お掃除まにあ

掃除を毎日するコツはストレスを減らすことがポイント!

2017.4.3

女性が家事で一番やりたくないことをアンケートしたところ、第1位が「掃除」です。

その理由は、「掃除機をかけるのが面倒くさい」、「トイレの黄ばみや水アカを落とすのが大変」、「キッチンの掃除をしてもすぐに汚れてきりがない」などがあります。

このようなことを少しでも減らせたら、毎日の掃除のストレスも少しは減りますね。

今回は掃除のポイントを絞って毎日簡単にできる掃除方法をご紹介します。

掃除機を変えるだけで毎日の掃除のストレスが減る

掃除を毎日するのは大変ですね。

特に部屋の掃除の場合、掃除機をかけることが面倒という人もたくさんいると思います。

キャニスター型掃除機は、収納場所からだして、本体に取り付けているホースを外し、電源プラグをコンセントにさしてスイッチを入れるという手間がかかり、掃除機の取り

回しがしにくかったり、コードが足りなくなって別のコンセントに変えなければいけなくなり手間もかかります。

このように、掃除機のスイッチを入れるまでと、掃除機をかけ終わってからの手間がかかるので、掃除機をかけるのがおっくうになってしまいます。

このような場合には、コードレス掃除機がおすすめです。

コードレス掃除機は、部屋のすみに立てておける自立タイプや、壁にかけておけるタイプもあるので、掃除をしたい時にすぐ掃除機をかけることができ、コードレスなのでコンセントに電源プラグをさす手間もありません。

また、取り回しもしやすく、コードがないのでどこでも掃除機をかけることができますし、本体から外してハンディタイプの掃除機として使うことのできる便利なコードレス掃除機もあります。

ただ、キャニスター型の掃除機と比べて、パワーが劣ることや、ゴミの容量が少ないこと、充電時間がかかったり、使用時間が限られるということがデメリットといえますが、このようなことを考えても、コードレス掃除機は使い勝手がよいといえます。

各メーカーからコードレス掃除機がでていますが、パワー、充電時間、使用時間、ゴミの容量、重量など違いますので、店舗で実際に見て試してみることをおすすめします。

コードレス掃除機は掃除したいと思ったら、わずらわしい手間もかからずにすぐに使えて時短にもなり、毎日の掃除のストレスを減らすことができます。

毎日の拭き掃除は簡単で楽にできて経済的が一番

おなじみのフローリングワイパーですが、毎日の床掃除は、簡単に床の拭き掃除ができるフローリングワイパーでホコリや髪の毛などを取るでけでも十分ですね。

ただ、花粉の時期などは毎日でも水拭きをしたいと思いますが、毎日の掃除となると、使い捨てのシートは経済的とはいえません。

そのような時には、雑巾をはさんで使えるモップワイパーがあり、フローリングや和室の雑巾がけがとても簡単にできますし、水拭きをした後の汚れた雑巾を洗ってまた使えるのでとても経済的です。

水拭きをする時には、雑巾を水で濡らしてからモップワイパーにはさんで使うのもよいですが、スプレーボトルに水を入れて、拭きたい部分に水をスプレーしながら拭く方法もあります。

また、使い古したタオルなども使えますし、100円ショップのマイクロファイバーで乾拭きや水拭きをするととてもきれいになります。

普通にかがんで雑巾がけをすると、腰や膝などにかなりの負担がかかったり痛みがでたりして辛いですが、雑巾モップワイパーは、かがまずに床や畳を雑巾で水拭きができるので毎日の拭き掃除がとても楽になります。

床のベタつきやザラつきなどは、水拭きをするとサッパリとして気持ちがいいですし、毎日、簡単に水拭きができるのは嬉しいことですね。

シンクの輝きはクエン酸スプレーで毎日掃除

キッチンで目立つ汚れのうちの一つは、シンクの水アカですが、この水アカはとても厄介です。

この水アカは水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが固まってしまったもので、蓄積してしまうと取るのが大変になりますので、水アカはその日のうちに落とすことが大切です。

