お掃除まにあ

排水トラップの掃除、してますか?洗濯機用の掃除の手順と注意点

2017.4.27

キッチンやお風呂の排水トラップの掃除はこまめにしていても、もう一箇所、大事な部分の掃除を忘れてはいませんか?

それこそ、洗濯機の横の排水トラップです!

ここの掃除を忘れてしまうと、ある日突然、洗濯機が動かなくなる、水が溢れてしまう――という状況に陥りかねません!

しかし、他の排水トラップと違い、なかなか目が届かないばかりか、掃除がしにくい場所のため、簡単にはいきません。

では、どんな手段で掃除をすべきでしょうか?

洗濯機用排水トラップの掃除、定期的にしないと大変なことに!

そもそも排水トラップとは何なのかご存知ですか?

これは、あえて排水口に一定量の水を溜め、下水管から上ってくる臭いや害虫を防ぐための、言わば”栓”の役割をする部分です。

この水による栓がないと、住居の外の下水道とご自宅の配管が直に繋がってしまうため、衛生的にも非常に重要なシステムです。

元々流れるべき排水――お風呂だったら垢や石鹸カスを含んだ水、キッチンならば食べ物のカスなどを含んだ水――を栓として流用する仕組みですから、カビが発生しやすく、またヘドロ状になった様々な汚れが蓄積しやすい場所でもあります。

本来ならばこまめに掃除を行うべき場所ですが、ついつい掃除を忘れてしまうご家庭のほうが多いのではないでしょうか?

特に洗濯機用の排水トラップの掃除は、なかなか思い至らないのもある意味当然です。

しかし、洗濯機の排水トラップも、やはり他の場所のそれと変わらず、汚れが溜まりやすい場所です。

だからこそ、定期的な掃除をしなければなりません。

洗濯機の排水トラップの掃除を怠ると、繊維くずが詰まって一大事に

排水トラップは、設置された場所ごとに主な汚れは異なります。

洗濯機の排水トラップに溜まる主な汚れは、排水に含まれる、洗剤(石鹸)カス、衣類についていた汚れ、そしてその衣類から抜けた細かな繊維くずです。

特筆すべきは、特にこの細かな繊維くずです。

細かな繊維くずが、ちょっとした汚れに絡みつくと、不織布のように徐々に層になり、更に他の汚れを絡め取り…と、まさに雪だるまのように大きくなっていきます。

更に、室内の洗濯機置き場に設置されている”防水パン”(四角く大きなタライ状のもの)に溜まったホコリがそれに混じることも考えられます。

こうした汚れが蓄積すると、排水管詰まりを起こし、洗濯機の故障や水漏れを起こすことになります。

一軒家ならまだしも、集合住宅での排水管詰まりが起きると、一大事です。

階下への住居への浸水は勿論、管の破損などが起きた時には、思いもよらない大掛かりな工事が必要になってしまうからです。

洗濯機の排水トラップ、どんな手順で掃除をすればいい?

排水トラップの周囲に手を入れて掃除出来るだけのスペースがある場合は、以下の手順で作業を行います。

1.排水エルボを外す

排水エルボとは、多くの洗濯機用排水口の、L字型のパイプが付けられた蓋のことです。

これから洗濯機側のホースを外した後、エルボも取り外しましょう。

2.排水トラップの部品を一つずつ外していく

排水トラップは封水筒、排水ピース(排水管にかぶせる蓋状の部品)、パッキンなどで構成されています。

これ等を嵌っていた順番を間違えないようにしながら、1つずつ外しましょう。

3.広げたゴミ袋の上などで、各部品にこびり付いていた汚れを取り除く

歯ブラシなどを使い、ヘドロ状にこびり付いた汚れを丁寧に取り除きましょう。

この時、ゴミ袋などの上で行うのがポイントです。水に流れてしまうと、排水管に詰まる恐れがあるからです!

4.排水口の汚れを取り除く

排水溝内にも汚れがこびり付いています。これを流れないよう注意しながら、歯ブラシなどで掻き出し、ゴミ袋に捨てましょう。

詰まりが気になる時は、排水口用洗剤を流し、届かない部分の汚れは溶かしましょう。

後は排水トラップの部品を、順番通りに戻し、コップ一杯分ほどの水を注いで、再び水の栓をすれば終了です!

排水トラップの掃除の注意点とは?

ここで、洗濯機の排水トラップの掃除の注意点などを見ていきましょう。

もし、洗濯機の排水トラップが目視できる・作業出来る場所にない場合には、まず洗濯機を一度移動させる必要があります。

これが何より大仕事、女性でも男性でも、一人で出来る作業ではありません。

出来れば、洗濯機を設置する際、予め嵩上げをしておくといいのですが、それがない場合は、人手を頼むなど、決して無理をしないようにしましょう(洗濯機の故障、それに本人の怪我に繋がります!)

続いて、排水トラップを掃除しても、臭いや詰まりが生じている時には、排水管に詰まりなどの問題が生じていることが考えられますから、賃貸物件ならば管理会社に、持ち家ならば専門業者に相談するといいでしょう。

また、”パイプユニッシュ”等の排水管用洗剤を使用した際には、続けて別の洗剤を流すことは、大変危険ですから絶対にやめましょう。

有毒ガスが発生する可能性がありますから、「混ぜるな危険」と書かれている洗剤を使った後は、十分に水を流すことを心がけて下さい。

洗濯機の排水トラップの掃除はこまめに行おう

一度徹底的に掃除をした後は、またしばらく排水トラップを放置――とは考えないようにしましょう。

むしろ、徹底的な掃除が必要無いように、詰まらない・汚れが発生しないよう、日々のお手入れを心がけることが重要です。

特に、家庭でウール製品など、細かな毛くずが出るものをよく洗う場合には、詰まりが起きやすいです。

セーターや毛布などを洗った際には、意識的に排水トラップの状態を確認しましょう。

排水トラップの周囲のホコリはこまめに取る、洗濯機のフィルターの掃除、洗濯槽の掃除も定期的に行い、排水トラップに必要以上にゴミが溜まらないよう注意したいですね。

そして少しショックなことに…お風呂の残り湯を洗濯に使用すると、そうでない時に較べて排水トラップが詰まりやすくなるのです。

これは、残り湯に溶け出した皮脂が、他の汚れを吸着してしまうため。

ですから、残り湯を洗濯で使用するご家庭では特に、排水トラップの掃除をこまめに行いましょう。

排水トラップの掃除は、汚いことが前提になっていますから、なかなか手を出したくないと思うのも当然です。

しかし、詰まりが生じてから対処する面倒さ・大変さを考えれば、定期的な掃除をするほうが、ずっと手間も労力もかかりません!

是非、日常のお掃除メニューの中に、洗濯機の排水トラップも加えましょう!

 - 排水トラップのお掃除