お掃除まにあ

キッチンの換気扇掃除でオススメの洗剤と使い方

2017.4.17

キッチンの換気扇掃除というのは、大掃除の中でも難所の一つです。多くの場合、力を込めて擦る必要性のあることから、主に男性が受け持つことが多いようです。

しかし、大掃除を一緒にしてくれる旦那ばかりではありません。その結果カリカリしながら、換気扇掃除を必死でやっている奥様に是非参考にしてほしい、換気扇掃除を楽にしてくれる洗剤と使用方法についてご説明いたします。

キッチンの換気扇掃除にオススメの洗剤

キッチンの換気扇は掃除された経験のある方はご存知のように、とても大変な作業です。

その原因は、キッチンで使われる油などに埃が付着した仕舞った所為です。つまり埃を油でコーティングされている訳ですから、その辺の洗剤で歯が立ちません。

オススメの洗剤一つ目は、油落とし専用の洗剤です。

1年に1回掃除するのにもったいないと思う人もいるかもしれませんが、やはり通常の洗剤と比べて強力なので、汚れを落とすのも、比較的楽です。

オススメの洗剤二つ目は、「重曹」です。

おばあちゃんの知恵的な扱いだったのが、最近はエコでリーズナブルな点が受けて、若い人も使う人が増えています。市販の洗剤と比べて、「口に入れても問題なし」という点から、特にキッチンで使われる事が多くなっています。

三つ目のオススメ洗剤は、「セスキ」です。

セスキは重曹よりもアルカリ性が高く、水溶性です。

オススメ洗剤を使ったキッチンの換気扇掃除方法

まず共通の換気扇掃除方法をご説明いたします。

多くの場合、洗剤をスプレーでかけて、スポンジやたわしで擦るという方法を取っている人が多いと思います。これは労力ばかりかかって、さほど効果が上がりません。

オススメなのは、つけ置き洗いです。換気扇が入る入れ物があればそれをご利用いただいてもいいのですが、中々大きな入れ物が必要になりますので、スーパーでもらえるような袋で代用可能です。ただし、破れないように注意してください。

そして、換気扇を袋の中に入れて、万便なく洗剤を塗布します。そして、キッチンペーパーでその部分を覆いましょう。ほっておくと洗剤は流れてしまうので、キッチンペーパーでパック替わりにします。

そして一晩放置します。

翌日に袋を開けて、キッチンペーパーをはがして軽くスポンジで擦ってみてください。旦那の力でなくても簡単に汚れが落ちるようになります。

重曹を洗剤として使ったキッチンの換気扇掃除方法

重曹が洗剤として見直されていますが、いざ買ってきたものの「使い方が判らない」とキッチンの隅で眠ってしまう事はありませんか?

重曹の使い方をご説明いたします。

重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になります。そのため、油汚れなどの酸性の汚れ落としに威力を発揮します。重曹を水に溶いて利用してもいいのですが、オススメなのは、この重曹水を沸騰させる使い方です。
沸騰させると、化学変化が起こって、強アルカリ性になるのです。これを炭酸ソーダ水と言います。

換気扇の掃除方法については前項でご説明した通り、つけ置き洗いがオススメです。

さて重要なのは割合です。目分量だと、気まぐれ料理と一緒になってしまいます。そうにはらないようにきちんと分量を量りましょう。おおよその目安として、2.5リットルに対して、1/4カップの重曹を入れるといいようです。

キッチンの換気扇掃除をもっと楽にする方法

キッチンの換気扇にレンジカバーやフィルターを使っている人も多いと思います。

問題なのはこのレンジカバーやフィルターをいつ交換するかです。

もしかして「色が変わってから」「換気扇掃除と同じタイミング」なんて事ありませんか?

それではだめです。特に家で頻繁に揚げ物をされるご家庭であれば、2週間〜1か月に一度交換する事をオススメします。

何故かというと、それはこのレンジカバーやフィルターの役割を思い出してください。換気扇を汚さないために使っていますよね。それなのに、もう汚れはカバーできないという状態まで放置しておいては、全く意味がなくなってしまうのです。

逆に頻繁に交換する事で、換気扇まで汚れが行くのを防いでくれます。

これだけでも随分換気扇掃除が楽になるでしょう。

例えば2週間や1か月交換する人は忘れないように、日付を固定して交換の日と決めてしまうと、交換し忘れがなくてオススメです。

キッチンの換気扇掃除は夏がオススメ

夏というのは、温度が上がりますので、当然油も溶けやすい温度です。それなのに、私たちは今まで、一番油が落ちにくい冬に換気扇掃除をしていました。これでは余計な苦労を増やしているだけです。そのためにも、換気扇掃除はまず夏に行いましょう。

ご説明しました通り、この記事を参考にしていただければ、油汚れを力で落とす必要はありません。こまめにレンジカバーやフィルターを定期的に交換してもらい、実際の掃除の時は、洗剤を塗布して、つけ置き洗いするだけでいいのです。

朝起きて、軽く擦って洗剤を水で流す、これだけであの大変だった換気扇掃除がほぼ完了します。

たかが換気扇掃除をしただけで、旦那に大きな顔をされる時代は終わりを迎えました。簡単になった換気扇掃除は妻がやって、旦那には窓ふきやお風呂掃除などもっといろんな事を頼みましょう。

 - キッチン・台所の掃除