お掃除まにあ

お風呂の汚れの集大成!? 排水トラップの掃除の仕方!

2017.4.17

お風呂場はその性質上、どうしてもカビや石鹸カス、水垢・湯垢と言った汚れが付きやすい場所ですね。

しかし、こうした汚れを落として、満足してはいませんか?

目に見え辛いけれど、重要な場所のお掃除を、忘れてはいませんか?

その場所こそ、”排水トラップ”です!

様々な汚れが溜まりやすいこのお風呂の排水トラップ、どのように掃除をすべきなのか、見ていきましょう!

お風呂掃除のラスボス!? 排水トラップの掃除、してますか?

ついつい、見える場所――壁や浴槽、鏡に床に天井の掃除ばかりに気を取られ、排水トラップ自体の掃除を怠っていること、ありませんか?

排水トラップは、お風呂に入って体を洗えば、その石鹸カスや汚れが流れますし、髪の毛も溜まります。更には浴槽のお湯を捨てたらここに流れるのですから、浴室のすべての汚れが集結する場所であり、お風呂掃除のラスボスと言っても過言ではない場所です。

そもそも、排水トラップとは、排水口に常に水を一定量溜めておくよう、特殊な形状になっています。

「水が溜まるなんて、余計不衛生では?」と思うかもしれませんが、この溜まった水は、排水管本体と浴室の排水口を遮断してくれる、言わば”蓋”の役割を持っています。

この蓋がないと、どうなるのかというと、排水管を詰まらせるゴミが流れ込む、排水管のニオイが浴室に逆流する、排水口から害虫が侵入するといった弊害をもたらします。

ただ、やはり、不衛生になりがちな場所。

お風呂場で出た様々な汚れが溜まることになりますから、こまめに掃除をする必要があるのです。

お風呂の排水トラップの掃除は、各部品を一つずつ綺麗にしよう

お風呂場の形状によって、排水トラップの形状には違いがありますが、大抵のお風呂の排水トラップは、以下のような部品に分かれています。

  • ヘアキャッチャー(網)
  • 封水筒
  • 排水ピース(蓋)
  • パッキン

この部品、それぞれについた汚れを、歯ブラシなどで掃除していきましょう。

ヘアキャッチャーは網状のもの、封水筒はろうと型の部品であり、その下の排水ピース(排水口の上に置かれた蓋)と共に使うことで、排水口に必ず一定の水が溜まるような仕組みになっています。

これらは、排水トラップ本体についている突起に噛ませて半回転させるような方式で固定されていますが、手で簡単に外すことができます。

水圧や掃除の頻度によっては、固くなっていることもありますが、何か器具を使うと、突起が折れる可能性もありますから、出来るだけ手で外すようにしましょう。(勿論、汚れがつかないよう、ゴム手袋は着用してください)

そして、初めて封水筒を外した時、多くの人が、その汚れに驚愕することになると思います。

ヘドロ状になった水垢・湯垢・石鹸カスなどが付着してしまっている可能性が高いからです。

お風呂場の排水トラップを詰まらせないために、髪の毛は専用の洗剤を使って溶かそう

こうした汚れは、ついついお湯で流してしまいがち。

しかし、それはちょっと待った!

もし、排水トラップに、髪の毛などのゴミが溜まっていて、これをそのまま流してしまうと、排水管が詰まってしまう恐れがあるからです。

特にマンションなどの集合住宅での排水管の詰まりは、階下の家への浸水や、大掛かりな排水工事が必要になる可能性もあります。
絶対、ゴミを流さない!と考えたほうがいいでしょう。

排水トラップの掃除の際は、付いていた汚れで取り除けるものに関しては、出来るだけビニール袋などに入れて捨てるようにしましょう。

付着したゴミを除去した後のそれぞれの部品の掃除は、一般的なお風呂用洗剤でも十分でしょう。

もし、カビが生えていたのなら、カビ取り洗剤を使うのもいいでしょう。

問題は、排水口本体です。

ここに、髪の毛などの汚れが溜まっているようであれば、ブラシなどで取り除けるなら取り除き、もし届かないのであれば、髪の毛を溶かすことができる薬品を使う必要が出てきます。

排水口が完全に塞がってしまう前に、パイプユニッシュなどと言った、浴室の排水口掃除専用の洗剤を用いて溶かしてしまいましょう。

お風呂の排水トラップにも、”あのコンビ”は協力な助っ人!

一度排水トラップの掃除をすれば、しばらくの間は、大掛かりな掃除は必要ありません。

が、やはり、こまめに掃除をして、清潔な状態を保ちたいものですね。

排水トラップに汚れをためやすくする一番の要因は、何と言っても髪の毛です。

ヘアキャッチャーがあるとは言え、すべての毛を留めることは出来ませんから、まず、髪の毛が流れ込まないよう、ヘアキャッチャーを見直しましょう。

もし、もっと目の細かいものが使えるのであれば、それに取り替える、使い捨てのフィルターを上に設置する、そして毎日の掃除の際に、かならず溜まったゴミを取り除くことで、汚れは一層軽減します。

その上で、次に溜まりがちな皮脂や石鹸カス、水垢などを溜めない工夫が必要になります。

しかし、これも手順さえ覚えてしまえばとても簡単です!

最近、人にも環境にも優しい洗剤として注目されている、”重曹”と”クエン酸”、この2つを使うんです。

排水トラップも綺麗に・清潔にして、初めて気持ちのいいお風呂になる

重曹とクエン酸を準備したら、以下の手順で排水トラップに流しましょう。

  1. 計量カップ半量の重曹を、ヘアキャッチャーを外した排水トラップにふりかける
  2. その上から、同量の粉末のクエン酸をふりかける
  3. ぬるま湯(40度程度)のお湯を1カップ注ぎ、5分ほど放置する。

重曹が、酸性の汚れである皮脂やカビなどの汚れ、クエン酸が、アルカリ性の汚れである水垢や石鹸カスの汚れに効果を発揮するため、一度に使えば同時にお風呂場の汚れの4つを落とすことが出来るんですね。

また、重曹とクエン酸を同時に使用すると、発泡して二酸化炭素が出ますが、この泡の効果もあり、汚れが取れやすくなります。

ただし、この2つを使っている時、別の性質の洗剤を使うと、今度は有毒なガスが発生することがありますから、特にパイプ掃除のための強い洗剤を使った後などは、日をおいて使うようにしましょう。

汚れが溜まっているのに、ついつい目をそらしたくなる排水トラップですが、本当に綺麗で生活なお風呂にしたいのであれば、ここの掃除は欠かすことが出来ません!

是非、この機会に、排水トラップの掃除に着手してみましょう!

 - お風呂掃除