お掃除まにあ

誰か助けて!浴槽の黒い点の原因と対処方法について

2017.4.27

浴槽に黒い点を見つけたら!それが普通のスポンジで擦っても落ちないとしたら、非常に憂鬱になりますよね。浴槽は多くは白か淡い色の場合は多いため、黒い点というのはものすごく目立ちます。

黒い点となるとカビを思い出しますが、カビのついたお風呂に入るのを好む人はいません。

この浴槽の黒い点の原因と対処方法についてご説明いたします。

浴槽に現れた黒い点の正体とは?

浴槽は湿気が多い場所でありますから、そこに現れたとしたら「黒カビ」を疑われますよね。

でもまずは色んな方法で試してみましょう。

まずは浴槽ですから、他の人の入った汚れが付着する事があります。お子さんがいる家庭であれば、黒いクレヨンなどが何かの折についてしまったりすることもあります。

また、風呂釜自体が汚れていてそこから、汚れが浴槽にくっついてしまう事もあります。

まずは普通のお風呂用洗剤でキレイにしてみましょう。それで落ちないようなら、クレンザーか重曹で擦ってみます。ただこちらのふたつは研磨剤が含まれているので、浴槽を傷つけないように気を付けてください。これで落ちなければ、十中八九黒カビと思われます。

ただの黒カビではなく、水垢と黒カビの混合物という場合や色々厄介です。また浴槽の傷に黒カビが入り込んだ事も考えられます。

浴槽の黒い点の原因は黒カビ?カビキラーで対応可能?

カビと言えばまず思い出す洗剤は「カビキラー」でしょう。洗剤として中々強力で、確かにカビに対してかなりの対処能力を持ちます。

でもこの強力さが逆に抵抗になって使いにくいという人は少なく在りません。

浴槽というのはどうしても、直接肌に触れるお湯を張る場所ですから、小さなお子さんがいる家庭など「使用して大丈夫かな?」と心配する気になりますよね。何故ならカビキラーは基本素肌についたら、すぐに洗い流して欲しいと言われている洗剤で使用する時は、手袋などの着用が使用の基本です。

つまり、浴槽にカビキラーを使う事に抵抗があるのは、カビキラーの成分が吸収されないか、残留しないかという不安です。残留に関しては、ただ泡を落とす程度ではだめですが、使用方法にある通りの時間きちんと洗い流せば問題はないと思います。

成分吸収に関しては、樹脂製の浴槽であればまず問題がないと言われています。

カビキラー以外で浴槽の黒い点に対する対処方法とは?

お風呂はリラックスする場所です。カビキラーを使う事でお風呂が心配になってしまうならば、他の方法でこの黒い点に対処した方がいいでしょう。

ここで、古来から使われていた方法でまた最近見直されている「重曹」の出番です。重曹は正式名は「炭酸水素ナトリウムといい、料理にも使われるくらいですが、残留しても、成分吸収しても問題はないでしょう。

重曹は研磨剤としても利用可能だとご説明いたしましたが、このまま使うと浴槽に傷がついてしまう可能性があるため、これを液体にして使います。

重曹と合わせてクエン酸を用意してください。両方とも100円ショップでも売られていますしスーパーやホームセンターに置いてあります。

重症とクエン酸を200gずつ風呂桶に入れて、ゆっくりと2リットルぐらいの水を入れてよく混ぜます。始めは泡が出ますが、問題ありません。弱酸性の洗剤の完成です。これを黒い点の所に2度ほど塗ってそのまま半日は放置します。その後に洗い流せば、黒い点は消えています。

そもそも浴槽や風呂場に黒カビを生やさないために

黒カビに対処するよりも、予防した方がはるかに楽ですし、時短にもなります。

ここでは毎日出来る黒カビ予防方法についてご説明いたします。

そもそも何故カビが生えるかというと、お風呂というのはカビが生えやすい条件である、温度と湿度が揃っているためです。

温度を下げるにはお風呂上がりの冷水シャワーがオススメです。お風呂上がりに自分にではなく、浴槽や壁、床などに冷水してください。

次は湿気の排除です。浴室乾燥のある人はこれを活用しましょう。タイマーのある人は最低2時間はかけてください。お風呂の大きさによりますが、これも2時間だと少し足りないかもしれませんので、様子を見ながら時間を増やしてみましょう。またタイマーの無い人は一晩かけておいてもいいと思います。

もう少し頑張れる人は、冷水シャワーの後に、スクイーザーなどでお風呂の水分を集めてしまい、そこに浴室乾燥をすれば鬼に金棒です。

浴室の黒い点は対処しなくてはなくならない!

浴室の黒い点は、一度現れたら対処しなくては、次の日になくなる事はありません。つまり「やる」しかない訳です。

まずは一般の風呂用洗剤などで力を入れて擦ってみましょう。これである程度落ちればカビの可能性は低くなりますが、これで落ちなければカビの可能性が高くなります。

カビにはカビキラーがいいですが、浴槽という事もあり、何となく抵抗のある人は「重曹+クエン酸」で作った体に優しい洗剤を使ってみてください。

これでほとんどの場合は落ちるとは思いますが、それでもダメな場合は、ちょっとお金がかかりますが、専門業者に頼んでしまうという方法もあります。

しかし毎度毎度こういう手は使えないのでその次以降は黒カビを防止するように予防の方に力を入れてください。防止方法としては「冷水シャワー」と「浴室乾燥」がオススメです。また市販の防カビ燻製剤などもあるのでこちらも併用していただければと思います。

 - お風呂掃除