お掃除まにあ

トイレの頑固な水垢落としにはクエン酸が効果的

2017.4.12

トイレの便器やトイレタンクのフタ、手洗いシンクには水垢が付きます。

そのままにしておくと、水垢がこびり付いてしまい落とすのに手間と時間がかかってしまいます。

苦労して落としてもすぐにまた付いてしまう水垢はとても厄介ですし、頑固な水垢は、スポンジやブラシでこすっても落ちません。

そのような場合、水垢落としにはクエン酸が効果を発揮しますのでおすすめです。

また、クエン酸はトイレの他の汚れも落とせて、消臭や抗菌効果もあります。

トイレの水垢落としには酸性のクエン酸が効く

トイレの汚れは便器の黄ばみや水垢、床や壁の尿の飛び散り汚れなどがありますが、その中でも落としにくいのが水垢ですね。

水垢は、普通の洗剤でゴシゴシとこすっても落とすことができないとても厄介な汚れです。

そもそも、水垢の正体はどのようなものなのでしょうか?

水道水の中にはカルシウムやミネラルがありますが、水分が乾くとそのカルシウムやミネラルが残って水垢になります。

そして、この水垢が蓄積していくうちに頑固になって落としにくくなり、ブラシでこすっても落ちません。

この頑固な水垢はどのようにして落とせばよいのでしょうか?

水垢の汚れはアルカリ性ですので、酸性のもので落とすことができます。

そこで効果を発揮するのがクエン酸で、酸性のクエン酸は水垢のカルシウムやミネラルを溶かして落とします。

ですので、このクエン酸で水垢を落としましょう。

クエン酸がトイレの水垢落としに効果を発揮してピカピカになる

まずは、クエン酸水を作ります。

スプレーボトルに水200mlとクエン酸粉末小さじ1杯を入れてよく溶かします。

また、汚れがひどい場合は、クエン酸の量を多めにして作りましょう。

クエン酸の注意点は、鉄やアルミ製品は錆びるので使えません。

その他にもクエン酸には使えないものもあり、大理石やタイルの目地、タンク内の掃除にも使えませんので注意して下さい。

有毒ガスが発生するので、塩素系洗剤とクエン酸は絶対に一緒に使わないで下さい。

また、肌の弱い方は手袋を使用して下さい。

それではトイレの便器の水垢を落とします。

便器の中にまんべんなくクエン酸スプレーをしたら、スポンジでこすり洗いをして落とします。

頑固な水垢には、トイレットペーパーとクエン酸スプレーで湿布をしてしばらく時間をおいてから、スポンジでこすりますが、湿布している途中でクエン酸水が乾いてきたら、再度クエン酸スプレーをして下さい。

水垢が落ちきれない場合は、この作業を何回か続けましょう。

クエン酸で水垢を落とした後の便器は、きれいにピカピカになります。

トイレタンクのフタは水垢落としスポンジが活躍する

クエン酸が使えない場所では、研磨材入りの洗剤や研磨スポンジなどを使用しますが、その場合はキズを付けないように気を付けながら水垢を取りましょう。

トイレの水垢は便器だけではなく、トイレタンクのフタの水が出る所やトイレの中にある小さな手洗いシンクなどにも水垢が付きます。

トイレの中の手洗いシンクは、シンクの中にクエン酸スプレーをしてスポンジでこすり洗いをして水を流します。

しつこい水垢には、キッチンペーパーとクエン酸スプレーで湿布をしましょう。

トイレタンクのフタの水が出るところは、クエン酸での水垢落としは避けましょう。

理由は、トイレタンク内には金属の部分があり、クエン酸は使えないためです。

ですので、トイレタンクのフタの水垢は、水垢とりスポンジでキズを付けないようにやさしく少しずつ水垢をとっていきましょう。

この時に決して強くこすらないように注意して下さい。

そして、トイレタンクのフタを水垢とりスポンジでこすった後は、雑巾などで拭き取りましょう。

水垢だけではないクエン酸の効果

便器の水垢を落とすクエン酸ですが、同時に便器の黄ばみや尿石も落とす効果があります。

また、消臭効果や抗菌効果もありますので、トイレの臭いのアンモニア臭も軽減できます。

そして、クエン酸は水場の掃除に効果があるので、トイレだけではなく、お風呂場や洗面所、キッチンでも使えて活躍します。

水垢の他にトイレの汚れで気になるのが、便座や便器、床や壁の尿の飛び散り汚れですが、この尿の飛び散り汚れにもクエン酸が効きます。

トイレの便座は表側も裏側も、雑巾やトイレットペーパーにクエン酸スプレーをして拭き取りますが、特に裏側は汚れる部分ですので丁寧に拭き取りましょう。

壁や床の尿の飛び散り汚れも、クエン酸スプレーで拭き取ると、汚れとアンモニア臭も取れてサッパリします。

クエン酸スプレーをトイレに置いておくと、トイレに行ったついでに掃除をしたり、気が付いた時にトイレットペーパーにスプレーしてすぐに汚れを落とせます。

水垢は毎日こまめに落とすことが大切

トイレは毎日何度も行きますし、家族の人数が多いとそれだけ水垢が付きやすくなります。

トイレの便器などに付いた水垢は時間がたつとこびり付いて落としにくくなり、手間と時間もかかりますし、水垢がこびり付いた便器やトイレタンクのフタ、手洗いシンクは見た目にもよくありません。

ですので、水垢が付かないよいにするには、普段からこまめに水垢を落として予防することが大切です。

トイレに行くついでに便器や便座、手洗いシンクの掃除をしたり、汚れに気が付いたらすぐに掃除をするとで水垢や汚れも付きにくくなりますし、トイレの掃除も楽になります。

水垢のないピカピカな便器やトイレタンクのフタ、手洗いシンクは気持ちよく使えますし、汚れによるストレスもなくなります。

毎日のこまめな掃除を心がけて水垢のないきれいなトイレを目指しましょう。

 - トイレ掃除