お掃除まにあ

あなたのはどこにある?部屋の掃除をするやる気スイッチの探し方

2017.4.19

部屋の掃除をするのは面倒くさいと思いませんか?

そんな時誰かが「掃除のやる気スイッチ」を見つけてくれたらいいのにって思いますよね。

しかし現実には誰も自分のやる気スイッチを見つけてくれません。自分で探すしかないのです。

ここでは掃除をやる気になるためのやる気スイッチの探した方をご紹介いたします。是非参考にしてください。

部屋を掃除するための「やる気スイッチ」の探し方

やる気スイッチというのは端的に言えばモチベーションの上げ方という事です。

掃除好きな人はもう掃除する事自体が楽しいのであり、そのやる気スイッチは簡単です。

しかし掃除が嫌い、もしくは面倒くさい、また時間がないという人のやる気スイッチは中々難しいです。

考え方は3つあります。

一つ目は我慢して掃除を終わらして、終わった報酬を自分に設定する事です。例えば、大好きなスイーツでもいいです。

二つ目は掃除の過程を楽しむ事を見つける事です。例えば大好きな音楽をかけるとかして、掃除の時間を楽しむ事です。

三つ目は掃除を毎日少しだけやるという方法もあります。例えばまとめて30分やるのは大変ですが、毎日5分程度ならば、簡単にやる気にもなりますし、さほど負担にもなりませんよね。特に忙しくて、掃除をする時間がないという人にはオススメです。

どうしても部屋掃除のやる気スイッチが見つからない人は?

どうしても掃除のやる気になれない人もいるでしょう。

確かに考え方一つで、やる気スイッチが見つかればよいのですが、そうもいかないのもまた人間です。

ならば背水の陣作戦をしてみるというのはどうでしょうか?

友達でも恋人でもかまいません。誰かを家に招待するのです。

さてあなたは自分の汚い部屋に誰か友達なり、恋人なりをそのまま入れる勇気はありますか?

ないですよね。多少なりとも見栄があれば、汚い部屋に暮らしていると思われるのは嫌なものです。つまり、自分で自分を追い詰めてしまうのです。

これなら嫌でも掃除しなくてはなりませんよね。

つまり部屋を常にキレイにしておけば、いつでもだれでも招く事が出来ます。掃除自体は楽しくないかもしれませんが、それでも部屋をキレイにしておく理由にはなります。

実際、部屋のキレイさで恋人が結婚を決意するきっかけになったというアンケート結果もあるくらいです。

部屋の掃除のやる気スイッチは人それぞれ

掃除が嫌いという人、片づけが苦手という人、でも何とかしたいと思っている人はたくさんいます。そのため雑誌やテレビでもたくさん特集されていますが、それを試してもどうにも上手く行かないという人も少なくないでしょう。

それは自分と人とライフスタイルも部屋も全然違うからです。

違う人と同じ事をしても上手くいかないのです。だからこそ自分のライフスタイルにあった掃除の習慣を見つけるしかありません。

例えば、忙しくて週末しか時間の取れない人もいれば、午前中は時間があるけど、夜は帰りが遅いという人もいるでしょう。また、日中はずっと家にいられないという人もいるはずです。

掃除は習慣です。自分のライフスタイルにあった時間に、掃除をする習慣をつけるしかありません。一度自分のライフスタイルを紙に書いてみて、空き時間がどこにあるか考えてみてはいかがでしょうか?

部屋の掃除は習慣にする事で、やる気スイッチは簡単に入る

モチベーションを上げるにも、そのハードルが高ければ高いほど、高いモチベーションを維持しなくてはいけないので大変です。ならばハードルを下げてしまえば、やる気スイッチは入れやすくなります。

そのためにも掃除は習慣化してしまうのが一番です。

例えば毎日クイックルワイパーをかけるのを習慣化するには、朝起きたらとか、夜寝る前とか自分でやるタイミングを決めてしまうのです。

毎週火曜日は、ゴミ出しと合わせて台所のシンクをキレイにするとか、毎月5日は時間をかけてお風呂掃除をするとかです。

衣替えのタイミングで入れない服を処分するとか、そういう風にタイミングを決める事で、モチベーションを上げなくても簡単にやる気スイッチを入れることができます。

いきなり1年間単位で考えるのはむずかしいので、まずは毎日する事、一週間の間にしておけばいい事、1か月の単位でやるべきことなどを書き出してみましょう。それを自分のライフスタイルに当てはめてみてください。

掃除のやる気スイッチは誰にでもきっとある!

さて如何でしたでしょうか?

ちょっと考え方を変えるだけで自分の掃除をするためのやる気スイッチが見つかるという事は判っていただけたでしょうか?

モチベーションを上げるために、自分にご褒美を設定したり、掃除自体を楽しくする工夫をすることも一つの手です。また人を部屋に招待するなどして、自分で自分を追い詰めてやる気スイッチを押すという方法もあります。

逆にモチベーションを高くしなくても、掃除をやるハードルを下げる事でやる気スイッチが入れやすくなる事もあります。具体的には掃除を特別な事としてとらえず、日常の習慣の一つとする事です。

これらは自分のライフスタイルにあったやり方でやる必要があるので、そのためにも一度自分のライフスタイルを見直してみて、その上でどういった事をすれば簡単に出来るか一度考えてみてください。

 - お掃除とメンタル