お掃除まにあ

トイレ掃除で悩んでいませんか?頑固な黄ばみを掃除する方法!

2017.4.5

毎日使うトイレ。家族が多ければ使用頻度も増して、嫌でも汚れはついてしまいます。

トイレ掃除が毎日できていれば良いですが、忙しかったりするとつい後回しにしがちになってしまい、気が付けば便器に黄ばみがこびりついてしまっていたなんてことはないでしょうか?

このトイレの黄ばみは、少しこすったりブラシで磨こうとしても取れない頑固なものが多いです。

そんなトイレの黄ばみの原因や掃除方法を今回はご紹介していきたいと思います。

トイレ掃除の天敵!黄ばみの原因とは

普段、何となく面倒くさくてサボってしまったり忙しくて後回しにしてしまったトイレ掃除。気づけば便器に黄ばみがこびりついてしまっていることがありますが、この黄ばみの原因とは何なのでしょうか?

トイレの黄ばみの原因は、おしっこの成分である尿石が原因だと言われています。この尿石が便器についたまま放置しておくと、黄ばみとなって汚れが溜まり、取れにくくなってしまうようです。また、この黄ばみはアンモニア臭のような嫌な臭いの原因にもなっています。溜まった尿石をバクテリアが分解しようとすることでガスが発生し、これが臭いの原因となってしまうようです。

このように、トイレの黄ばみの原因は長い間掃除をせずに汚れが蓄積してしまったことが原因です。つまり、少しづつでもトイレ掃除をこまめに続けることができれば、頑固なトイレの黄ばみは予防することができるのです。

トイレの黄ばみを掃除する方法【酸性洗剤を使う方法】

トイレ掃除に適した洗剤には、「アルカリ性洗剤」と「酸性洗剤」があります。普段の掃除ではアルカリ性洗剤を使用することで、消臭効果なども得ることができ充分ですが、トイレの黄ばみ汚れ等を落とす場合には、「酸性洗剤」が役に立ちます。(※この際、アルカリ性と酸性の洗剤を同時に使うと有毒ガスが発生してしまうため、同時に使用することは避けてください。)

掃除方法は、汚れが気になる場所にトイレットペーパーなどを敷いて、その上から酸性洗剤をかけます。そのまま数分放置した後、黄ばみ汚れが浮いてきたのを確認できたら水で濡らした布巾などで拭き取ることで綺麗に汚れを落とすことができます。

ポイントは、酸性洗剤をかけたらすぐに洗い流すのではなく、充分に放置しておくことです。中には一時間程、そのままにしておく人もいるようです。

また、酸性洗剤が手元にない場合でも、「お酢」「クエン酸水」「レモン汁」などが効果は弱まってしまいますが、同じような役割を果たしてくれますので、是非試してみてください。

トイレの黄ばみを掃除する方法【軍手が役立つ】

便器の裏側は汚れやすいにも関わらず、ブラシで上手く擦れなかったりで掃除にも一苦労です。しかし、放置しておけば黄ばみ汚れは頑固になるばかりなので、掃除をすると決めたら徹底的に綺麗にしたいですよね。そんな便器裏の掃除に便利なのが、軍手です。

軍手をはめた指先に酸性洗剤をつけ、直接、便器の裏の淵を擦ると汚れを綺麗に取ることができます。軍手だけでは何となく気持ちが悪かったり、手荒れが気になる方はゴム手袋を先にはめた上から軍手を使用するのも良いでしょう。この方法でトイレの細かい部分まで綺麗に掃除をすることができます。

また、トイレの頑固な黄ばみ汚れも酸性洗剤を使用することや、軍手などを使用する方法で大体は綺麗に取ることができますが、それでも取れなかった汚れについては削り落とす方法があります。

この方法は「ケレン棒」という道具や、「耐水サンドペーパー」などを用いて尿石を削る方法ですが、削るということはトイレの便器などに傷をつけてしまう可能性もありますので、サンドペーパー等を使う場合は目の粗いものではなく、細かいものを使用するように注意する必要があります。

トイレの壁紙にもついてしまう黄ばみ汚れを取る方法

ふと気が付くと、トイレの壁紙に黄ばみ汚れがついていることに気づくことはないでしょうか?壁にまで汚れが!?と思ってしまいますが、特に男性が用を足した時などに汚れが壁に飛び散ってしまうことで黄ばみ汚れとなってしまうことがあるようです。

タイルの壁なら濡れ布巾などで強めに拭き取ることもできそうですが、壁紙の場合は強く拭いたりすれば壁紙が剥がれてしまうなんてこともあるかもしれません。そんな時にできる掃除方法をご紹介します。

壁の黄ばみ汚れの原因も尿の場合は、やはり酸性洗剤を使うことが効果的です。壁紙に洗剤を使う場合は、傷めないように洗剤を薄めてスプレーボトルなどに容れて使用すると使いやすいようです。雑巾等に洗剤を含ませ、壁の繊維のでデコボコに洗剤が染みていくように、トントンと細かく叩くことがポイントです。

それでも上手く汚れが落とせない場合は、メガネを掃除する際に使用するメガネクロスを使うと良いようです。雑巾よりも繊維が細かいので、壁に洗剤を染みこませやすく、もともとメガネを傷つけないような作りになっていますので、壁を傷つける心配もありません。

こまめな掃除でいつも清潔なトイレに!

ついついサボってしまったり、後回しにしてしまいがちなトイレ掃除ですが、掃除をする際に悩みの種となる黄ばみ汚れなどは、長い間放置してしまった汚れが原因であり、定期的に掃除をしていれば、回避することのできる汚れであることが分かりました。

どんなに綺麗な家でも、素敵なお店でも、トイレが汚かったり嫌な臭いがしていると、それだけで気分が落ち込んでしまいます。それとは逆にトイレが清潔で良い香りがしていると、それだけでその家やお店の印象が良いものに変わるなんてこともあるでしょう。

また、トイレが綺麗だと運気がアップするといった話や、掃除をすることで自分の心も磨かれてリフレッシュすることができるなんて話を聞くこともあります。是非、こまめな掃除を心がけることで、毎日の生活がもっと豊かになるきっかけとなれば良いですね。

 - トイレ掃除