お掃除まにあ

大掃除の消費カロリーはフルマラソンにも匹敵!

2017.4.3

家中を大掃除した場合、フルマラソンと匹敵するほどの消費カロリーがあることが、欧米の研究により明らかになりました。

大掃除ではなく、日々のお掃除でも多くのカロリーを消費することができます。

ウォーキングするより、お部屋に掃除機をかければ、同じ時間でウォーキング以上のカロリーを消費できます。

磨く動作は筋トレになり、オマケにお家はピカピカで気分も爽快です。

お掃除の具体的なカロリー消費量とは

お掃除をするのは面倒ですが、わざわざ運動しに行かなくても、運動と同じぐらいカロリーを消費することができます。
お掃除は、手間なくできるダイエットです。
ジムに行くことを思えば、時間やお金の節約にもなります。

ちなみに家中を大掃除(1日8時間を2日間)した場合の消費カロリーは3655kcalで、フルマラソンの消費カロリー2500kcal〜3500kcalを上回っています。

普段から行っているお掃除の消費カロリーも、実は高いです。
例えば、

  • 掃除機をかける…200kcal
  • 窓を拭く…230kcal
  • 風呂掃除…250kcal

というように、一時間あたりにそれぞれ約200kcal以上も消費できます。
ウォーキングをした場合の消費カロリーは、一時間あたりに150kcalなので、ウォーキングをするよりお家で掃除機をかけている方が効率的にダイエットできるということです。

短時間で消費カロリーアップ!トイレ掃除ダイエット

お掃除のやる気スイッチが入っている時は、気が付けば1時間以上お掃除を続けているということはあると思います。
でも、お掃除が苦手な方や、面倒なときには、長時間のお掃除はなかなか手を付けにくいですね。

そんなときにオススメなのが、トイレ掃除です。

「トイレ掃除こそ、苦手なんだけど!」と、思われる方も多いと思います。
しかし、実はトイレ掃除は短時間で筋トレにもなり、シェイプアップ効果も期待できます。
何より、トイレの場合は他のお部屋と違って、散らかっている物が少ないため、片付けの手間が少なく、すぐに掃除に取り掛かりやすいと言えます。

掃除時間は、たった3分でOKです。
3分間真剣にトイレ掃除を行えば、5キロのダンベルを持って100メートル歩くのと同等の効果があります。

低い姿勢を保って、力強く腕を動かし、床もしっかりみがきましょう。
肩、二の腕、背中、ウエスト、太もものシェイプアップに効きます。

消費カロリーが高い掃除は拭き掃除

家事の中でもカロリー消費が高いのは、お風呂掃除です。お風呂掃除は腕を強く動かすことに加え、立ったりしゃがんだりの動作がさらにカロリーを消費します。

床のモップ掛けの場合は、1時間あたりの消費カロリーは238kcalというデータがあります。これは、ジムなどでエアロバイクを1時間こぐのと同じ消費カロリーです。

モップのデータはアメリカての調査結果ですが、日本の場合は、「雑巾がけ」という伝統的な掃除方法があります。
雑巾を抑えて拭くという動作は、とにかく二の腕のシェイプアップに効果がバツグンです。
しかも、その消費カロリーは、1時間あたり325kcalというデータもあり、お風呂掃除の消費カロリーを超えています。

脇を締めて拭くと、さらに二の腕のシェイプアップ効果が高まります。
また、手だけではなく、足の筋肉も自然に使っているので、全身運動としても優れています。

掃除でプチ・エクササイズ!消費カロリーを増やすコツ

例えば、掃除機をかけるときは、お腹に力を入れて、正しい姿勢と、大股を意識します。前のめりにならないようにすることがポイントです。ひとつひとつの動作を大きくすることで、筋肉への負荷が増します。
掃除機を利き手と逆の手に持ち変えて掃除することで、体の歪みを治す効果も付け加えます。

窓拭きや壁を拭くときは、足を開いて腰を落とした状態をキープして、肩甲骨を動かすことを意識しながら拭きましょう。
また、窓の上部は背中を伸ばして、つま先立ちになり、バランスを取りながら拭くことで、体幹に効きます。お尻にキュッと力を入れましょう。

慣れれば、床につけないようにかかとを上げ下げしてみましょう。足の動作はゆっくりと、上げたら5秒そのままキープ、下ろしたら5秒そのままキープを心がけると、シェイプアップ効果が強くなります。
消費カロリーもさらにアップします。
ご自身の今の筋肉量に合わせて、無理し過ぎない範囲で行いましょう。

落ちている物を拾うだけの掃除でもOK

どうにもやる気が出ないときは、手の届く範囲だけでもお掃除してみましょう。
物を拾ったり、整理したりする軽いお掃除の消費カロリーは、10分で15kcal程です。
消費カロリーは低いですが、とにかく少しでも、毎日続けることが大事です。

掃除が習慣化すれば、片付けや掃除自体にも慣れ、楽に掃除をできるようになります。
また、毎日の掃除で部屋も徐々にキレイになっていっていると思います。
キレイになっていくお部屋は、あなたの掃除へのモチベーションを上げてくれ、長時間の掃除も苦にならなくなることでしょう。

何とか自分の周りを片付けるだけだった掃除も、掃除をすること自体が習慣化することによって、どんどんカロリーを消費できるようになります。
日常的にこまめに動く習慣をつけることが、消費カロリーを増やし、また、体を動かすことでやる気が出たり、気分も良くなります。

気だるいゴロゴロから脱出して、お部屋のキレイなやせ体質を目指しませんか?

 - お掃除トリビア