お掃除まにあ

昔ながらのエコ洗剤でお掃除!酢を使ったお掃除のすすめ

2017.4.3

昔は、毎日のお掃除にも自然のものがたくさん使われていました。

米のとぎ汁を床の拭き掃除に使ったり、ジャガイモの皮を湯呑の茶しぶ取りに使ったりするということを、一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか?

「酢」も殺菌作用が高く昔から掃除に一役かってきました。

界面活性剤入りの掃除洗剤が売られるようになってからは、あまり使われなくなっていましたが、近年環境にやさしいエコ洗剤の魅力が見直されてきています。

その中の一つである「酢」を使ったお掃除方法を見ていきましょう!

お掃除に使う酢って何でもいいの?

スーパーの調味料売り場にはたくさんの種類の「酢」が売られています。「酢」が健康にも良いことは知られています。そのため飲みやすいように工夫されたものがたくさんあります。一般的に料理に使われる「穀物酢」、物などを原料にした「果実酢」、米が原料の「米酢」、ポン酢やすし酢などの「調味酢」などが代表的なところなのではないでしょうか?

たくさんの種類がある「酢」ですが、どれもが掃除に適しているわけではありません。掃除に適したものはどれでしょうか?一番入手しやすいものとしては、「穀物酢」です。値段も手ごろで手に入りやすいです。輸入食品などをあつかう店にある「ホワイトビネガー」(アルコール酢)が掃除に適しています。反対に適していないのは、米酢・果実酢・赤ワインビネガーなどの色つきの酢・調味酢(ポン酢・すし酢)などは適していません。

お掃除に使ってみたい!でも酢の匂いがどうもダメ。どうすればいい?

酢独自のツーンとした匂いが気にならない方であれば、醸造酢匂いが気になるという方ならばホワイトビネガーが使いやすいです。「酢」を使ったお掃除は原液を薄めて使いますので、「酢」1に対して「水」2〜3での使用が一般的ですが、さらに水を多めにすると臭いも薄くなります。匂い対策もばっちりの「酢水ボトル」の作り方をご紹介します。

用意するもの
・100均などで売られているスプレー水・ホワイトビネガーなどの酢・お好みでハッカ油やエッセンシャルオイル

作り方
①酢1に対してお好みで水1〜3をスプレーボトルに入れる(匂いが気になる人はもう少し薄めても可)
②お好みでハッカ油やエッセンシャルオイルを入れる(殺菌効果を高めたいなら塩を小さじ1入れる)
③シャカシャカ振ります

これならば、ハッカやエッセンシャルオイルの効果で臭いも薄まり酢独特の匂いが気にならなくなるのでおすすめです。ぜひ一度作ってみてください。

酢を使ったお掃除はどんな汚れに適しているの?

「酢」はあのすっぱさからもわかるように、「酸性」の性質をもっています。汚れには、大きく分けて「アルカリ性」と「酸性」の汚れがあります。それぞれ汚れを落とす時には、反対の性質をもつ洗剤を使うと中和され汚れを浮かせることができます。「酢」が落としてくれるアルカリ性の汚れというと、「シンクの水垢」や「水道水のカルキ」に効果を発揮します。

また、「酢」はそれ自体匂いが強いですがなんと「消臭効果」があります。決して酢の匂いで他の匂いをかき消すわけではありません。なので、魚のグリルを洗うときにもおすすめです。ガスコンロなどの油汚れなどには、同じくエコ洗剤の「重曹」などで汚れを落とした後に「酢」で仕上げをしておくとさっぱりします。また「酢」の殺菌作用は強力です。排水溝ののぬめり取りや三角コーナーの掃除にも適しています。また、トイレのアンモニアなどの汚れにも効果を発揮します。

お掃除に酢を使うときの注意点は?

お掃除に効果を発揮する「酢」ですが、掃除に適さない場所もあります。

鉄製のものには、使用すると錆びてしまうので使えません。また、大理石素材のものも素材を溶かしてしまう心配があり、表面が曇ってしまったり、つやが無くなってしまいますので使わないようにしましょう。また、アルミ製品にも使用すると変色を起こしてしまうことがあります。また、「酢」は、酸性なので他の酸性の洗剤と同じように、塩素系洗剤などと同時に使うのはNGです!有毒ガスが発生してしまう危険がありますので絶対にやめましょう!

また、薄めて使うとはいっても、長時間使用していると匂いで気分が悪くなる場合もありますので、使用の際は十分に換気を行いましょう!また、素材によっては中性洗剤のみ使用かといったものもありますので、不安な場所はそれぞれの場所の注意書きを読んでから使用しましょう! 

まだまだある酢を使ったお掃除あれこれ! 

お掃除に使えるエコ洗剤「酢」の効能はお分かりいただけたでしょうか?もっと知りたい!というあなたへ、まだまだある「酢」が効果を発揮する掃除場所をお教えします。まず一つは、畳の黄ばみをとってくれます。バケツ半分の湯に半カップの酢をいれます。この湯でしぼった雑巾で畳を拭きます。黄ばみを落とし、黄ばみ予防になります。

また、タンスなどに子供が貼ってしまったシール!はがすのが一苦労ですよね。酢をつけた綿棒で剥がしたいシールを湿らせると、きれいに剥がす事ができます。ポットの中なども水道水のカルキなどで白っぽくなりますよね。ポットに3/1ぐらいの水をいれ酢を大さじ一杯程度入れます。そのまま一度沸騰させるだけで、ポットの中をきれいにし

てくれます。また、浴室のシャワーヘッドなどは取り外して洗面器などに水と酢それぞれ3:1ぐらいの比率で居れたものにつけておきます。エコなのに効果がいっぱいの「酢」毎日のお掃除にぜひ取り入れてみてください。

 - お掃除のテクニック