お掃除まにあ

掃除に使う【コロコロ】の正式名称は?育児中ママにコロコロがお勧めのわけ

2017.3.28

掃除道具として有名な「コロコロ」は、1983年に株式会社ニトムズが発売した商品です。

ガムテープをひっくり返して服のホコリ取りをしている女子社員を見て思いついたコロコロは、30年以上経った今でもロングセラー商品です。

このコロコロ、掃除機と違い少し掃除が面倒に見えますが、赤ちゃんのいるお母さんの掃除道具としてお勧めです。

掃除道具のコロコロの正式名称とは?

コロコロは1983年にニトムズが発売した掃除道具で、元祖コロコロですが、当時売られていた時の名前は「粘着カーペットクリーナー」や「テープ式カーペットクリーナー」です。
と言う事は、正式名称はカーペットクリーナー…と思いきや、1985年に商品名を「コロコロ」に改名しました。
その為、正式名称は愛称と同じく「コロコロ」です。

コロコロに改名したあと、昭和60年2月20日に商標登録に出願し、昭和62年5月29日に商標登録を完了されています。
商標・称呼ともに「コロコロ」で、権利者は株式会社ニトムズで登録されています。
商標登録のメリットとして、他社が似た商品も売れなくなるというメリットがあるのですが、何故か、複数のメーカーが「コロコロ」で販売していますよね。

2010年に日本記念日区協会にて、5月6日は「コロコロの日」に制定されました。
記念日に制定されるなど、株式会社ニトムズのコロコロへの愛は続いているので平成29年5月29日に存続期間が終了しますが商標登録を更新し期間を延ばすと思います。
その為、変更なく正式名称は「コロコロ」で間違いなしですね。

コロコロにも種類がある!掃除する場所によってテープを交換してみませんか?

コロコロのテープには色んな種類があるのをご存知でしょうか?
お母さん目線で選ぶコロコロテープの紹介をしていこうと思います。

平面塗り粘着

ノーマルタイプの平面塗り粘着は特に特徴はありません。
しかし特徴なく使えるため、リーズナブルな価格で売っています。
3歳頃になるとお母さんの真似する子も増えるので、平面塗り粘着を子ども用にして一緒に掃除してみませんか?
片付けや掃除の習慣づけをするときにお勧めのテープです。

すじ塗り粘着

すじ上に粘着剤がついているため、カーペットを傷めずに掃除が出来るのが特徴です。
ぱっと見綺麗になったカーペットもコロコロをしてみると小さな抜け毛などが出てくることがあります。
ハウスダストやアレルギーの原因のダニやほこりを取ることができるので、子どもには平面を、ママにはほこりを取りやすいテープがお勧めです。

スパイクドット粘着

すじ塗り粘着に丸い形状の粘着剤が重なっているテープです。
すじ塗りで大きなごみを取り、スパイク状で小さなごみを取ります。
しっかり取れるのに、生地へのダメージや糊残りがしにくい工夫がされているのが特徴です。
カーペット用を使っても取れているか不安な方や、お菓子の食べかすや鉛筆削りの粉が気になる人にお勧めです。

ダブル(強弱)粘着

強粘着の上に、すじ状で弱粘着がついているテープです。
フローリングでは引っかからずにすいすい転がすことができ、カーペットでは強粘着が引っ付きやすくなるのでしっかり掃除できることが特徴です。
場所によってテープを変更するのが面倒な方にお勧めです。

上記の種類は株式会社ニトムズが採用しているテープですが、他社では「フローリング用」「カーペット用」「布団用」「多目的用」と目的によって違うものが多く存在します。

悩んだときは多目的や平面ですが、場所によってテープを変えたりクイックルワイパーなどと併用することで掃除機要らずになります。
掃除機の音で赤ちゃんを起こしてしまうお母さんにも、コロコロはお勧めですよ。

お母さんにコロコロでの掃除をお勧めする理由

子どものいるお母さんにコロコロをお勧めする理由は以下の通りです。

赤ちゃんの時期

  1. 静かに掃除ができるため、子どもの睡眠サイクルを邪魔しない。
  2. 睡眠サイクルを邪魔しないために、お母さんの息抜き時間を確保しやすい。
  3. 気になった時に時間帯を気にせず掃除は出来る。
  4. ダニ・ホコリを取ることができるのでハウスダストやアレルギー対策になる。

少し大きくなったら

  1. 真似しやすいので掃除の習慣づけがしやすい。
  2. 単純作業でテープに埃がつくなど変化が出るので子どもも興味を持ちやすい。
  3. コンセントを使わないので安心。
  4. 多彩なデザインがあるのでお気に入りを見つけやすく、持ち歩きやすい。

掃除機の場合、出してきてコンセントをさして…と大変ですが、コロコロは転がすだけでいいのでパパにお願いするときにも便利です。
慣れない間は使い終わったテープを切り離すのに苦戦すると思いますが、切りやすいテープもあるので探してみてはいかがでしょうか?

コロコロは産後ダイエットにも?

産後ダイエットをするにも、育児や家事でなかなかできず、睡眠不足などでストレッチすらやる気の出ない方いませんか?
そんな方にもコロコロがお勧めです。

短い持ち手のコロコロを使う場合

  1. 掃除をする場所の中央に座ります。
  2. まずは前に上半身を伸ばしつつコロコロで掃除。
  3. 体制を戻して周辺も上半身を伸ばしながら掃除をします。

簡単に見えますが、ゆっくりすることでじわじわと効いてきます。
アヒル歩きなど気になる部分に負荷がかかるように歩きながらコロコロをするのもお勧めです。

長い持ち手のコロコロを使う場合

  1. 片足を大きく前に出し、アキレス腱を伸ばすような体制にします。
  2. 後ろ足をぐっと下げ、踵をあげます。
  3. コロコロを転がした後、足を戻し、また1に戻ります。

なるべくコロコロを体から遠ざけつつ掃除をすることで、全身の筋肉を伸ばすことができるんでストレッチにもなります。
また、ゆっくりと負荷をかけることで簡単に見えそうな掃除も終わった頃にはジットリ汗をかいていたり、代謝があがり痩せやすい体にもなります。

コロコロは使い方次第で育児で忙しいママの味方に!

掃除機は毎日かけるものですが、コロコロはどうでしょうか。
コロコロも日々進化しているようで、見た目が可愛いものや外出時に使えるぐらい小さいサイズや繰り返し使えるものなど様々な種類があります。

子どもが「駄目なことは駄目」と分かるようになったら、好きな色やデザインの物を探し、一緒に掃除をすることで興味を持たせることもできます。

掃除方法も転がすだけなので子どもの掃除の習慣づけには1番お勧めの掃除道具です。

また、排気もなく音もないコロコロは睡眠の邪魔をしないので育児でお疲れなママや、育児方法が分からず手を出せないけど仕事帰りに家事はしんどくて手を出せないパパにもお勧めです。

ちょっとしたアイデアで「ながらダイエット」や「家事のお手伝い」など色々できるコロコロは、ホームセンターや100円均一等で売っています。
ぜひ試してみませんか?

 - お掃除道具