お掃除まにあ

木の柱のカビ掃除には気をつけるべきことがある!

2017.4.20

木材家具の後ろはカビの温床になっていることがあります。そして木の柱も同様です。家具をどかしてみて、裏に隠れていた木の柱に大量の埃が付いているのかと思いきやカビだったという経験を持っている人もいるでしょう。

カビを見つけたらカビ掃除をしなければならないのですが、木の柱の場合はいくつか方法があります。洗浄力が弱く扱いやすいものから洗浄力が強力なものまであるので、方法を選択していきましょう。

木の柱のカビ掃除の前に揃えておきたい道具

カビ掃除の前に必要になってくる道具を用意しておきましょう。

  • マスク
  • メガネ
  • ゴム手袋

カビはそのまま放置しているだけでも胞子を出してしまい、それを吸い込むと健康被害が生じることがあります。そして掃除をする場合は余計に胞子を吸い込むことになるのでマスクで口や鼻を守る必要があります。

またメガネをしましょう。胞子から目を守ることができます。また洗剤などを使うので、その飛沫からも目を守ることができます。

そしてゴム手袋も装着も大切です。カビ対策でもありますが、洗剤対策でもあります。カビ取り洗剤は強力なので手荒れを起こさないために必ず装着してください。

また、ゴム手袋の管理方法は注意が必要です。ゴム手袋は放っておくと中にカビが生えてしまいます。密閉性が高く中をしっかり乾燥できなかったことが原因です。そのまま使用してしまうとカビを直に触ってしまうことになるので、ゴム手袋はしっかりと内側まで乾かすか、1回で使い捨てると衛生的に使いましょう。

木の柱のカビ掃除になる簡単な方法

木の柱についたカビを落とすには消毒用エタノールかオキシドールを使います。使用方法は簡単で、消毒用エタノールかオキシドールのいずれかをスプレーにしてカビが生えているところに散布してください。それらを散布することでカビが活動を抑えて落としやすくします。

しばらく待って、散布した消毒用エタノール(もしくはオキシドール)が乾いたら、乾拭きしましょう。それで表面のカビを落とせると思います。

ちなみに濡れた雑巾で拭いてしまうと、カビの色素が広がっていって見栄えを大きく損なう可能性があるのでやめましょう。

それから消毒用エタノールやオキシドールの洗浄力はあまり高くないことを覚えておきましょう。使いやすいのですが掃除のプロが使用するものではありません。また、何度か散布して乾拭きしても奥深くに入ったカビは取り除けないと思います。

木の柱のカビ掃除に漂白剤を使う場合

消毒用エタノール(もしくはオキシドール)で取れないカビは漂白剤を使って落としていきましょう。洗浄力が強力なので扱いには必ずゴム手袋を着用してください。

そしてまずは使う漂白剤をチェックしましょう。酸素系漂白剤ならpH値が高くなくて木材が傷み難いというメリットがありますが洗浄力が弱めです。塩素系漂白剤を使えば洗浄力が強いのですが木材が傷みやすいというデメリットがあります。どちらかというと酵素系漂白剤が良いと思います。

使い方は簡単で、カビの生えている箇所に漂白剤を塗ってください。そしてもう一手間かけるなら、そこに布を被せて、さらに漂白剤を追加して、そしてラップを被せて密閉してしまいましょう。

そのような作業をすれば後は待つだけです。しばらく待ってからタオルなどで拭き取ることでカビが落ちていきます。

しかし、1度では取れず、どうしても取りきれないことがあると思います。その場合は紙やすりで木の柱を削るしかありません。しかしそれでは見た目を大きく損なうので注意して行ってください。

木の柱のカビ掃除には専用のスプレーがある

木材専用カビ取りスプレーを使う方法もあります。中には業務用のもので掃除のプロも使っているものがあります。そしてそれらはお風呂用のカビ取りスプレーとは違うものなので必ず木材専用であることを確認してから使ってください。

使い方は、まずはカビが生えている箇所に木材専用カビ取りスプレーを使います。そして漂白剤と同じようにしばらく待ちます。カビ取りスプレーの場合は30分くらいで良いでしょう。

それから固く絞った濡れ雑巾でスプレーとカビを落としていって、さらに乾拭きして仕上げです。

しかし業務用だったとしても1度でカビを全部落としてくれるわけではありません。何度もスプレーして待ってから拭き取るということを繰り返していくことでカビは徐々に薄くなっていくことでしょう。

つまり木材専用カビ取りスプレーであっても根気良くカビを取っていかなければならないということは漂白剤と変わらないのです。

木の柱にカビが生えてしまう前にやっておきたい予防策

カビ掃除は面倒ですし、それにカビ掃除している過程で見た目が損なわれてしまうことがあるので、カビを生やさないことが大切になります。つまりカビか予防をしておくに越したことはないのです。

カビなので、その予防で一番大切なのは換気です。湿度が溜まらないように定期的に換気しましょう。換気に関しては窓を1つ開けるよりも2つ開けるほうが効率が良くなるので覚えておきましょう。

それから北側の部屋は特に注意です。日光があまり入ってこないこともあって他の部屋よりも湿度が溜まりがちです。そのため北側の部屋は多めに換気するか、除湿機を設置しましょう。

木の柱にカビが生えてしまうとカビによって変色してしまうので、元に戻ることはないと思います。ほとんど変色しなかった場合はカビを早期発見してラッキーだったということです。普通はカビによって変色し、漂白剤によってさらに変色し、周りと色が異なってしまってしまいます。

つまり1度カビがついてしまうと元の色に戻らないのです。それでは見た目が良くないないので、そもそもカビを生やさないことが大切になります。つまり日頃からカビ予防を心掛けてください。

 - 木製品のお掃除