お掃除まにあ

お風呂掃除の頻度を減らすには汚れをためないこと

2017.4.12

お風呂掃除は面倒くさいと思う方が多いと思います。

お風呂場は毎日身体の汚れを落とす場所なので、汚れもたまります。

お風呂の汚れの中でも、目立つのは鏡や蛇口の水垢で、少しでも掃除を怠ると蓄積して落ちにくくなってしまいますし、見た目にもよくありません。

そして、排水口の掃除もお風呂掃除でやりたくないところにあげる人が多いのですが、汚れがたまると水も流れにくくなり悪臭の原因にもなりますので、そうなる前に掃除をすることが大切ですし、汚れがたまる前のこまめな部分掃除で、お風呂掃除の頻度を減らすことができます。

お風呂掃除の頻度を減らすには効果的な洗剤選びから

お風呂の掃除で落とすのが大変な汚れは、鏡や蛇口の水垢がまず思い浮かびます。

水垢は落としてもまたすぐに付きだすので厄介な汚れです。

その水垢を取るにはどのようにしたらよいのでしょうか?

洗剤は色々ありますが、水垢が蓄積してしまうと普通のバス洗剤では落としきれませんし、クレンザーや水垢とりスポンジなどは気を付けないとキズを付けてしまう可能性もあります。

そのような時は、クエン酸を試してみましょう。

クエン酸は水場の、水垢、石鹸カス、トイレの黄ばみ、尿石、アンモニアの臭いなどに効果を発揮しますし、消臭や抗菌効果もあります。

このような効果があるので、お風呂掃除だけではなく、トイレ掃除、洗面所の掃除、キッチンの掃除などに活躍します。

ただ、使用する時の注意点があり、有毒ガスが発生するので、塩素系洗剤とは絶対に一緒に使わないで下さい。

そして、大理石など使えないものもありますし、錆びる可能性のある鉄、アルミ製品には使えません。

お風呂がタイルの場合はタイルの目地は避けましょう。

また、肌の弱い方やキズがある場合は、手袋を使用して下さい。

お風呂掃除の時間と頻度が減るお風呂のついで掃除

クエン酸水を作りますが、スプレーボトルに入れると使いやすくて便利です。

クエン酸水は、スプレーボトルに水200mlを入れたら、クエン酸粉末小さじ1杯を入れて混ぜて作ります。

汚れがひどい時はクエン酸の量を増やして濃い目のクエン酸水を作るとよいですね。

鏡の白くなっている水垢を取るために、キッチンペーパーと濃い目のクエン酸スプレーで湿布して、数時間おきますが、途中で乾いたら再度クエン酸スプレーをして下さい。

その後、キッチンペーパーを取り除き、スポンジでこすり洗いをしてからシャワーでよく流すと、きれいに水垢が落ちて鏡がピカピカになります。

一回で落としきれない場合は、クエン酸の湿布を何回か行って下さい。

蛇口も同様にキッチンペーパーとクエン酸で湿布をしてから、スポンジなどでこすり洗いをした後にシャワーできれいに流しましょう。

鏡や蛇口の白い水垢がきれいに落ちて、ピカピカになると気持ちがよいですね。

この状態を保つには、お風呂上がりにクエン酸スプレーでサッと洗っておくと、水垢も付きにくくなってお風呂掃除の時間も頻度も減らすことができます。 

排水口のお風呂掃除の頻度は定期的にすること

次は排水口ですが、お風呂掃除の中でもあまりやりたくない場所ですね。

排水口は髪の毛や皮脂汚れなどがたまり、ピンク色のヌメリやカビなども生えやすい場所ですが、排水口の掃除を先延ばしにしているうちに、細菌やカビが繁殖したり汚れもたまり、水の流れも悪くなってあふれてきたりします。

このようなことにならないように、定期的に排水口の掃除をすることが大切です。

排水口掃除には、クエン酸と重曹を使って掃除をしますが、この2つ合わせると発泡の力で汚れが落ちやすくなります。

まず、排水口に重曹の粉末を振りかけたら、クエン酸粉末を上から振りかけ、コップ1杯くらいのお湯をかけると発泡しますので、しばらくそのままにして汚れを浮き上がらせてから、シャワーで流すと汚れがスッキリと落ちますし、消臭効果も期待できます。

排水口掃除はあまり汚れないうちに掃除をすることが大切なので、排水口の掃除の頻度は定期的に行った方が少ない手間ですみますね。

また、お風呂やシャワー時の終わりにシャワーで流しておくだけでも汚れの付き方が違います。

湿布効果でスッキリときれいに汚れを落とす

壁や床のカビは、カビ取り剤で取りますが、カビがひどい場合はカビ取り剤をかけた上にラップをすると、液だれ防止にもなりますしカビ取り剤が密着します。

使用後はシャワーで十分に流すことが大切です。

また、塩素系のカビ取り剤とクエン酸は絶対に一緒に使わないようにして下さい。

浴槽の掃除は、お風呂に入った時のお湯があるうちが汚れが落ちやすく、お湯がある状態でスポンジで軽くこすり、浴槽の内側の表面に付いているザラザラした汚れを取りましょう。

その時に浴槽のふちや外側もスポンジで軽くこすり洗いをしておきましょう。

その後、お湯を全部抜いてシャワーで流すと簡単に浴槽掃除ができますし、これなら毎日できますね。

また、汚れがひどい時は、キッチンペーパーと濃い目のクエン酸スプレーで湿布をして、しばらくおいてからスポンジなどで洗いシャワーできれいに流しましょう。

お風呂の床の黒ずみは、汚れている部分にキッチンペーパーと濃い目のクエン酸スプレーで湿布して、その上にラップをして数時間置いてから、敷いてあるキッチンペーパーとラップを取り除きスポンジなどで洗いシャワーで流しましょう。

しつこい汚れの場合は、この作業を何回か行うと黒ずみが落ちて、スッキリときれいになります。

汚れの蓄積を防いでお風呂掃除の頻度を減らすには毎日のまめな掃除が大切

お風呂は一日の疲れを癒す場所ですが、汚れているお風呂では、汚れが気になってしまいリラックスできませんしそれ自体がストレスになります。

お風呂場は汚れが付く箇所がたくさんあり、一度にお風呂全体を掃除するのは大変で疲れます。

水垢はお風呂やシャワーに入るたびに、鏡や蛇口に蓄積されて落としにくくなっていきますので、そうならないうちに落としてしまうことが大切です。

あまり汚れがひどくなると、掃除のプロに頼むしかなくなりお金もかかります。

お風呂掃除は普段からの心がけが大切で、毎日のお風呂あがりやシャワーの後の、ついでにできる掃除をするだけでも汚れの付き方も減りますし、お風呂掃除の頻度も減らすことができます。

掃除をしてきれいになったお風呂場や、水垢を取ってピカピカな鏡や蛇口はとても気分がいいですね。

汚れのないきれいなお風呂でリラックスして1日の疲れを癒しましょう。

 - お風呂掃除