お掃除まにあ

万能選手のクエン酸&重曹 お風呂掃除にだって大活躍!

2017.4.12

日々のお掃除に、クエン酸や重曹はとても優秀な相棒ですね。

他の洗剤に較べて手肌に優しく、地球に優しく、その上効果も抜群なんですから、使わない手はありません!

と、この”黄金コンビ”、お風呂掃除にも有効だということをご存知ですか?

お風呂掃除のどんな場所に、クエン酸や重曹が使えるのかを見ていき、早速、今日から取り入れてみませんか?

クエン酸と重曹をお風呂掃除に使うなら、まず汚れの性質を知ろう!

言うまでもありませんが、その名の通り、クエン酸は”酸性(弱酸性)”の性質をもっています。

ですから、”アルカリ性”の汚れに対して、抜群の効果を発揮するんですね。

対して、お風呂場の汚れで、アルカリ性のものは、以下の2つです。

  • 水垢
  • 石鹸カス

このどちらも、一度こびりつくと、なかなか落とせない頑固な汚れですね。

一方重曹は”アルカリ性”の性質を持ちますから、クエン酸とは逆に、”酸性”の汚れに効果を発揮します。

加えて、この重曹、研磨剤代わりにも使えます。

そして、アルカリ性の汚れは以下の通り。

  • 皮脂汚れ
  • ピンクカビ(ロドトルラ)

流石に、発生してしまったカビ、そして目に見えないほどの細かなカビの菌糸を、この2つで”殺菌”することは出来ません。
ですが、カビの発生と増殖を、クエン酸と重曹の掃除で抑制することは可能です。

他の場所の掃除でも同じく、お風呂掃除でもこの酸性・アルカリ性の汚れを知り、効果がある方を使い分けることが重要だと言えるでしょう。

お風呂掃除の難敵、水垢と石鹸カス! クエン酸で溶かして落とそう

では早速、まずはクエン酸を使ったお風呂掃除の方法を見ていきましょう!

まずは”水垢”です。

この水垢、水道水に含まれる金属イオンが蓄積したものであり、主な成分はカルシウムとマグネシウムです。

水が蒸発すると、その場所に蒸発せずに取り残されたこの2つの成分が残り、それが何度も繰り返されることにより、(特にわかりやすい例では)鏡の表面に、うろこ状の白い模様を残すのですね。

続いて”石鹸カス”ですが、これも実は、石鹸そのものではなく、石鹸の成分と、水に含まれる金属イオンが化学的に結合して生じる”金属石鹸”が元になっている汚れです。

石鹸そのものではないですから、水やお湯に溶けず、壁にこびりついてしまう性質を持ってしまうのです。

この2つの汚れに対し、

水200mlに対して小さじ1杯のクエン酸

このクエン酸水を、スプレー容器などで吹付け、スポンジなどで優しくこすり洗いをし、シャワーで流しましょう。

軽い汚れであるならば、この方法で簡単に落とすことができます。

最後に、ワイパーや乾いた布で、残った水滴を拭き取れば完璧です!

クエン酸を使ったお風呂掃除 注意点はある?

問題は、鏡や浴槽にびっちりついて、一度のクエン酸スプレーで取り切れないほどになってしまった頑固な水垢・石鹸カスの対処法です。

こんな時は、”湿布法”という方法を試してみましょう。

湿布法とは、クエン酸水をキッチンペーパーやボロ布・ガーゼなどに染み込ませ、汚れのひどい部分に貼り付ける、お掃除のテクニックの一つです。
(クエン酸水だけでなく、お酢や重曹水などでも利用できる方法です!)

布などに含ませて貼り付けることで、水分が垂れていかず、汚れの上に長く留めるため、垂直に備え付けられた鏡などに、まさにうってつけの方法です。

更に、この上からラップを貼り付けて水分の蒸発を防げば、更に汚れにクエン酸水が長く密着するため、頑固な水垢・石鹸カスもじわじわと溶けていきます。

一度の湿布法で取り切れなくても、二度、三度と繰り返すことで、徐々に汚れは薄まり、最終的には除去できます。

ただ、クエン酸水は、天然・人工大理石には使用することが出来ない他、鉄製品を錆びさせる性質を持っています。

こうした場所には使わないようにしましょう。

また、クエン酸水と塩素系洗剤が混ざると、有毒ガスが発生します。

この点にも注意し、しっかり洗い流しましょう。

重曹だってお風呂掃除に大活躍!スプレーにペースト、使い分けよう

では、重曹を使ったお風呂掃除について見てみましょう。

重曹も、クエン酸水と同じ分量(水200mlに対して小さじ1杯)の分量で”重曹水”を作成できます。

もし、つけおき洗い用に大量に作る時には、2Lの水に対して重曹を大さじ6杯いれた濃度で作りましょう。

皮脂汚れに対し、スプレー容器で重曹水をスプレーしたら、優しくスポンジで擦った後、洗い流すのが基本ですが、例えばタイルの目地のように、隙間に詰まってしまってこびりついた汚れに対しては、”重曹ペースト”を使うことをおすすめします。

重曹ペーストの作り方も簡単です。

重曹と水を3:1の分量で混ぜ、ペースト状にするだけです。

このペーストを、歯ブラシなどの先に付け、こびりついた汚れをこすり落としましょう。

ただ、注意点があります!

重曹ペーストは、いわば「研磨剤」です。

強く擦れば、プラスチック製品や金属、鏡の表面などに細かな傷が付くことがあります。

ですから、使う場所には十分注意する、そして力を入れすぎないことを忘れてはいけません。

クエン酸+重曹の発泡力で、排水口のぬめりともサヨナラ!

素手では触りたくない、ヌルヌル、そして溜まった汚れでドロドロのお風呂場の排水口にも、クエン酸と重曹は有効です!

まず、排水口に計量カップ半分の重曹をふりかけ、更にその上から、同量(100ml)のクエン酸水または酢、そして40度ほどのお湯を流します。

こうすることで、重曹とクエン酸が化学変化を起こし、発泡します。

この泡が、たまったヌルヌル汚れを溶かし、更に排水口のいやな臭いも落としてくれます。

1時間ほど放置したら、最後にもう一度、40度ほどのお湯を流せば完了です!

※この時、ガスが発生しますが、これは二酸化炭素であり、人体にも影響ありません。

重曹とクエン酸・酢でのみ、この方法を使いましょう。

また、熱湯を流すと排水パイプの破損に繋がりますから、ぜったいにやめましょう。

勿論、今まで見てきた汚れは、お風呂掃除専用の洗剤を使うことで落とすことは出来ます(だって、それ専門の薬品ですから…)。

しかし、手肌の荒れや刺激臭、そして取り扱いに十分注意が必要な薬品を使うより、人にも環境にも影響が少なく、かつ掃除効果がしっかりとあるクエン酸と重曹を使わない手はありませんよね。

是非、日頃のお風呂掃除にも、クエン酸と重曹を使ってみましょう!

 - お風呂掃除