お掃除まにあ

キッチンを簡単に掃除するコツは収納にあり!目指せベスト収納

2017.4.20

キッチンは戦場です。

主婦は、短時間でどれだけの成果を見せらえるか、常に時間との勝負です。

でも動線を無視した収納をしていると、ちょっとしたモノを取る時間をロスしてしまいます。

キッチンの掃除も同様です。収納をキチンとしていれば、掃除も簡単ラクラクなのですが、収納がいい加減だと掃除時間もかかってしまいます。

時短家事が人気ありますが、まずは動きのロスをなくすためにも、キッチンの収納を見直してみしょう。

掃除のタイミングとキッチン収納

多くの人はキッチン掃除を調理の後にしていると思います。ただそれが調理の直後なのか、食後の洗い物と一緒に掃除するのかによって、掃除時間が変わってきます。

時短家事が流行っていますが、肝心の料理時間よりも、掃除に時間がかかっていませんか?

掃除に時間がかかる理由は、大きく二つあります。

一つ目は、調理の汚れがしつこいので掃除に時間がかかるパターン。

二つ目はキッチンの収納がいい加減であれこれどかしながら掃除をしているパターンです。

実際の所、掃除の時間を短縮するのは、出来る限りモノを置かない事が一番なのです。調理の汚れは時間がたてばたつほど落ちにくくなるので、「付いたらすぐに落とす」を基本にしていると大分掃除が楽です。

つまり、キッチン掃除を簡単にするコツは「調理完了後のタイミング」でかつ「余計なモノがない」状態がベストという事です。

掃除しやすいキッチン収納のススメ

キッチンで料理をしている時、いろんなものを使います。

お鍋にフライ返し、ボウルにフライパン、調味料等々、家事の中でも一度する事に使うモノの量はスバ抜けて多いのが料理です。

さてこれらの収納について、どういう風に収納していますか?

とにかく仕舞える所に詰め込んでいるのではありませんか?

料理をしていると、タイミングが大事です。そのため、出来るだけワンアクションか精々ツーアクションで取れる方が使いやすいのですが、人によっては、例えばフライ返しを取るのに、ガス台から遠い食器棚の引き出しに放り込んでいるなんて事があります。

これでは一つの行動するのに時間がかかってしまいます。

そのためにも、動線にかなった収納をオススメします。簡単に言えば「使う所に使うモノを置く」という事です。この例で言えば、フライパンやフライ返しはガス台の傍がベストという事です。

こういった視点でもう一度キッチンの収納を見直してみましょう。

キッチン掃除の面倒くささNO1「三角コーナー」の収納を考える

三角コーナーと排水溝はキッチン掃除の難所であり、これを嫌いな人はとても多いと思います。しかし、これをしないといけないので、頑張っていますよね。

三角コーナーはちょっとした工夫でほとんどしなくて済みます。そういった便利グッズをご紹介したいと思います。

主婦の強い味方は「山崎実業 ポリ袋エコホルダー タワー」です。

これは三角コーナーというよりも、折り畳み出来るスタンドだと思ってください。グラスやペットボトルを立てる事にも使えますが、ここに普通のビニール袋を四隅にひっかければ、これで三角コーナーの代理が完成。調理が終わったら、生ごみの入ったビニール袋をそのまま捨てれば完了です。

他にも、自立するビニール袋などもあり、それを生ごみ入れにする方法もありますが、こちらは使い捨てになるのでランニングコストがかかります。「ポリ袋エコホルダー」のいいところは、普通のビニール袋を使う事が出来るので、ランニングコスト要らず。一回買えばずっと使えるのが魅力です。

キッチンに死蔵された食器たちを救え!

あるあるネタを一つご紹介します。

雑貨好き、オシャレな食器好きな人に多いのですが、ついついお気に入りの食器を見つけると買ってしまい、いつの間にか食器棚はパンパンに。それはもうギッチリ詰め込まれているので、簡単に出す事が出来ず、食器棚の前面に置いてある食器ばかり使ってしまうなんて事ありませんか?そして、よく使う食器ほど「壊してもいいや」という事で100円ショップで購入したものだったりします。

これってものすごくもったいなくありませんか?

せっかくのオシャレな食器があるのに、それはしまい込んでいるなんて。つまり持っていないのと同然です。

食器を取り出すのは、調理中ですよね。だから、余程の事がない限り、簡単に取れる食器を使ってしまうのです。

ならば少し要らない食器を処分してみませんか?気に入らないデザインや貰い物、またカップが壊れてソーサのみなんてものもあるでしょう。こういったモノが、せっかく気に入って購入した食器を使うのを阻んでいます。

お気に入りの食器を使う事で、料理のモチベーションも上がりますので、せっかくの食器を是非活用してあげてください。

キッチン掃除は収納から始めるべし

さて記事を読んでいただいて、如何でしたでしょうか?

キッチン収納を見直す事で、掃除も調理も簡単になります。調理自体の時短家事も大切ですが、そもそも無駄な動きがあればあるほど、調理時間はかかる事になります。

キッチン収納のポイントは「動線に合った収納」「不要なモノを捨てる」の二つです。特に食器は意外に増えていくものなので、一度食器棚をチェックして、気に入らない食器や欠けた食器、不揃いな食器などは処分する事をオススメします。

逆説的な言い方ですが、食器の数を減らした事で、食器が取り出しやすくなるので、今まで使わなかった食器をたくさん使えるようになります。また時間の面も、取り出すアクション数が減ったおかげで調理時間を短くすることもできます。

また掃除が面倒な三角コーナーなどは、便利グッズを利用する事で三角コーナー掃除からも解放されます。

是非お試しいただければと思います。

 - キッチン・台所の掃除