お掃除まにあ

浴室や浴槽の変色。綺麗にしたつもりが白くなるのは何故!?

2017.4.27

浴室や浴槽などを大掃除するときに使うものとは何でしょうか?

浴室用洗剤やカビキラー、キッチンハイターなどを使う人が多いと思いますが、稀に白く変色してしまう場合もあるようです。

綺麗に真っ白になるなら「そういう色にした」と思えばいいだけですが、一部分のみ変色することが多いようです。

一部分のみだと見た目が悪くなるので困りますよね。

今回は「浴室や浴槽が白く変色する理由」を説明します。

浴室や浴槽の変色、白いのは本当に変色?

浴室や浴槽を新築の時の様に綺麗にしたくて一生懸命掃除をしたのに白く変色すると嫌ですよね。
変色ということは汚れとは違うので戻すことができません。
出来れば変色は避けたいですね。

では一度、変色なのかどうか確認してみましょう。
何故確認をするかと言うと「変色したように見えているだけ」の場合があるからです。

材質自体が変色している場合もありますが、材質自体が変色することは稀です。
汚れが白くなり変色したように見えている場合がほとんどです。

白くなった汚れと言うのは、飛び散って乾いてしまった石鹸と水垢が混ざったものです。
石鹸カスが混じった水垢は、浴室用洗剤やカビキラーなどのカビ取り剤では落とせません。
その為、洗剤やカビ取り剤をしたのに白くなっている=変色した!と見間違えてしまいます。

変色も稀ですが起こってしまいます。
ですが、もしかすると汚れが浮き出ただけかもしれないので一度確認することをお勧めします。

浴室や浴槽の変色と思ったら白い汚れ!?白い汚れに効く落とし方とは?

浴室用洗剤やカビ取り剤で変色することは稀で、ほとんどは汚れが白くなっただけだと上記で説明しましたが、この白い汚れは浴室用洗剤では落ちません。

浴室用洗剤で落ちないからと諦めて、汚れが浮き出た状態で放っておくのは嫌ですよね。
せっかく汚れが浮き出たのですから、綺麗に落としてしまいましょう。

まず一番に思いつくのは「クレンザー」です。
クレンザーはコンロなどの頑固な汚れを取る時に使われる洗剤ですが、石鹸カスと水垢にも有効です。
使えない材質の場合もあるので注意事項をよく読んでから使ってくださいね。

使えない材質の場合は「重曹」や「クエン酸」を使いましょう。
重曹を使う場合は、お湯と片栗粉を混ぜて冷やしたものに重曹を混ぜてペーストにしたものを気になる部分に塗り、ブラシやスポンジでこするだけです。
重曹が研磨剤のようになり簡単に落とすことができます。

クエン酸は、重曹でも落ちない時に使うことをお勧めします。
クエン酸がお風呂場で得意とする汚れは「水垢」で、石鹸カスなどで白くなった「しつこい水垢」を得意とします。

「重曹の前に書いてよ!」と思われる方もいると思いますが、注意してほしいのことがあるから2番目にしました。

その理由は、クエン酸はアルカリ性のために、塩素系の洗剤と一緒に使ってはいけないからです。
塩素系というとカビ取り剤のことなのですが、混ざってしまうと有毒ガスが発生させてしまいます。
必ず混ざらないように水で流し切ってから使用するように注意してくださいね。
クエン酸の使い方は重曹と同じでブラシやスポンジでこするだけです。

汚れが浮き出たついでに是非試してみてくださいね。

浴槽の変色が白い汚れじゃなかった場合は?

浴室や浴槽が変色する原因の多くは、浴室用洗剤ではなく「カビキラー」などのカビ取り剤を使った場合です。

カビ取り剤の多くは、カビを殺菌した後に漂白して真っ白にしてくれるものが多いです。
その為に、カビ取りをすると白くきれいな状態になるのですが、この漂白が斑点模様になってしまうことがあるようです。

変色してしまった事例を読んでいて多かったのは、
「長時間置いたままにしていたこと」と「材質が合わなかったこと」です。

材質については、「海外製などは変色する恐れがあります」や「見えないところで一度試してください」と書いているカビ取り剤もあります。
また、使えない材質は注意事項に必ず書いているので対策は出来ますね。

長時間置いたままも時間を守ればいいのですが、ここで1つ気になることが出てきます。
それは「何故まだらなの?」と言う事です。

泡を壁になどに付けて観察してもらうと分かると思いますが、長時間置いたままにすると均等にかけたはずの泡は一部に集まったりと均等じゃなくなります。

均等じゃなくなっただけで効果が薄まればいいのですが、上記で書いた通り「漂白」をするので一部分のみ漂白されてしまいます。
その結果、まだらに白く変色してしまうのです。

他にも様々な理由があると思いますが、多くは「材質」と「時間」です。
使用方法を守ることで、変色を防ぐことができる可能性はグッと上がるので、使うときは気を付けて使ってくださいね。

変色してしまった浴室や浴槽はどうしようもない?

では、浴室や浴槽が変色してしまった場合の対処法はないのでしょうか?

ぱっと見変色を見間違えてしまう「水垢」の場合は上の方で紹介した方法で対処できます。
ですが、変色した場合は漂白による脱色なので色を取り戻すことは不可能です。

水垢だと思い間違って削ってしまうと材質を傷つけてしまい、悪化させてしまいます。
一か八かでもよいのでしたら、上からもう一度漂白して色をぼかす方法があります。
しかし、思い通りにぼかせれる可能性は極めて低いので買い直しや塗り直しの覚悟が出来てからにしましょう。

変色してもお風呂に入ることに支障はありません。
「しばらく使っていると色が馴染んで気にならなくなった」という人もいます。
どうしても気になる場合は、買い替えや塗り直しを業者に頼みましょう。

塗り直しは個人でも出来るますが、下地を塗る前にひびなどがないか確認をして対処する必要があります。
作業中に剥がれてくると最初からやり直しになるので、自分で塗りなおすのはお勧めしません。
少し気になる程度の場合は諦めて、色が馴染むことを祈ってそのままにしておきましょう。

水垢の場合はクレンザーや重曹で落として、変色の場合は放置が一番!

浴室や浴槽の変色は、壁紙とは違い対処法がなくて困りますよね。
よく見ると白くなった水垢の場合もあるので、「変色した!」と慌てる前に一度確認してみましょう。
水垢の場合はクレンザーや重曹、クエン酸を使うことで綺麗になります。
クエン酸を使う場合は、有毒ガスが発生しないように気を付けて行ってくださいね。

もし変色していた場合は、対処法はありませんが落ち込まないでください。
しばらく使っていると色が馴染んで分からなくなる場合もあるようなので、馴染むまで見ないようにしましょう。
色が馴染まなかったり、気になってどうしようもないときは業者に相談して予算を聞いてみましょう。

カビ取り剤による変色は色が漂白作用で脱色しただけなので、入浴に支障はありません。
予算が高額だった場合は、諦めたほうがいいかもしれませんね。

年月が経てば、仕様による劣化で色も落ちてくるのでその時に馴染むかもしれません。
入浴剤などで浴槽は変色することが多いので、遅かれ早かれと思って切り替えていきましょう。

 - お風呂掃除