます。

これらの行為は面倒と言えば、面倒ですが習慣化する事で、その面倒くささをあまり感じなくなります。

実を言うと掃除も同様なのです。

決まった行為として習慣化する事で面倒という気持ちから、逃れられます。

例えば、朝起きたらざっと部屋をクイックルワイパーなどで埃を落とす。10分もかからないにも関わらずその効果が絶大です。

歯を磨きながら、洗面所を磨く、お風呂から出る時に、スクイーザーなどで水気を無くす。ほんの少しの積み重ねが、結果掃除の手間を省いていく訳です。

毎日5分の掃除習慣を始めてみよう!

まずはキッチンタイマーを持ってきます。そして5分セットします。

掃除する場所はどこでもOKです。例えば今日はリビングの掃除であれば、埃落としをしてみましょう。タイマーが5分鳴ったら、たとえ途中でもそこで掃除終了です。終わらない部分はまた明日すればいいのです。

とても簡単ですよね。たった5分であれば、どんなに忙しくても時間を作る事ができます。

もちろん5分にこだわる必要はないのですが、あまり短いと掃除が進まないので、出来れば最低5分ぐらいは必要です。可能な人は5分以上でもOKです。しかし、あまり時間が長いと毎日難しくなるので、毎日出来る時間の範囲で頑張りましょう。

月曜日はリビング、火曜日はトイレ、水曜日は台所など、決めてしまってもいいでしょう。どこか気になる所を毎日5分掃除する。たったこれだけでも、習慣化する事で掃除の効果が出ます。

今度は1か月や1年単位の掃除する習慣を作ってみよう。

年末の大掃除はいつも大変ですね。これも1年掃除する場所を溜めてしまうのが原因なのです。ならば、この大掃除も1年に1回ではなく、毎月少しずつやっていくというのは如何でしょうか?

真冬は気温が下がっているので油汚れは落ちにくいし、水を使う窓ふきをするのも大変です。掃除のプロに言わせると、窓ふきや、換気扇の油汚れは夏に行った方がはるかに落としやすいのだそうです。

もちろん大掃除は一種の風物詩でもありますので、それ自体は否定しませんが、何も苦労する必要はないのです。前述したように、1月は床にワックスがけ、2月は、台所の掃除等々など割り振ってしまってもいいでしょう。

4月と10月は衣替えがありますから、それを機会に要らないものを整理したり、押し入れやタンスなどキレイにしてもいいと思います。

それぞれ年間の生活リズムがあると思います。そのリズムに上手く掃除を組み込めると習慣化しやすくなります。

掃除を習慣化する事で、いつでも部屋はキレイに出来ます!

掃除は面倒ですが、キレイな部屋は気持ちいいですよね。

その気持ちいい部屋を常に維持していくには、やはりこまめな掃除が必要なのです。といっても、毎日掃除機をかけるのはそれこそ重労働です。ならば、そこはクイックルワイパーで毎日床の埃をとって、まとまった時間のある時に、掃除をかければいいのです。

結局掃除機かけるのならば、1回で済ませた方がいいと考えるかもしれません。しかし、全く掃除機をかけない状態で1週間過ごすのと、毎日クイックルワイパーで埃を取っている状態で掃除機をかけるのでは、その手間もかかる時間も全然違いまし、部屋のキレイさも違うのです。

常に一定の状態に保つ事が出来れば、いつ人が来てもそれが負担になりません。逆に、人を呼ぶには部屋を掃除しなくてはいけないとなると、いつの間にか人を呼ぶ事が面倒になります。

これは面倒の連鎖を引き起こします。

逆に、掃除を習慣化していれば、ちょっとの手間で部屋をいつでも簡単にキレイな状態に戻せるのです。ほんの5分の違いは大きく生活を変化させると思いませんか?

是非記事を参考にして、簡単ラクラク掃除生活を実践していただければと思います。

 - お掃除とメンタル