お掃除まにあ

お風呂掃除をしていても現れる、浴槽の黄ばみの正体とは?!

2017.4.20

毎日使う場所だからこそ、綺麗で清潔な状態を保ちたいお風呂。しかしお風呂は、気付くとそこかしこにいつの間にか汚れが溜まっている、そんな場所でもあります。

中でも、浴槽に関しては、床や壁以上にこまめに掃除する場所のハズ。それなのに、ふと見ると、薄っすらと黄ばみが生じていることが少なくありません。

この黄ばみの正体は、一体何なのでしょう?

そして、これを綺麗に掃除するには、どうすればいいのかを見ていきましょう。

お風呂掃除をしているのに浴槽に黄ばみが… 原因は一体何?

暖かなお湯に体を沈めて、日々の疲れを取る――浴槽といえば、お風呂の主役と言っても過言ではない場所です。

ここが汚ければ、どんなに新しいお湯、それに入浴剤を入れても、気持ちのいいバスタイムは送れません。

ですから、壁や床以上に、しっかり毎日掃除をしているご家庭がほとんどでしょう。

なのに、どうして浴槽に黄ばみが生じてしまうのでしょうか?

特に、集合住宅などのユニットバスのように、浴槽がプラスチック(樹脂製)の時、考えられる原因は3つあります。

○水垢(湯垢)・石鹸カスなどの汚れ

○入浴剤に含まれる着色料

○経年劣化

ご家庭で、日々のお風呂掃除で使っているであろう中性洗剤では、残念ながら、これらのどのケースの黄ばみも落とすことは出来ません。

ですから、黄ばみの原因が何なのかを知り、それぞれのケースに合わせた対処が必要になります。

浴槽の黄ばみの一番の原因は普通のお風呂掃除では落とせない○○!

浴槽の黄ばみの原因として考えられるものとして、一番多いのが”水垢(湯垢)・石鹸カスなどの汚れ”です。

水垢、そして石鹸カスが何故、普通の掃除では落ちないのか。

それはこの2つが、非常に落としにくい性質をもった汚れだからに他なりません。

水垢も石鹸カスも、どちらもその大本は、水道水自体に含まれているミネラル分――つまりカルシウム・マグネシウム・ケイ素といった金属です。

(もっと言えば、石鹸カスは、石鹸に含まれる成分と、こうしたミネラル分が化学結合した結果産まれる成分です)

目に見えない形で水道水に含まれるこのミネラル分が、日々、浴槽に水を溜める度に蓄積し、層をつくっていくことで、やがて目に見える黄ばみとして現れるんですね。

また、こうしたミネラル分は”アルカリ性”の性質を持っています。

ですから、中性の、一般的な浴室用洗剤では、この汚れを落とし切ることが出来ないんです。

お風呂全体にも!水垢・石鹸カスが原因の浴槽の黄ばみの落とし方

水垢・石鹸カスが原因の浴槽の黄ばみに対しては、酸性の性質を持つ洗剤を使うのが有効です。

しかし、場所が場所なだけに、あまり強い洗剤を使いたくない、と思う人も多いでしょう。

そんな人に、是非試してもらいたいのが、エコ掃除の強い味方である”クエン酸”です。

クエン酸は、その名の通り、酸性の性質を持ったものであり、かつ、肌に触れても(多少の肌荒れが生じることはありますが)害がないものです。

(もし、掃除用のクエン酸を使うことにも抵抗があるのであれば、食品用として売られているクエン酸を使うといいでしょう。値段は高くなりますが、効果に差はありません。)

このクエン酸は、粉末状で販売されていることがほとんどですから、ぬるま湯200ccに対して小さじ2杯を溶かし、この溶液を浴槽の黄ばみに直接吹き付けましょう。

その上からラップなどで、汚れにクエン酸液が密着、乾燥しないようにした状態で1〜2時間放置し、その後、スポンジで軽く磨き洗いをしましょう。

クエン酸の効果により、こびりついたミネラル分が溶かされ、黄ばみが落ちていきます。

この方法は、浴槽のみならず、お風呂場全体の水垢・石鹸カス掃除にも使える方法ですから、是非試してみて下さい。

浴槽の黄ばみの原因が水垢以外の時… どうやって対処すればいい?

浴槽の黄ばみの原因が、入浴剤のものであった時は、クエン酸よりも”漂白剤”を使うことをお勧めします。

漂白剤には様々な種類がありますが、使うのはお風呂ですから、お風呂用のカビ取り洗剤を使うといいでしょう。

もし、これでも取れない場合は、メラミンスポンジを付けて軽く擦る方法もありますが、メラミンスポンジの研磨力は、実は思っている以上に強いため、浴槽自体に目に見えない、細かな傷を無数に付けることになりかねませんから、十分注意して下さい。

そして最後に考えられる原因の経年劣化の場合ですが、これは根本的に汚れが原因ではないため、少し対処法がやっかいです。

本来、樹脂製の浴槽には、汚れや傷が付きにくいよう、コーティングがなされています。

しかし、やはり何年も使っていると、このコーティングが禿げてしまい、そのために色が黄ばんでしまうのです。

再度浴槽にコーティングを行うか、ユニットバスの場合は浴槽自体を交換するかといった方法を取るしかありません。

浴槽の黄ばみ落とし 洗剤や道具の使い方は十分注意しよう

樹脂製の浴槽の掃除で注意したいのは、上でも触れた通り、表面にはコーティングがされている、という点です。

メラミンスポンジで黄ばみを取る方法もあるにはありますが、コーティングを剥がす、浴槽を傷つける可能性がある、という点は忘れてはいけません。

傷がつけば、そこに別の汚れが溜まるばかりか、浴槽自体の耐久性にも問題が出てしまうからです。

ですから、物理的に力技で黄ばみを落とすよりも、化学的に有効な方法で取り除くことのほうが、ずっと安心かつ安全な方法だと言えるでしょう。

ただこの時も、「混ぜるな危険」と記載されている洗剤の取り扱いには、十分注意をしてください。

特に今回触れたクエン酸と漂白剤、漂白剤の成分によっては、クエン酸と反応して体に大変有毒なガスを発生させることがあります。

一方の掃除を行った後は、十分水を流して成分を流し、かつ1日は時間をおいて、次の方法を試すぐらい、慎重になったほうがいいでしょう。

気持ちのよいバスタイムを取り戻すためにも、こうした点を忘れず、黄ばみを退治してくださいね。

 - お風呂掃除