お掃除まにあ

毎日のお風呂掃除にエコ洗剤はいかがですか?クエン酸水がおすすめです!

2017.4.5

お風呂場掃除で使われる洗剤といえば、スーパーで売られている風呂用洗剤やカビ取り洗剤を使われることが多いのではないでしょうか?

しかし、市販のカビ取り洗剤は「においがきつくて困った」なんて経験をされたことも多いのではないでしょうか?

今回は、簡単に作れてとっても便利なクエン酸水について説明したいと思います!もちろん、お風呂場掃除にも使えます!

お風呂掃除に使うクエン酸水の成分はなに?

お風呂汚れは、主に石鹸カスや、水垢、水道のカルキ汚れ、湿気と石鹸カスが合わさって生えてしまったカビ汚れなどです。

汚れは大きく分けて酸性のものとアルカリ性のものにわけることができます。カビは酸性の汚れ、石鹸カスや水垢はアルカリ性の汚れになります。

今回お風呂掃除で使うクエン酸は、梅干しやレモンの酸味のもとになる成分です。クエン酸は名前の通り酸性の性質をもっているので、アルカリ性の汚れに対しクエン酸を使用すると、汚れを中和し効果を発揮します。

お風呂場では、石鹸カスや水垢、水道水のカルキ汚れで白っぽくなったものを落とすのに効果的です!同じ酸性の性質をもちエコ掃除に使われるものに酢があります。

「エコ掃除をしたくて酢を使ったけどにおいがどうもダメだった」というような人にもクエン酸は無臭なので、使いやすいこと間違いなしです。

お風呂掃除に使うクエン酸水の作り方は?用意するものはどこで売っているの?

それでは、クエン酸水を作っていきましょう!

作り方はいたってシンプルです。まず、用意するものは、クエン酸(白い粉状です)・水・百均などで売られている液を入れるスプレーボトルです。クエン酸は、スーパーや薬局の洗剤売り場やホームセンターで購入できます。値段も安く、一袋でたくさんのクエン酸水が作ることができます!

クエン酸は酸性なので、スプレーボトルを選ぶさいは、鉄製のものやアルミ製のものはやめておきましょう!これらは、酸に弱い性質をもっているので錆が発生する原因となります。水500mlに対しクエン酸を小さじ1杯〜2杯半程度溶かしてスプレーボトルに入れるだけです!

汚れに合わせて濃度を変えていきましょう!通常の汚れであれば、小さじ1杯程度で作ったもので十分対応できます。クエン酸は水に溶けやすいので軽く振ってよく混ぜ合わせたら完成です!

クエン酸水はお風呂掃除にどのように使ったらいいの?

浴槽は、ほっておくと水垢や水道水のカルキで白っぽくなります。この汚れにクエン酸水をスプレーして10分ぐらい放置しましょう。クエン酸は泡で汚れを包み込むタイプの洗剤ではないので、汚れに十分しみ込ませ中和させる必要があります。

頑固な水垢汚れや水道水の汚れには、直接粉をふりかけて、使い古した歯ブラシなどでこするのも効果的です。

また、蛇口などもいつのまにか白っぽくくすんでいるということがあります。これも長年蓄積された、水道水のカルシウムの頑固なこびりつきです。

最初にクエン酸水をスプレーしてすぐに落ちないからとあきらめないで!スプレーをして少しおいて歯ブラシで軽くこするという作業を何度か繰り返していくと汚れがするっととれていきます。

新品だったころの蛇口の輝きがもどると、「うそみたい!」と喜ばれること間違いなしです!ティッシュなどに振りかけパックしておくのも効果的です。石鹸の容器や子供の風呂用おもちゃなどは、洗面器にクエン酸水をつくりつけ置きしておけば除菌効果も発揮してくれます。

クエン酸水を使う時の注意点はなに?

体にも自然にもやさしいクエン酸ですが、使う時に注意点があります。自然素材なので、手荒れはしにくいと思いがちですが、使用した際にひりっとした感覚があります。

これは、酸性にはタンパク質変性作用があるからです。変性作用とはタンパク質を壊してしまう作用のことです。人間の皮膚はタンパク質なので、肌荒れを起こしてしまいます。皮膚の弱い人は掃除のさい、手袋を使用することをおすすめします。

また、場所にも注意が必要です。炭酸カルシウムが成分の大理石素材のものやアルミ製品・鉄製のものなどには適しません。つやや光沢が損なわれてしまうので注意しましょう。

また、塩素系の洗剤と混ぜて使うと有毒を発生することがあるので絶対NGです!目に入った場合もしみることがあります。水で洗い流し痛みが残るようなら医療機関に受

診しましょう。同様に誤って飲み込んでしまった時にも少量なら特に問題ありませんが、心配であれば医療機関に相談しましょう。幼児やベットの手の届かないところで保管するのが安全ですね。

クエン酸水!スプレーボトルをいつも作っておくとお掃除らくらくです!

水垢や水道水のカルキに関しては、クエン酸水でのお掃除がとても効果があることがわかっていただけたのではないでしょうか?

しかし、クエン酸水だけでは、すでに生えてしまったカビとりには効果がありません。日常のお手入れにクエン酸水を使用していると、カビの原因になる石鹸カスや細菌の発生を抑える効果がありますが、発生してしまったものには、同じエコ洗剤である「重曹」がおすすめです。

重曹水(水100mlに対して重曹小さじ1を混ぜ合わせたもの)を同じようにスプレーボトルに入れ、カビにスプレーしその後にクエン酸水をスプレーします。この重曹とクエン酸が混ざると、炭酸のような泡が発生します。カビを落とすのに効果的です。

同じように、排水溝のぬめりなど頑固な汚れを落としてくれる強力洗剤になります。常備ボトルを置いておいていつも使えるようにしたら便利ですね。使用した後に水でしっかり洗い流すこともお忘れなく!

 - お風呂掃除