お掃除まにあ

部屋の掃除を早く進めるコツって?これであなたも掃除上手!

2017.3.28

今日こそはついに部屋の掃除をしないと!朝起きたときには意気込んでいたはずなのに、気がつけば1日も終わり・・・そんな状態でついつい後回しにしてしまいがちという人も多いのではないでしょうか。

やりはじめようにも一体どこから手をつけたらいいのか、順番もわからなければ一か所に凝りすぎてなかなか進まずに嫌になってしまうこともありますよね。

しかし掃除をスムーズにこなすコツさえわかれば、あなたもきっと掃除が楽しくなるはず!

部屋の掃除にコツなんて必要なの?

コツを学ぼうといったところで、わざわざ部屋を掃除するだけなのにその仕方を勉強するなんて面倒くさい!手当たり次第にやったって変わらない!という意見の人も少なくありません。

確かに不要なものを捨てて、散らかっているものを片付けて、埃をとって綺麗にしていけばいい話で、特別に必要なスキルなんかはありません。しかし「そろそろちゃんとしないと・・・」と部屋を見渡してため息をつくあなたは、そんな簡単なことに手こずっているということですよね。

本屋さんへ行けば掃除ができない人・片付けが苦手な人向けの本が数多く並んでいますが、それだけ簡単なはずの部屋の掃除がうまくできないという人が多い証拠です。片付けても片付けても汚くなる、そんな部屋もちょっとした“コツ”さえつかんでしまえば毎度大掃除のような大事になる心配もないのです。

ズバリ、部屋の掃除をするコツとは?

部屋の掃除を簡単にしていくには、まずは部屋にある物の数を減らすことが近道です。当然物があればあるだけ掃除は大変ですし、部屋も散らかりやすくなります。

そして物を減らすためには「いつか使うかもしれない」というポジションのものを見極めることが大切であり、これが最初につまずくことでもあります。

いきなり捨てるか捨てないかで分けるのではなく、絶対に使うもの・1年以上使ってないもの・思い出の品など捨てたくないものといった具合に大まかな分別をしていきます。そこから絶対に使うわけではないけどなんとなく捨てられない「1年以上使ってないもの」をさらにいるかいらないかで分別していくのです。

一回の掃除で全てが決められなくても、多少処分するものがあれば今回は良しとして、また次回の掃除の時に同じ作業を繰り返します。何度も考えていくうちに初めは使うかもしれないと取っておいたものが、やっぱりいらなかったと気づけたりしますよ。

こまめに部屋を掃除するコツは「短時間でさっと済ませる」

一度部屋を綺麗に掃除したあとは、その綺麗な状態で保っておけるようにこまめに掃除をしていくことも大切です。一度大掛かりな掃除をしたからといって、その効果が何日も何ヶ月も続くわけではありませんよね。

自分では毎日過ごしている部屋でも、誰かが入ってくると「すごい埃っぽい・・・」と思われてしまったりするもの。しょっちゅう分別をして何かしら捨てなければいけないわけではありませんが、適度に拭き掃除や掃き掃除をしたり片付けたりといった日頃の“ちょっとした掃除”は重要です。

掃除を習慣化するにあたって気をつけたいのは、一度に時間をかけすぎないこと。パパッと終わることなら少しの空き時間でもできますが、何時間もとられると思うと腰が重くなってしまいます。◯曜日はここだけ、毎月◯日はここをやる、と日程を決めてしまってもいいですし、一回始めたら◯分でやめると区切りを考えておくのも効果的です。

綺麗な部屋に保つためには、出しっぱなしにしないこと

掃除ということ自体が嫌いという人もいるかと思いますが、掃除がめんどくさいと感じてしまう原因の一つに物を片付けないから、ということも考えられます。これは必要のないものを捨てるということにも繋がりますが、いつでも掃除できる状態でないことが、なかなか掃除をしないということになってしまうのです。

そのためにはまず常にきちんと片づけられた部屋にしておくことが大切ですよね。毎日使うものだからといってすべて手の届く範囲に広げていては収納の意味がありませんし、掃除をするときだけでなく、急な来客のときにだってあたふたしてしまうのはスマートとはいえません。

例えば新しい家具を買うにしてもデザインだけでなく、きちんと使いやすい収納があるかなど機能性を考慮する。日用品は場所を取らずにコンパクトにしまえるサイズの商品を選ぶ、などちょっと気に掛けるだけでも片付け上手への大きな一歩となります。

どうせ汚くなるし・・・と思ったらそこで終わり!

今このページを呼んでいるあなたは、きっと部屋を綺麗に保ちたい・きちんと掃除ができるようになりたいと考えているはずです。まず、そうしてなんとか現状を変えたいと思い立ったことは素晴らしいことです。たかが掃除、されど掃除。生活環境を清潔に保つことは、健康上の観点からみてもとても大切なことです。

生活の背景はその人に現れます。汚い部屋に住んでいる人は小汚く見えますし、綺麗な部屋に住んでいる人は清潔感が感じられます。これらは自分でなかなか気づくことができないうえに、周りにとっても指摘しずらいことなので自分で気付いて改善していくしかありません。

毎日忙しい日常を送っていれば、疲れて荷物もそのままに寝てしまうこともあるでしょう。しかしどうせ明日もこれ使うし今度の休みにあれも出すし、と汚い部屋の状況に慣れてしまってはいけません。もういいや!と思ってしまったら、いつまでもその部屋は綺麗になりませんよ。

 - お掃除のテクニック