お掃除まにあ

放置危険!サボっていませんか?トイレのタンク掃除

2017.4.17

人間の心理として、「目に見えない所は気にしない」という側面があります。

その最大の被害者は、恐らくトイレのタンクでしょう。

だって見えないのですから。

大掃除の時も、周りはキレイにしてもらっても中はそのままという人が多いのではないでしょうか?

しかし、トイレのタンクを放置しては危険です。場合によっては健康を害する可能性もあるのですから。

トイレのタンク掃除を放置すると本当は危険?

トイレは放っておけば、どんどん汚れる所です。というのも人が排出したものが通る所ですから。

だからこまめにトイレ掃除をする人でも、一か所盲点になっている所があります。

それが「トイレのタンク」です。

トイレのタンクというのは、中を積極的に開ける事はまずありませんよね。人によっては一度も開けた事が無いという人もいるでしょう。

しかし、考えてください。このトイレのタンクの役割を。

人間の排泄物を流す水を溜めていますよね。しかし、その水は雑菌やバイ菌に汚染されていたら、どうでしょうか?

便器も雑菌やばい菌にトイレで水を流すたびに汚染されているという事なのです。

またトイレでは誰もが無防備な場所です。雑菌やばい菌が近くにウヨウヨしていては、細菌感染しやすくなり、場合によっては病気になる事もあるのです。

だからトイレのタンクを放置するのはとても危険なのです。

まずはしっかり!トイレのタンクの掃除方法

でも数年、十数年単位で掃除しなかったトイレのタンクを開けるとなると、中々度胸がいります。しかし、ここで逃げても仕方ありません。まずはトイレのタンクを開けてみましょう。

トイレのタンクの蓋を取ると、中が見られるようになります。

そして重要なのは必ず「止水栓」は閉めましょう。トイレのタンクの傍にあり、多くの場合はドライバーを使って締められるようになっています。これが開けっ放しだと、掃除の途中に水が噴き出してしまう事もあるので注意が必要です。

途中までタンクの水が張っています。ここではまずタンクの水の上の掃除方法についてご説明いたします。

トイレの便器の注意書きを探してください。多くの場合「酸性、アルカリ性洗剤使用不可」になっていると思うので、中性洗剤を利用しましょう。洗剤をかけて、汚れた部分をブラシなど使ってキレイにします。

次にタンク内の水を抜きます。レバーを引き、水をすべて流してください。そうするとタンクの底が見えるようになるので、また洗剤をかけて掃除をします。

掃除が終わったら、タンク内にバケツなどで水を入れて、中の洗剤を流してください。

出来れば簡単に!トイレのタンクの掃除方法

前項を参考にしっかりとトイレのタンクを掃除していただきましたでしょうか?

でも先ほどの方法を毎回トイレ掃除でするのは、かなりハードルが高いですよね。となると、どうすれば簡単にトイレのタンク掃除ができるか考えてみましょう。

お近くのドラックストアに行ってください。

そこにタンク洗浄用の洗剤が売っています。洗浄剤の力を借りましょう。これらが優れているのは、薬剤を入れておけば、ある程度キレイにしてくれる事です。これならば、簡単に定期的にタンク内を掃除する事ができます。

また色付き洗浄芳香剤を使っているご家庭もあると思います。注意が必要なのは、タンク内に色がついてしまう事があります。掃除を簡単にするには、色付きは使わない方がいいかもしれません。

ただ洗浄剤の唯一の弱点は、水が無い所は、キレイにならないのです。そのために、防カビ、防菌スプレーなどを塗布してなるだけカビが付かないようにしましょう。

これだけ頑張っても、やはり最低でも1年に1回はタンク掃除が必要になります。

業者にトイレのタンク掃除を依頼したら?

どう頑張っても自分ではキレイに出来ない。もしくは少しお金を払ってもいいから、他の人にやってほしいという人ならば業者に依頼するというのも一つの方法です。

注意点はトイレのタンク清掃というのは、業者によってやっている業者とやっていない業者があります。「タンク周り」はタンクの中を含みませんので、タンク内清掃をやっている業者かどうかの確認が必要です。

タンク内のみというのは少なく、他の場所込みとなるケースが多く、おおよそですが数千円〜1万円程度でやってもらえる事が多いようです。

インターネットで検索すると、複数の業者をまとめてご紹介しているサイトもあります。口コミなども載っているので参考にしていただければと思います。

また、どうしても、作業内容によって追加料金など発生する事もありますので、もしかしたら予想以上に高くなる事もありますので、事前に「追加料金は必要になる事はあるのか?」「他に別途請求される費用はあるのか」などを確認しておきましょう。

トイレのタンクをキレイにすれば、トイレ掃除も楽になる!

さて如何でしたでしょうか?トイレのタンク掃除の重要性はご理解いただけたでしょうか?

実を言うとトイレのタンク掃除というのは、トイレ掃除の中でも結構重要な地位を占めていたのです。

何故ならタンクの水がキレイだと、便器への汚れもつく機会が減ります。その結果、トイレ掃除は楽になるのです。

まずはトイレのタンクの蓋を開ける事から始めましょう。またタンクの蓋は壊さないように気を付けてください。特に陶器製は壊れてしまうと大変です。

中性洗剤とブラシを用意して自分でしてもよし、ちなみに柄の長いブラシが一つあると便利です。また業者に頼んでもよし。

一度タンク内の掃除が終わったら、しばらくは洗浄剤などを利用していてもいいです。ただ洗浄剤を利用していても、水の無い部位は別途掃除が必要なので1年に1回はやはり、掃除をした方がいいと思います。

 - トイレ掃除