お掃除まにあ

みんな悩むキッチンの換気扇、掃除のポイントを押さえておこう

2017.4.10

魚焼いたり煙の出る調理をするときには欠かせない換気扇。ただ煙を外に出しているだけと思われがちですが、その煙の中にはたくさんの成分が含まれています。

油を使っていればそこから立ち上る蒸気でベタつきますし、臭いもついて色もなんだか変わってきますよね。でもそんな変化に気付いていてもこまめに掃除をするという家庭は少ないのではないでしょうか。

毎日使い、食材を扱うキッチンだからこそ忘れてはいけない場所なのです。

キッチンの換気扇、掃除の頻度はどれくらいがいいの?

掃除に関する情報を探していると「○日に一回はやるべき!」なんて記載が目に付きますが、なかなか忙しい生活を送っている中ではそう頻繁に掃除することも難しいのが現状です。

誰だってできることならこまめに掃除をして清潔に保ちたいですが、キッチンの換気扇は主に油汚れが原因です。油汚れと聞いただけで嫌になってしまうほど、油を綺麗に落とすのは時間も体力もかかること。

一般的な頻度でいうと、半年から一年に一回程度掃除するという方が多いようです。それくらいならまだ自分にもできそうですよね。

何ヶ月も、下手したら何年も放置していた油汚れはなかなか落ちませんが、一度すっきり綺麗にしてしまえば重症化する前にささっと日常的な軽い掃除を取り入れるだけで、この先の換気扇の掃除は比べものにならないほど楽になります。まずは腹をくくって、現状の換気扇をどうにか変えていきましょう。

キッチンの換気扇の汚れ、掃除しないと大変なことになるかも

キッチンの換気扇の用途は、調理中に出る煙や蒸気を家の中に充満させないように外へ逃すことですよね。しかしその立ち上る煙や蒸気に含まれる目に見えない汚れが、積りに積もって現在の状態を作り上げているわけです。

この汚れをずっと放置し続けるとどうなるか、まず換気扇を回しているのにきちんと煙を外に逃がしてくれなくなります。中を覗き込むとフィルターがセットされているかと思いますが、その細い網目の中に煙が入り込んでしまっていれば当然ですね。

そして嫌な臭いを発する原因ともなり得ます。家族の目が厳しいからと、換気扇の下でタバコを吸う習慣のある方っていますよね。確かに家の中で何もせずにただ吸うよりも、換気扇を回しながら吸った方がそのまま外へ流れるので臭いは気にならないでしょう。

しかしタバコの煙にはたくさんの有害な成分が含まれており、煙が通った場所にははっきりとした臭いが残ります。もしあなたが嫌煙家であれば、そんな換気扇の下で調理をするなんて考えただけでも恐ろしいですよね。

頑固なキッチンの換気扇、掃除のポイントを押さえよう

換気扇の汚れは主に「油汚れ」ですが、日頃から家事をしている身からすれば油汚れがいかに頑固で大変かはわかっていますよね。

そのためにキッチンの換気扇を掃除するときは、まずそんな油汚れに強い専用の洗剤を用意した方がいいでしょう。ホームセンターへ行けばそういったレンジ用洗剤などがたくさん販売されているので、家庭にひとつあって損はありません。

そして掃除をする前に換気扇の下に新聞やビニールなどを敷いて、落ちてくる汚れの対策を忘れずに。しぶとい汚れが周りに飛散してしまっては手間が増えるだけです。

必ず電源を消してから分解作業に入りますが、年に一度の大掃除くらいは中の細い部品まで外して洗浄できるといいですね。普段のお掃除ではフィルターを外して、あまりにも頑固で擦ってもなかなか取れないようであればつけ置きが効果的です。

換気扇の掃除を楽にするコツ、日頃からできる工夫とは

年に一度でも半年に一度でも、できることなら少しでも手間は減らしたいですしぱぱっと終わらせたいですよね。

「じゃあ換気扇を使わなければいいんだ!」という人がいますが、そういうことではありません。換気扇を使わないということは、その換気扇についている分の汚れが部屋のどこかについてしまうということです。

お手入れを簡単に済ませたいのであれば、日頃のちょっとした掃除をする以外にはないでしょう。毎回つけ置き洗いをして部品を奥まで分解する必要はありませんが、揚げ物が続いた月にはフィルターやプロペラだけでも軽く洗っておくだけで汚れの溜まり具合は全く違います。

頻度が高ければ専用の割高洗剤を使わなくとも、普段使っている食器洗い洗剤で簡単に落ちるようになります。合わせてカバーの周辺も手がとどく範囲で水拭きしておくとなおいいですね。

需要が高まっている換気扇のクリーニングサービス

そんな大掛かりな換気扇の掃除ですが、近年ではプロの業者によるクリーニングの需要が高まっています。時間のない現代人は少しでも効率を考えるので、たまの休日に大掃除なんかで時間を取られたくない!という人も多いのではないでしょうか。

また換気扇の型によっては部品の数も多いので、むやみやたらに外して元に戻せなくなる、なんてこともあります。高い位置にあれば女性は危険ですし、なにより自分で頑張って掃除をするよりもはるかに綺麗になりますから、プロの手を借りるのも1つの選択です。動作の点検も兼ねて普段の簡単な掃除は自分で行い、年に一度くらいは見てもらうというのもいいかもしれません。

ネットのボタンひとつ、電話一本で申し込みができるクリーニングサービスですがら、検索をすれば山ほど業者が出てくるのでしっかりと吟味をする必要があります。

パッと目についた値段が安くても、基本料金+オプションをつけなければいけないところもあるので内訳の確認はきちんとしておきましょう。

 - キッチン・台所の掃除