水アカを簡単に落すには、クエン酸水が効果を発揮します。

クエン酸水をスプレーボトルに入れたものが便利で、水アカもよく落ちますし、防臭効果や抗菌効果もあり、キッチンやトイレ、浴室、洗面所などで使えます。

クエン酸スプレーの作り方は、スプレーボトルに水200mlと小さじ1杯のクエン酸粉末を入れて溶かします。 

シンクの水アカにクエン酸スプレーをしてスポンジでこすり落としますが、しつこい水アカにはスプレーした上にティッシュペーパーなどでしばらく湿布してからスポンジで洗いますが、いずれの場合もクエン酸水が残らないように水でしっかりと洗い流しましょう。

クエン酸水は、使用できないものもありますので、注意が必要ですし、肌が弱い場合は手袋をすることをおすすめします。

落ちにくくなってしまった水アカを落とすために、最近は、色々な研磨材スポンジも販売されていますが、気を付けないとキズがつきやすく、せっかく水アカが取れてきれいになっても、キズがついてしまうとよけいに汚れがつきやすくなってしまいますので、使用する場合は注意が必要ですね。

頑固な水アカになってしまう前に落とすことが大切で、一日のキッチン仕事の終わりにサッと簡単に落としておくだけで、翌日のシンクはピカピカですし、毎日続けることで水アカもつきにくくなりシンクもきれいに保つことができます。

毎日の習慣でトイレ掃除が簡単に

トイレは毎日何回も行きますし、家族が多ければそれだけ汚れもたまります。

トイレは尿汚れ、水アカなどの汚れがあり、汚れを放置してしまうと落とすのが大変ですし、頑固な黄ばみや水アカは、トイレブラシでこすっても落ちません。

そうならないためにも、日頃のこまめな掃除がポイントになります。

そのポイントとは、トイレに行ったときについでに掃除をする「ついで掃除」で、ササッと簡単に掃除をしましょう。

トイレは毎日何回か行きますし、トイレに行くたびに1か所だけでも行えば、汚れのつき方もだいぶ違ってきますし、きちんとした掃除は月に1〜2回くらですみます。

トイレ掃除にも活躍するのは、クエン酸スプレーで、便器の黄ばみや水アカに効果を発揮します。

しつこい汚れには、スプレーした上にトイレットペーパーの湿布をしますが、一回で落としきれない場合は、何回か繰り返すとよいでしょう。

便器や便座まわりや、床や壁に飛び散った尿汚れも、トイレットペーパーにスプレーしたもので拭き掃除をしますが、消臭効果があるので、アンモニア臭も軽減します。

クエン酸水を掃除に使う上での注意点は、トイレタンク内の掃除は器具が傷むおそれがあるのでやめましょう。

また、金属部分への使用は錆びの原因にもなりますので、使用後はしっかりと拭き取ったり、水で洗い流すことが大切ですし、中には使えないものもありますので、注意して下さい。 

トイレ掃除を簡単にするには、トイレに行った時の「ついで掃除」を毎日の習慣にして、落ちにくい黄ばみや水アカをつけないことと、蓄積させないことが大切です。

毎日の掃除は簡単にストレスなくできるのが一番

掃除はためると益々大変な状態になり、汚れを落とすのが困難になることがあります。

キッチンはシンクの水アカやコンロと換気扇の油汚れ、トイレは尿石や水アカ、黒ずみなど、浴室は水アカや石鹸カス、カビなどで、このような汚れが蓄積してしまうと、掃除のプロに頼むしかなくなり、お金もかかりますし、時間の都合もつけなくてはいけません。

このようなことを考えると、やはり普段からの掃除が大切ですし、毎日簡単にできる掃除がポイントになります。

そのためには、掃除用具を変えてみたり、掃除の方法を変えてみたり、何かのついでに掃除をするのも一つの方法ですし、掃除方法でストレスを少しでも軽減できますし、掃除も楽になります。
   
また、掃除をしてきれいになることで気持ちもスッキリと軽くなり、毎日を気持ちよく過ごすことができます。

ですので、毎日の掃除は、少しでも楽にストレスなく続けることが大切ですね。

 - お掃除のテクニック