お掃除まにあ

トイレは「カビ」と「臭い」だらけ!?壁まで綺麗に掃除をしてほしい理由

2017.4.5

トイレの汚れやすいところと言うと何処を思いつきますか?

普段使っている便器の溝や便座の裏、尿飛びなどで汚れやすい床を思いつくかと思います。

便器と床は尿飛びなどすぐに汚れてしまうので正解なのですが、実は壁も汚れやすいです。

その理由はトイレは小さい個室のため、尿飛びが壁まで飛んでいて黄ばみとなって残っている場合があるからです。

黄ばみは臭いの原因で、黒ずみはカビと知ってしまうと拭くしかありませんね。

今回は、トイレの壁の掃除について紹介します。

トイレの壁の掃除をしてほしい理由

トイレ掃除と言うと、小まめに便器と床掃除をして、たまに壁拭きをする程度ではないでしょうか。
壁に向かって用を足しているわけじゃないので、たまにで良いと思われがちですが、実は壁には「臭い」と「黒カビ」が潜んでいるかもしれません。

そのため、壁の掃除も小まめにすることをお勧めします。
特に便器に近い壁と見えにくい角に要注意が必要です。

壁紙は一度染み込むと臭いも色も取り除くことが難しいので小まめに掃除をして阻止することが大切です。
特に男性が使用しているトイレの場合、壁まで尿が飛んでいる場合があるので黄ばみやすく、水を流す際に水しぶきが飛び散り黒ずみも起きやすいです。

女性は座って用を足すので大丈夫・・と思いきや、水を流す際に水しぶきが飛んでいる場合があるので油断は禁物です。

性別関係なく壁も掃除することをお勧めします。

トイレ掃除中に必ず見てほしい壁の汚れについて

上記で書いた通り、トイレの壁の汚れは主に「黒ずみ」と「黄ばみ」です。

黒ずみは黒カビの可能性があります。
結露の多い場所に生えやすく、水回りや湿気がこもりやすい場所の壁によく繁殖します。
トイレは水回りで湿気がこもりやすい上に埃も溜まりやすいために黒カビとっては居心地のいい環境です。

落ち着きやすいトイレが、喘息やアレルギーの原因になっていると考えるとゾッとしますね。
もし、黒い汚れがあった場合は注意が必要です。

壁の汚れで一番多いのは黄ばみではないでしょうか。
築年数による壁紙の劣化もあるかもしれませんが、トイレの場合は尿飛びが原因です。

尿を飛ばしたことに気づかず、壁紙に尿が染み込んでしまったことで黄ばみになります。
尿にはアンモニア臭を含んでいるので、もし「掃除しても臭う」場合は、壁紙が原因かもしれません。
男性や小さな男の子がいる家庭は要注意です。

トイレの壁に発生した黒ずみ・黄ばみを綺麗に掃除する方法

黒カビは繁殖しやすく厄介なカビですが、熱とアルコールに弱いため除菌しやすいカビでもあります。

トイレに黒カビが繁殖した場合は、薬局等で購入できる消毒用のエタノールや100円均一やスーパーなどで売っている除菌アルコールスプレー等を使って除去することが可能です。
エタノールやアルコールスプレーは除菌ができる掃除道具なので、除去ついでに壁の掃除もでき、一石二鳥です。

タイルなど固い素材に黒カビが発生した場合は、除菌できたように見えても奥深くで根っこが残っている場合があります。
根っこが残っているとすぐにまた繁殖しだすので注意しましょう。

壁の黄ばみは、トイレ用の中性洗剤を使って拭いてみましょう。
壁紙に染み込んでしまうと取り除くことが難しいので1回で取り除けないかもしれませんが、小まめに拭き続けることで黄河が出ると思います。

また、トイレの洗剤を使うことで手荒れの心配や抵抗がある人は、クエン酸や重曹を使うこともお勧めです。
トイレの汚れはアルカリ性が多いためにクエン酸が効果的です。
重曹は冷蔵庫に消臭で利用されることもあるので臭いを消したい方にお勧めです。

トイレの壁の黒ずみ・黄ばみ両方が気になる人にお勧めなのはコレ!

以前テレビなどで紹介され、話題にもなったことがあるのでご存知の方もいるのではないでしょうか?

セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすく手荒れもしにくいのに重曹よりも洗浄力が強い粉です。
合成洗剤が増えてしまったので、売っている店が少ない場合もありますがホームセンターなどで入手することが可能です。

もし、セスキ炭酸ソーダが置いていなかった場合は、掃除用品コーナーで掃除クリーナーとして販売してるメーカーも多数あるのでそちらを購入しましょう。

セスキ炭酸ソーダを入手した方はセスキ炭酸ソーダ水を作りましょう。

作り方は、空のスプレーに500mlの水を入れ、その中に小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを入れて混ぜるだけです。
簡単に作れる上に、重曹の約10倍もの洗浄力があるので家に常備しておくのもいいかもしれません。

セスキ炭酸ソーダ水で壁の掃除をする方法は、スプレーに入れたセスキ炭酸ソーダ水をかべに降りかけ、そのあと眼鏡ふきで壁を拭くだけです。
雑巾などでもいいのですが、眼鏡ふきは繊維が細かくの凹凸の汚れを拭き取りやすいのでお勧めです。

黒ずみ・黄ばみのない居心地のいいトイレは壁掃除で決まり!

トイレは小さな個室の為、パーソナルスペースになり安心感があるという方が多いですが、アンモニア臭や喘息など病気になる菌が浮遊していると考えるとゾッとしますね。

身内のトイレの臭いや汚れは注意する程度の不快感で済みますが、客人からすると不快感は身内以上のものになり、その上掃除が下手・不潔などの印象を持たれ、遊びに来てくれる回数が減ってしまう恐れがあります。

人を家に招くことが多い人は部屋の片づけ同様にトイレの掃除も重要です。

今回は黒ずみと黄ばみの効果的なものを別々に紹介しましたが、最後に紹介した「セスキ炭酸ソーダ水」はシャツの黄ばみや台所掃除にも使えるので万能スプレーです。

掃除が苦手な方や掃除用具が増えて片付けに困っている方にもお勧めできるスプレーです。
これを機に、臭いも菌もいない気持ちのいいトイレにしてみませんか?

 - トイレ掃除