お掃除まにあ

自分で作れるお掃除棒 アイディア次第で用途も効果も思うがまま!

2017.4.4

掃除用具は多岐に渡り、またその用途ごとに十分な力を発揮してくれますが、ご家庭の汚れを落とすために、こうしたものを一つずつ揃えていては、とてもではありませんがキリがありません!

しかし、似ている形のものを流用してみても、どうもしっくりこない。もうちょっと使いやすいといいな、もう少しこういうものがあればいいな、と、何とも帯に短し襷に長し、といった様子になることもまた、珍しくありません。

そんな時には、自作のお掃除棒を作ってしまえばいいんです!

あの有名なお掃除棒 作り方が簡単なのに、用途はとても広い!

割り箸と古布、そして輪ゴムを利用したお掃除棒に関しては、とある芸能人の方が提唱したことで有名ですから、ご存じの方も多いことでしょう。

特別な用意は全く必要のないこのお掃除棒は、作るのも簡単なのに、幅広い用途で使えること、そして何より”本来なら捨てるだけの、使い終わったもの”を利用できることが最大の利点と言えるでしょう。

作り方も非常に簡単。

割り箸の先端から3/4辺りまで布を巻き、輪ゴム一つで固定するだけ!

ポイントは

○先端部は力が入りやすく抜けないよう、しっかりと布を巻く

○輪ゴムで固定する時、一箇所ではなく広めに留める

の2点だけです。

これで、窓ガラスやお風呂場の扉のレール、キッチンの蛇口の周り、家具と家具の細い隙間…と、様々な場所で利用でき、かつ元々廃棄予定のものを利用するのですから、汚れたり折れても、罪悪感を感じることはありません。

まさに家事を預かる人の強い味方ですね!

お掃除棒の基本を押さえたら、後は自分の思うがままに!

さて、このお掃除棒ですが、巻きつける布や、芯となる棒に何を使うかで、使用できる場所がぐーんと広がります。

例えば、同じく使わずに溜まりがちになる、お弁当についてくるお手拭き(紙おしぼり/ウェットティッシュ)。

これには元々、水ではなく手指の汚れを取るのに適した薬品やアルコールが染み込んでいるため、手垢に汚れたものの汚れを落とすのに適しています。

しかも、この薬品は、もともと手指を拭いた後に食事をすることが前提に作られていますから、小さな赤ちゃんやペットがいるご家庭でも、安心して使用できますね。

作り方は、基本のお掃除棒とほぼ一緒。違うのは巻きつけるのが布かおしぼりか、という点だけです。

これを竹串のような細いものに巻き付ければ、キーボードの隙間、テレビなどのリモコン、さらに電話機のボタンのような、通常のお掃除棒の届かない細かい場所に使えます。

巻きつけずに差し込むだけでも! スポンジ版お掃除棒だって自作できる

このお掃除棒の隠れた利点として「こうしたらどうだろう?」と思うアイディアを気軽に試すことができる、という点があります。

例えば、使い終わってヘタってしまった台所用スポンジだって、このお掃除棒で最後の利用が可能です!

ハサミで2cmほどに切ったスポンジに芯になる棒を刺せば、スポンジ版お掃除棒に早変わり。

スポンジ状ですから、水や洗剤を含ませて、なかなか取りづらいキッチン周辺の油をこそげ取るのに使えます。

使い古した菜箸に刺せば、それだけ奥の手の届きにくい場所に使えます。

また、水垢汚れ落としに適しているメラミンスポンジを利用すれば、シンク周辺の細かな部分の掃除や、シャンパングラスや水筒など手の入らない筒状のものを洗う時に使えます。

巻きつける素材・芯を工夫して、自分だけのお掃除棒を作ってみるのもいいですね!

巻きつけるものを変えれば、こんな場所にうってつけの掃除棒に

さて、細かな部分のお掃除に目を向けてきましたが、先程触れた通り、巻きつけるもの・芯を変えれば、どんな場所のお掃除にも使えるという例を見てみましょう。

○アクリル毛糸を巻きつけて、洗剤のいらないコップ洗いブラシ

アクリル毛糸で作るたわしがあるように、微妙に残ってしまったアクリル毛糸を芯に巻けば、洗剤のいらないコップ用ブラシに

○古くなった洗車用拭き取りクロスで、玄関のタタキの目地掃除

洗車用クロスは吸水性が非常に高いため、水分を残したくない場所の掃除にうってつけ

○フローリングモップの柄に雑巾を巻きつけ、天井隅の掃除

小さなものだけではなく、大きなものにだって使えます!

○エアコン本体と壁の隙間のホコリ取り

竹串などの細い棒で、普段は見逃しがちな接地面の隙間掃除をしてみましょう

△電子機器の通風口のホコリ取り

普段あまり気にしない、パソコンやテレビ、DVD/BDレコーダの通風口も、お掃除棒を使えば家具を動かさずに掃除することが出来ます

ただし、あまり機械の隙間に棒を差し込むことは、故障や感電の原因になりますから、必ず電源を抜いた上で、機械の中に先端を入れたり、貫通した芯でコードを傷つけないよう注意しましょう

市販もされているけれど、簡単だからまず手作りしてみましょう!

注意したいのは、力を込めて掃除してしまうと、先端が破れて芯が出たり、使う素材によっては掃除箇所を痛める可能性がある、という点です。

ですから、金属のものは芯にしないほうがいいかもしれません。

芯棒が折れるほど力を入れて掃除する必要がある場所には、お掃除棒より別の掃除方法や器具を使ったほうがいい場合もあります。

洗剤を含ませる場合にも、まずその洗剤が掃除したい箇所を痛めないか、必ず目立たない場所でパッチテストをして使いましょう。

それでも、このお掃除棒を使った掃除は、効率的かつ経済的です!

実はこのお掃除棒、100均やホームセンターなどで、製品として売られています。

割り箸などは貰わないし、わざわざ作るのも面倒、という人なら、このようなものを使ってみるのもいいでしょう。

ただ、簡単に、しかも自分のニーズに合わせて作れるものですから、時間の有る時にある程度作っておいて、さっと取り出せるように常備しておくのが、一番です。

是非、お掃除に役立ててくださいね!

 - お掃除道具