お掃除まにあ

家の掃除に時間がかかる理由は?片づけと掃除は別々にすべし

2017.4.19

掃除をするととても時間がかかると思っている人いませんか?

しかし、純粋に掃除をしているだけであれば、さほど時間はかからないはずです。

大変なのは片づけながら掃除をしているからです。つまり、掃除をしながら、モノを仕舞っているから、週末の半日をつぶすような羽目になるのです。

この二つを別々に行う事が、掃除時間を短縮する鍵です。

家の掃除と片づけを一緒にしていませんか?

キレイな家と感じる要素は二つあります。

まずは衛生的にキレイな家という事です。埃がない、ゴミが落ちていない、つまり掃除が行き届いている家という事です。

二つ目は、あちこちにモノが置いていない家です。どんなに衛生的にキレイな家も、テーブルの上にDMや食べかけのお菓子、そのほか家の鍵やお財布等々おかれていたり、床に足の踏み場がなければ、やはりキレイな家とは感じられません。

しかし、この二つの要素は、元々違う動作で成り立っています。しかし、多くの人がそれを一緒に行うから掃除の時間がかかるのです。

ここでやるべき事はこの二つの要素を切り離す事です。掃除は掃除、片づけは片づけ、全く別のタイミングで行う必要があります。

掃除のタイミングは人それぞれです。毎日している人もいれば週に1回という人もいるでしょう。しかし片づけのタイミングは誰でも一緒です。それは物を使い終わったときです。

家の掃除と片づけのタイミングを分けよう

前述したように、モノを使ったら片づければ散らかりません。

一度散らかっていない部屋を掃除してみてください。驚くほど早く掃除が終わるでしょう。

もし可能であれば、床にモノを置かない生活をしてみてください。そうすると掃除機をかける時にモノをどかさなくて済むので、その分掃除機をかける時間がさらに早くなります。

ではまず何故モノが散らかるかを考えてみましょう。

それは使うからですか?

違います。モノは使わなければ存在意義がありません。

散らかる最大の原因はモノの居場所がないからです。もしくはモノの居場所が使いにくいからです。だから、モノが出しっぱなしになってしまうのです。

ならば、まずやるべき事は「モノの居場所を決める」もしくは「取り出しやすい所にモノを置く」という事です。

まずはテーブルの上にあるモノについて、居場所を決める事から始めましょう。

モノの居場所を決めれば家の片づけや掃除も簡単になる!

テーブルの上には何がありますか?

鍵、リモコン、はさみなどの文房具、携帯や携帯の充電器などが多いのではないでしょうか?

リビングでよく行方不明になるものはリモコン、携帯、鍵、携帯の充電器などではありませんか?また必要な時に中々手元にないのははさみやペン、メモ帳などあります。

例えば、電話中にメモを探して見つからなくて、チラシの隅に書いて、そのまま紛失した経験ありませんか?これを探すのに一日どれだけの時間を費やしているか考えるとその時間がとても無駄ですよね。

モノの居場所を決める方法はとても簡単です。

まず使用頻度から考えます。例を挙げるとリモコンは一日何回も使うでしょう。最近はエアコンもBDもテレビのたくさんリモコンがありますから、これをひとまとめにして何かかごか箱に入れてしまいます。そしてテーブルならばテーブルでもいいので、どこか置く場所を決めるのです。

たったこれだけでいいのです。

モノの居場所の決め方は使用頻度と使いやすさがポイント

先ほどの例で言えば、鍵も置き場所を決めやすいものです。

オススメは玄関です。何故なら、鍵というのは家に入ってしまえば用がなくなりますからリビングまで持ってくる必要はありません。また出かける時には必ず玄関を使いますから、そこに置いてあれば十分なのです。

また置き場所を決めないで、無意識にどこかにおいてしまうから、鍵が行方不明になるのです。場所を決めてしまえば、行方不明になる事もなくなります。

またこれはあくまでも主観ですが、散らかった部屋、モノの居場所が決まっていないという部屋は精神的にも影響があるようです。それは何か自分でコントロールできないモノの中という事で、気持ちも頭もなんとなくスッキリしません。逆にキチンと片付ている部屋というのは、自分でコントロールが効いている状態のため、心も頭もスッキリさせる事が出来ます。

ミニマリストというライフスタイル

最近テレビや雑誌でも取り上げられているからご存知の人も多いと思います。

ミニマリストというのは定義は色々ありますが、一言で言えば、「すべての無駄を省く生活習慣」とも言えます。

特徴として、使わないモノ、使っていないモノは極力自分の生活に入れないのです。モノが少なければもちろん片づけるのも楽ですし、掃除もずっと楽です。

確かに使わないモノに囲まれているというのは、無意味ですし、苦労も多くなります。だからこそこういった無駄からの解放をライフスタイルとして取り入れている人が増えています。

ここまで出来ればすごいと思いますが、多くの場合その無駄なモノに意味がある場合もありますので、ミニマリストのライフスタイルがベストとはいいませんが、それでも、やはり半年か1年ぐらいは自分の持ち物を見直す習慣を付けた方がいいでしょう。

使えるものを捨てるのは罪悪感があります。しかし、所有しているだけでは、モノ自体に意味がない事わかるようになると、片づけは一気に進みます。

生活を変えたいと思っている人は一度、試してみていただければと思います。

 - お掃除のテクニック