お掃除まにあ

バルサンて面倒?掃除って1日がかり?手順さえ覚えれば短時間で簡単!

2017.4.19

嫌なゴキブリ!絶対見たくない!

「1匹見かけたら30匹いる」と言います。できれば根絶させたいですよね。殺虫剤でその時の1匹を退治するよりも予防も兼ねてバルサンを焚く人が増えています。

しかしバルサンって前準備や後の掃除も面倒そうだし、1日つぶれるの?など小さな赤ちゃんがいる家庭では中々できずにいる人も多いです。

そんなあなたに教えます!やり方を覚えれば簡単!ゴキブリなしの生活に!

色々なタイプのバルサン、掃除も簡単!1日かからないタイプも!

まずバルサンの種類を見てみましょう。

効き目が一番なのは煙が出るタイプ

蓋を取って擦ると5秒くらいで煙が出て2〜3時間放置します。強力なタイプですので隅々まで行きわたり駆除できます。根こそぎ退治したい人にお勧めです。

煙が少ない水で行うタイプ

水をいれると薬が反応して30秒後に少な目の煙が出ます。2〜3時間放置します。匂いも少ないので快適です。

煙が出ない霧タイプ

押すだけで簡単に霧が出始めて煙よりもスピーディーな1時間放置でできます。煙も匂いもないので安心でお隣の人を気にする人にお勧めです。
さらにもっと香りを楽しみたいという人には霧タイプの「香るバルサン」がお勧めです。

それぞれの目的に応じて選べる事ができます。いずれにしても放置時間は1日も要せず、多くても2〜3時間で良いのです。

1日の半分で!煙タイプの強力バルサン、具体的なやり方と掃除法!

窓を閉め切り、食器戸棚や引き出しなどは閉めます。

煙式警報器は反応しないようにバルサンに添え付けのカバーをつけます。

テレビ、その他の家具は新聞紙、あるいはビニールシートを被せておきます。

子供のおもちゃや衣類も別の部屋に避難させましょう。ペットなどもその部屋に入れないようにします。

準備が出来たらあとは出かける用意を先にして、煙を最後に出すようにします。

蓋を取り蓋についているスリ板の部分と本体から出ている突起部分をこすり合わせると火がでて数秒後に煙が出始めます。気管が弱い人はマスク着用をお勧めします。

その後は2〜3時間は家に入らないようにしましょう。

帰宅後はすぐに窓を開けて30分以上は換気します。

ハイハイする赤ちゃんがいる場合ではすぐに床を拭きます。その後掃除機をかけます。

被せていた新聞紙、ビニールなどは丸めて捨てます。

テーブルの上などは軽く拭くかハンディモップなどではたき落とします。

ベッドやソファなども前もってカバーリングしていたらそのカバーを洗います。

霧タイプのバルサンなら煙無し!掃除を入れても1日どころか短時間で済みます!

前準備も後の掃除も煙タイプとほぼ変わりませんが煙が出ないというのが魅力です。

火災警報器は煙式には反応しませんがガス警報器の方にカバーをしておく、その他コンセントを外す、電池を抜くなどの処置をしておきます。バルサンが終わった後は必ず元に戻すのを忘れないようにしましょう。

念のため、ガス湯沸かし器、ヒーター等は必ず消して、ガスの元栓も閉めておきます。

食器棚、引き出し、テレビや家具などの前準備は煙タイプと同じです。

やり方は簡単!ボタンを押すだけです!

煙タイプと違うのは霧が出始めてから放置時間が1時間と短い事です。簡単で早く済ませたい人にお勧めです。

煙が出ないのでマンションなど隣接している集合住宅などにお勧めです。煙が出て火事だと間違えれる事もなく安心して使えます。

匂いも全く気にならないのも特徴です。逆によい香りの霧が出る「香るバルサン」があり、シトラス、ローズの香りを楽しむ事ができます。

水で始めるバルサンは煙と霧の中間!少ない煙で!

煙タイプより少ない煙、匂いも少ないというバルサンです。

前準備や使用後はほとんど煙タイプと変わりません。

発煙させるのに水を使い火が出ない点で安心です。やり方が少し違うので説明していきます。

蓋を取り中のアルミに包まれた金属缶を取り出す。

空の容器に水を印の所まで入れる。この時にい少なかったり入れすぎたりという事がないように気を付けましょう。

水を入れた容器を部屋の中央に置いた後に最後にアルミから出した金属缶をその中に入れます。

薬が反応して30秒後に煙が出始めます。

その後は2〜3時間放置します。

使用後も煙タイプと変わりません。煙が少ない分、後片付けをそこまで神経質にしなくてもいいという点では違いはあります。効き目も煙タイプよりは少し弱いですが匂いがどうしても気になるとか、気管支が弱くて心配という人にお勧めです。

どのバルサンにもこれを知っておくとより効き目アップ!

まず使用する場所は主に部屋の中央に置きますが、下からの侵入を防ぐとかなり効き目があります。

一戸建てで床下収納倉庫がある家では、まず収納コンテナを取り出した後にこの床下にバルサンを焚きます。その後上から蓋をしめれば部屋の中に煙が出る事無く家具にカバーをするという前準備もほとんどいりません。

床下収納がないマンションなどではキッチン流しの下の下水道に繋がるパイプ部分に焚くのも効果的です。

次に使用する機関は、動植物が目覚める春、梅雨前でもある4〜5月に行う事をお勧めします。更にこの時成虫や幼虫は退治できますが、卵には効かないのでふ化期間2週間後に更にもう1度行うとより効果的です。

ゴキブリが一番多い7〜8月がいいような気もしますがより少ない時期、繁殖機能を持たない幼虫の段階で早めの退治を心がけましょう。

 - お掃除のテクニック