お掃除まにあ

お風呂掃除は苦手!そんな悩みは洗剤の使い分けで解決!

2017.4.5

掃除って苦手、その中でもお風呂掃除はやる気が出ないという人もいますね。

水回りなので洋服どうする?靴下脱ぐ?夏は暑い、冬は寒い、しかも汚い部分も多くて匂いも気になる、などなど面倒な要素が沢山です。

でも毎日入るお風呂、体をきれいにする所だし1日の疲れを癒しゆっくりとリラックスしたいから、ピカピカでありたいです。

お風呂場は色々な部分で洗剤を使い分けます。そこをマスターすれば完璧です。

お風呂掃除で一番嫌な部分、それは排水溝!カビ取り洗剤でOK!

お風呂の中でも排水溝の掃除は匂いもするし汚いし本当に嫌になりますね。これにはずばりカビ取り洗剤を使います。手順を踏まえてやれば楽に掃除する事ができます。

まずはネットや受け皿についている髪の毛やゴミを取り除きます。古い歯ブラシなどを利用すると細かい所まで行き届きます。こうする事でより汚れが取れやすくしっかりと予防にもなります。

その後は簡単!ビニール袋にすべてのパーツをいれてカビ取り洗剤を吹きかけて口を閉じて放置します。この時に汚れがひどい時は外から手でモミモミ!これだけです!

後は水で洗い流すだけで簡単にきれいになります。

ビニール袋の外からなので手も汚れません。お風呂上りに行い翌朝まで放置しておくとより効果的です。

後、排水溝の中にもカビ取り洗剤を吹きかけてブラシが届く所まではこすってみます。時々はパイプ洗浄洗剤を使うと良いでしょう。注意する事はこららの洗剤は強いので他の洗剤とは一緒には使わないようにしましょう。

お風呂掃除で綺麗にしたい蛇口と鏡の掃除は、酸性の洗剤で!

水の中にあるカルシウムやマグネシウムが水垢の原因です。これらは酸に溶けますので酸性洗剤を使うのがいいでしょう。酢を使っても良いですが匂いが気になる人はクエン酸を作ります。

クエン酸は主に柑橘系に含まれている物で環境、人にもやさしいエコな洗剤ですね。100円ショップでも簡単に手に入ります。

小さじ3のクエン酸を水250mlに溶かしてスプレー容器に入れます。

蛇口や鏡に直接吹きかけて、ここにキッチンペーパーをかぶせます。あとはしばらく放置して洗い流せばOK!

汚れがひどい時は放置する時間を長くします。家族全員がお風呂を済ませた後に行って翌朝まで放置するときれいに落ちます。

キッチンペーパーの上にラップをすると蒸発しにくくなり、より効果的です。放置した後にそのラップをまるめてこするとよく取れます。細かい部分は古い歯ブラシを使うのもいいでしょう。

お風呂掃除の重要箇所!浴槽の掃除は重曹洗剤でピカピカに!

浴槽は放っておくとすぐにピンク色の汚れが目立つようになりますね。これはロドトルラと言ってカビではなく酵母の一種でカビ取り洗剤は向いていません。皮脂の汚れによって繁殖します。

これにはアルカリ性の洗剤、重曹が適しています。こちらも100円ショップで手に入ります。

小さじ1の重曹を水100mlに溶かしてスプレー容器に入れます。

簡単な汚れならこれを拭きかけて洗い流せばきれいに取れます。

汚れがひどい時は直接スポンジに重曹をかけてそのままこすり最後は水で流し落とします。

夜、掃除が面倒だと言う人はお風呂のお湯に重曹を1カップ入れて一晩放置しておくと良いでしょう。この中に洗面器や風呂桶も一緒に入れておくと一石二鳥です。

重曹は消臭効果もありますので、浴槽や洗い場の排水溝などに直接振りかけてしばらくしてから流すと嫌な臭いも解消されます。

お風呂の壁、天井の掃除はセスキ炭酸ソーダの洗剤で!

お風呂掃除に大事な部分、それは天井なのです。

カビの性質として上から下に落ちるのでこの天井にカビが発生していると、壁をつたって浴槽や床にも広がっていきます。しかし天井というのは中々手が届かずに掃除も後回しにしがちです。

お風呂掃除をまめにやっているのにすぐにカビが発生するのはこれが原因なのです。

カビ取り洗剤もいいのですが、上から落ちてくる可能性もありますので、人に優しい洗剤を使いたいですね。

そこで活躍するのがセスキ炭酸ソーダ!重曹と同じでナチュラル洗剤。しかも重曹より水に溶けやすくアルカリ性も強いので万能です。こちらも100円ショップで手に入ります。

小さじ1のセスキ炭酸ソーダを水500mlに溶かしてスプレー容器に入れます。

壁や天井に吹きかけて雑巾で拭き取るだけです!

この時に柄付きフロアモップを使うと天井にも届きますね。キッチンペーパーを挟んで拭き取ります。

洗剤の特徴を知る!それが掃除には大事!

このように、お風呂場だけでも3つの洗剤を使います。これらを上手に使い分ける事が大事なんです。

最初は面倒だと思うかもしれませんが、これらの洗剤はお風呂場だけでなく、キッチン、洗濯、リビングとあらゆる場所に使えるので逆に効率良い掃除ができる事になります。

またスーパーの洗剤コーナーで目移りして説明書を読んでもどの洗剤を使っていいのか分からない、などと悩む必要も無くなるわけです。

汚れの原因と洗剤の働きを良く知っておくと掃除しているうちに自分で工夫するようになり、ふとした落ちない汚れにも対応できるようになります。また掃除の幅も広がりより楽しくなるでしょう。

毎日する掃除だからこそ、基本的な役割を充分に知っておきましょう。1日の遅れが1ヵ月、1年というスパンで差がつき、知らないと損するもったいない掃除の仕方をしている事になるのです。

 - お風呂掃除