お掃除まにあ

落ち葉掃除は取っても大変!落ち葉掃除が楽になる掃除方法と道具とは?

2017.4.27

落ち葉や桜が散った後の掃除は、量もすごいですし、軽いために風に飛びやすく大変ですよね。

屋外だからと放っておくと見た目も悪いですし、溝に詰まってしまうこともあります。

自分なりの掃除方法で対処している方もいると思いますが、簡単に終わらせたい人が多いのではないでしょうか。

今回は、「落ち葉の掃除にもってこい!簡単に掃除できる道具」を紹介します。

落ち葉の掃除でよく使う道具とは?

まず、落ち葉の掃除をする際は、葉っぱが乾ききった状態になる晴れの日に行いましょう。
小雨や湿度が多い日は、落ち葉が舞わないかわりに集めにくく、道具の消耗が増え汚れやすくなります。
また、落ち葉が重いために掃除に向かない道具もあるので、晴れた日に行うことをお勧めします。

落ち葉の掃除でよく使われる道具と言えば、ほうきだと思います。
ほうきは、コンクリートやブロックなど固い地面にお勧めです。
掃く時は、力を入れずに短く地面を撫でるように掃くと落ち葉が散らかりにくいです。
一番お勧めのほうきは竹ぼうきです。
落ち葉集めは時期によっては毎日行う場合もあるので耐久度の高いものを選びましょう。

ほうきはコンクリートなど固い地面にお勧めですが、柔らかい地面には向きません。
土など柔らかい地面の落ち葉掃除には「熊手」をお勧めします
熊手とは、長い柄の先に長い爪がいくつもついている道具です。

見た目がクマの手に似ているために「熊手」という名前がついています。
熊手は穀物や落ち葉を集めるのに使う道具で、爪が鉄などで出来ているために洗いやすいのがポイントです。

ほうきで土の上を掃除すると土がほうきに入り込んでしまいますが熊手はその心配がなく、大きな手の形をしているために一度にかき集めることも可能です。

地面の固さを気にせずに落ち葉の掃除が出来る道具はこれ!

コンクリートや土など場所で道具を変えるのが面倒な方にお勧めしたいのは「ブロワー」です。
風で吹き飛ばしてごみを集めることができる道具なのですが、地面との相性がないので道具を1つにしたい方にお勧めです。

電動工具なので重さがあり、風で吹き飛ばすためにコツが必要なので最初は苦戦するかと思います。
重いと腕が疲れそうですが、質量が2キロ以下の小型タイプも売られているので軽さを重視すれば大丈夫ですね。

ブロワーのおすすめポイントは、地面との相性がないことはもちろん、風で吹き飛ばす方法なので、ほうきや熊手で掃除が出来ない隙間なども綺麗にできることです。
車の乾燥作業や埃などの掃除にも使えるので、落ち葉だけでなくオールシーズン使えると言えますね。

エンジンブロワーの平均価格は1万5千円ほどですが、安いものなら3千円で購入することが可能です。
落ち葉掃除で道具をいくつも用意するのが面倒な方は一度試してみるのもいいかもしれませんね。

落ち葉の掃除でブロワーを使う際にお勧めの道具「バキューム」とは?

上記で紹介した「ブロワー」は風で落ち葉を飛ばして集めることが可能です。
しかし、集めた後にゴミ袋に入れるときに結局何かしらの道具を使うことになると思います。
落ち葉をほうきとちり取りを使って袋に入れたり、トングを使って袋に居れたりすると思いますがこれも時間がかかりますよね。

出来ればこれも簡単に終わらせたい…という人は「バキューム」を使うことをお勧めします。
バキュームとは、ブロワーと同じく電動工具で物を吸い取る工具です。
本体に吸込み口と袋をセットすることで、吸い込んだものが袋に溜まっていきます。
ブロワーで集めて、バキュームで吸い取り、袋を外して捨てるだけ、この三ステップで落ち葉掃除が終わるのでお勧めです。

ブロワーとバキュームをセットで売っている店もありますが、出来れば持ち歩きやすいのが良いですよね。
1台でブロワーとバキュームの2役ができるものもあるので、工具屋や通販で色々見比べてみてはいかがでしょうか?

落ち葉をほうきで掃除する場合にお勧めの道具はこれ!

ブロワーやバキュームなど、工具を使うのが嫌な方にお勧めする掃除道具も紹介しますね。
工具を使わない場合は、ほうきや熊手を使うことになります。

熊手は爪が尖っているものが多いのですが、爪の形が違うものや爪の横幅を変更できるものがあります。
引っかかりが気になる方はU型の熊手、土慣らしにも使えるのは平爪など様々な種類があるので是非探してみてくださいね。

ほうきで掃除をする方にお勧めなのは、E-Valueの「マルチ清掃レーキ」です。
文章で説明するのは難しいのですが、少し形が変わっているほうきで、ほうきとちり取りの二役をする掃除道具です。

「マルチ清掃レーキ」の他にも、濡れた落ち葉でも簡単に掃くことができるほうきなど、熊手以上に種類がありますのでこちらも探してみると好きなものを見つけれると思います。

また、お勧めするもので一番見てほしいのはちり取りです。
ちり取りから袋に移し替えるときに何枚か落ち葉が待ってしまうことがあると思います。
掃除道具を販売する株式会社テラモトの「ちりとり捨楽」は、ゴミ袋をちり取りにセットすることでゴミ袋がちり取りになる優れものです。

ゴミ袋に移し替えるのが苦手な方や面倒な方にお勧めですよ。

諦めないで!落ち葉掃除は優れた道具で簡単にしちゃいましょう。

落ち葉掃除は面倒で大変で足腰が痛くなるイメージがあります。
地面の固さによって使う道具を使い分けたり、気候にも注意しなければなりません。

とても面倒な外の掃除だと思いますが、風で吹き飛ばして集めることができるブロワーや落ち葉を一気に吸い取ることができるバキュームなどの電動工具もあります。

1台で2役の電動工具や2キロ以下の軽量タイプなどもあるので、簡単に掃除をしたい人にはお勧めですね。

ブロワーやバキュームなど工具を使うのが嫌な方は従来の掃除方法で掃除をするしかありませんが、昔と違い、今はアイデア商品が多くみられます。

ゴミ袋とちり取りがセットになったものや、ほうきとちり取りが一緒になったものなど、驚く内容の商品も多いので自分に合ったものを探すのが楽しいかもしれませんね。

電動工具やアイデア商品で、今年の落ち葉掃除をグッと短時間で終わらせて、のんびりした時間を増やしてみませんか?

 - 庭・家の周りのお掃除