お掃除まにあ

浴槽の黒ずみの原因は?掃除をしても落ちない黒ずみの対処方法

2017.4.12

浴槽の黒ずみというのは、いくら掃除していても、何故か発生しますよね。

これを放置しておくと大変です。場合によっては、賃貸などにお住まいの場合、退去時に黒ずみのクリーニング費用が発生してしまう事も。結局自分でやるか、人にやってもらうかの違いではありますが、自分でやれば無料ですが、他人にやってもらえばお金がかかります。

浴槽の黒ずみの対象方法についてご説明いたします。

浴槽の黒ずみは掃除でキレイになる?

基本的にはキレイになります。ただこれも原因によってです。

黒ずみというと多くの人は黒カビを思いつきますよね。もちろん黒カビの事もあるのですが、最近のお風呂の床は素材的に黒カビがつきにくいのです。余程掃除をさぼっていない限りは、黒カビよりも、むしろ「水垢」である可能性の方が高いのかもしれません。

水垢が原因であれば、歯磨き粉と固い歯ブラシで落とせる事が多いようです。歯磨き粉には研磨剤が含まれていますので、簡単に言えばブラシで黒い部分を擦って落とすことになります。傷がつきやすい床には使えないので注意しましょう。

床が大理石のような素材でなければ、「クエン酸洗剤」が使えます。黒ずんだ所を良く拭いて、ペーパータオルで覆って、その部分にお酢をかけます。そのままラップで覆って乾燥を防ぎます。3時間ほど放置して、その後この洗剤を使ってブラシでゆっくりと擦ると黒ずみが簡単に落ちます。

浴槽の掃除の前に、黒ずみの原因を知ろう!

黒ずみの原因が水垢だとして、何故この水垢が出来てしまうのでしょうか?

水垢というのは、水道水にカルシウムなどが含まれているのですが、それが凝固する事があります。そこにお風呂場で使うせっけんなどが上にコーディングされてしまって、いつの間にか黒ずみになってしまうのです。

これも、カルシウムだけならば、まだ掃除は簡単、石鹸だけでも掃除は簡単なのですが、これが二つくっついてしまうと、とても強固になります。

黒ずみの掃除方法として「歯磨き粉と歯ブラシ」を使った方法をご紹介しましたが、これははっきりいって力業です。それに比べて「お酢とクエン酸洗剤」の方法は、化学変化を利用します。

水垢は酸で溶解しますので、普通の洗剤よりも「クエン酸」で緩めてから磨く方が力は要りません。

ただし、長年の水垢がいくら頑張っても、新品同様にする事はかなり困難です。ある程度キレイになったらそれ以上はキレイになりません。

浴槽の黒ずみは「黒カビ」が原因?黒カビの掃除方法

黒ずみが水垢の場合は、ある程度キレイになりますが、黒カビが原因だった場合、かなりの強敵です。

カビと言えば「カビキラー」を思い出す人が多いでしょう。確かに「カビキラー」はかなりのパワーがあります。しかしこの強力な洗剤を、床一杯にかけまくるのは中々大変です。もしこの方法を取る人は、まずは、換気を十分にして、素手などでは極力扱わず手袋などを使いましょう。

締め切った場所で強力な洗剤を使うのはオススメできません。

なんとなく強力洗剤に抵抗を感じる人には、「重曹」がオススメです。

昔から重用されてきましたが、洗剤の機能が発展するとともに一時廃れていましたが、ここ数年また環境や体に優しいという事で見直されてきました。

使い方は簡単です。重曹を水で溶きます。ペースト状になるぐらいに水を調節して入れてください。そして、それをカビの部分に塗りつけて、やはり乾燥しないようにサランラップでカバーするのがポイントです。そのまま半日放置の後、歯ブラシなどで擦りましょう。これでかなりキレイになります。

退去時に浴槽の黒ずみがひどいと、クリーニング費用がUP?

賃貸に住んでいる人はいつか退去する事になります。

その時部屋の状況に応じて敷金がどの程度返却されるかが決まってきます。

もちろん敷金というのは基本預り金扱いです。全額戻してもらうのが基本です。

しかし、賃貸の場合は「現状回復」がルールとして定められているので、入居時の状況に戻さなくてはいけません。戻せない場合は、その分リフォームで戻すので、その分を借主と貸主である程度割合分負担することになります。

そのリフォームの割合負担が敷金で清算されるのが一般的です。

つまり敷金を出来るだけ戻したければ、部屋をキレイに保つ必要があります。

もちろん「経年劣化」という考え方もありますので、ある程度部屋が傷んだり、汚れたりするのは仕方ありません。しかし黒ずみや黒カビがあまりにひどいと、「経年劣化を超えて使用状態が悪い」と判断され、その分のクリーニング費用が発生する事があります。

浴槽の黒ずみは、放置厳禁!きちんとキレイにする事が肝心

どんなに頑張ってもキレイにならなければ、もういいやと諦めてしまうのが人間です。

でも放置した結果、誰も入りたくならない風呂場になってしまったら、風呂好きの日本人としては日常の憩いの場所を失ってしまうのです。

また賃貸の場合はそれが、敷金の返金額にも関わってきますので、やはり黒ずみは出来るだけ除去する事が望ましいでしょう。

黒ずみは大きく二つ原因があります。

一つ目は水垢です。これはどちらかというと軽症の部類。クエン酸洗剤とお酢、もしくは、歯磨き粉と歯ブラシで十分除去可能です。

二つ目は、重症にあたる黒カビです。こちらは色々厄介です。カビキラーのような強力洗剤を使うか、重曹などで時間をかけるかの方法があります。

また黒カビなとは日々のお風呂の使い方で十分に防止する事が出来ますので、一度冷水シャワーや浴室乾燥などを駆使して試してみてください。

 - お風呂掃除