お掃除まにあ

トイレ掃除!重曹とクエン酸のエコ洗剤できれいになる?

2017.4.5

トイレ掃除といえば尿の飛び散りなどほっておけば、すぐに菌がうようよしてしまうのでは?と心配になりますよね。

トイレ洗剤といえば、塩素系漂白剤などの強い洗剤を使わないと落ちないのではと考えがちですが、エコの代表洗剤である「重曹」と「クエン酸」できれいに落とすことができます!

どのようにトイレ掃除に使っていけばよいかみていきましょう!

トイレ掃除でタンクや便器の外を洗うのに使う洗剤は重曹?それともクエン酸?

トイレの汚れといっても、「アルカリ性」の汚れから「酸性」の汚れまでいろいろです。汚れに合わせて「重曹」と「クエン酸」を使い分けていきましょう。

まず40℃ぐらいのお湯200mlに対して重曹を大さじ1杯溶かしたものをスプレーボトルなどにいれてよく振り混ぜ合わせます。重曹の分量が多いとしっかりお湯に溶けないためにスプレーボトルがつまってしまうので注意が必要です。

便器のふたや外まわりやタンク回りはこの重曹水をスプレーして、汚れを浮かせます。雑巾でふきとったあとは、水拭きをしましょう!水タンクの中には、重曹120gをいれて6時間つけおきしておきます。汚れを浮かしてから水を流すとタンク内がきれいになります。

水が流れるタイプのタンクは取り外しが難しいので少しずらして中に重曹をいれましょう!タンク上に水うけがある場合は、水が出るところはクエン酸をスプレーして拭きましょう。この際も水で仕上げに拭くことをお忘れなく!

トイレ掃除で便器の内側掃除に使う洗剤は重曹?それともクエン酸?

便器の内側を掃除するには、「重曹」「クエン酸」のダブルで洗浄力をアップします!まずは、重曹水をスプレーして3分ぐらい放置して汚れを浮かせます。その後トイレブラシでゴシゴシこすります。重曹には研磨剤としての効果もあるので頑固な汚れを削り取ってくれます。

黄ばみが落ちない場合は、水500mlに対してクエン酸小さじ2杯〜2杯半を混ぜ合わせたクエン酸を同じくボトルに入れたものをスプレーします。

頑固な汚れの上にトイレットペーパーでパックしクエン酸をスプレーしてしばらく放置しておきます。水を溜めているところにできる黒ずみには、重曹とクエン酸を交互に直接ふりかけて20分ぐらい放置しておきましょう!

交互にふりかけた時に、泡がシュワシュワっとでますが驚かないでくださいね。20分たったら、トイレブラシでこすってみましょう。きれいに黒ずみを落とすことができます。まだ、残っているようなら何度か同じ作業を繰り返してみましょう。

トイレ掃除で壁や床をきれいにするには重曹?それともクエン酸?

壁や床の汚れにも、同じく消臭効果のある重曹と除菌効果のあるクエン酸を両方使っていきましょう。重曹スプレーをタオルに着けて床や壁を拭いていきましょう。

重曹には手垢を落とす効果もあるので、ペーパーホルダーやドアノブなどの手垢の黒ずみもきれいに落としてくれます。重曹できれいにした後は、同じようにクエン酸をタオルにつけて拭いていくと除菌も完璧です。

タイル壁などにカビが発生してしまった場合はクエン酸と重曹を両方スプレーし目地をいらなくなった歯ブラシなどでこすりカビを落としましょう。床の素材がフローリングなどのワックスされたものには、頻繁に重曹を使うと表面を溶かしてつやをなくしてしまう原因になります。

かなり薄めの重曹水で掃除をするようにしましょう!重曹もクエン酸も使用した後は、水拭きをして成分が残らないようにしておきましょう。

重曹とクエン酸はこんな使い方も便利です!注意することはある?

「重曹」は消臭効果があるので、ジャムなどの容器に粉のまま入れて置いておくとトイレの匂いをとってくれます。芳香剤はにおいが強いので苦手という人も、においを根本的に消してくれるので、トイレに入った時も無臭です。

湿気により固まりやすいので時々かきまぜましょう。少しだけ、香りが欲しいという人は、お好みのアロマオイルを重曹にたらして使用するとにおいも強すぎずほのかな香りが楽しめます。

2か月〜3か月ぐらいで消臭効果が薄れるので、その時はタンクに入れて再利用しましょう。重曹水やクエン酸水のスプレーボトルをトイレに常備しておき、使用後に時々さっとスプレーして拭く習慣をつけておくと、汚れも落ちやすくいつもトイレを清潔な状態にキープしておくことができます。

クエン酸を使用する際は、塩素系漂白剤などの洗剤と混ざってしまうと有毒ガスが発生してしまう危険があります。混ぜ合わせないように注意しましょう!

これからのトイレ掃除には、重曹とクエン酸が手放せない!

トイレ掃除といえば、塩素系漂白剤じゃないと無理!と思われていた方にも「重曹」と「クエン酸」で汚れを落とせるということがわかっていただけたと思います。それぞれ正反対の性質をもつ2つの代表的なエコ洗剤が、合わせるとさらに強力になり、除菌にも消臭にも効果があります。

重曹、クエン酸ともに無臭なので、トイレ掃除の時に塩素系漂白剤の匂いがつらくてというような方も安心して使用できます。効果は絶大ですが、人体にやさしい成分なので、体にも環境にもとてもやさしいです。

エコ洗剤ですが、重曹の研磨作用やクエン酸の酸がタンパク質を溶かす性質が手荒れの原因になることもあるので、肌の弱い方は掃除のさいは、手袋を使用されることをおすすめします!環境にもやさしい「重曹」「クエン酸」で、毎日のお掃除が楽しくなること間違いなしです!ぜひ試してみてくださいね!

 - トイレ掃除