お掃除まにあ

掃除道具は何を選ぶ?最低限コレだけは用意しよう!

2017.3.28

みなさん「掃除」は好きですか?

いつもキチンと掃除している人もいれば、割りと大雑把で掃除が苦手な人もいますよね。

実家暮らしであれば親が掃除してくれたりもしますが、一人ではそうもいかないもの。

いざ掃除道具を買うにしても何を買えば良いのかわからない…

色々と道具はあるけど意外と全部使わない…

そんな人に掃除に必要な最低限の道具をお伝えしたいと思います。

掃除に必要な最低限の道具その一「掃除機」

掃除道具といえばまず先に思い浮かぶものは何でしょうか?
それはやはり「掃除機」ではないでしょうか。
家中のあらゆる所をキレイにするためには掃除機は必要最低限の道具と言えるでしょう。

フローリングの多い現代ではフローリングワイパーが活躍しているのも事実ですが、家のあらゆる所を掃除できるという面においては掃除機の方に軍配が上がります。

掃除機はホコリや髪の毛、ダニの死骸や花粉なども吸い取ってくれますし、ガラスなどが割れた際の細かい破片も安全に処理出来ます。
さらに最近では軽量化やスタンド式の掃除機などもハイパワーになっており、性能も格段に上がっています。

また、特にオススメなのが「コードレス掃除機」です。
コードレスタイプの掃除機ならば、一台で家中コードに縛られず掃除できる上に車の中の掃除にも使えます。
充電さえすれば何時でもどこでも掃除が出来ちゃいます。

ということで、まず第一に必要なものは掃除機ですね。

掃除に必要な最低限の道具その二「雑巾」

雑巾も掃除といえばまず誰もが思い浮かぶ道具だと思います。
シンプルですが、雑巾もありとあらゆる所で大活躍してくれます。

現在は沢山の掃除用ウエットシートなどが売られていますので使っている方も多いと思います。
ウエットシートは種類も多く選ぶのも面倒だったり、毎回買うとなるとちょっともったいない気もしますよね。

雑巾のメリットは様々な用途に対応出来る事と、わざわざ買う必要すら無い事です。

雑巾は5〜6枚程の用意があれば充分です。
基本は水拭き用と乾拭き用で分けると良いでしょう。

水拭き用は使用中に洗って何度も使えますので経済的です。
乾拭き用は使用中に水分を吸ってしまうので取り替える必要がありますが2〜3枚あれば充分に家中を綺麗にできます。

雑巾は基本的に買う必要はありません。
使い古したタオルがあればOK。
見た目が気にならないのであれば着なくなったTシャツなども雑巾として使えます。

掃除の大本命「掃除機」の相棒は定番の「雑巾」ということになりました。
ここまでは基本中の基本ですよね。

掃除に必要な最低限の道具その三「スポンジ」

キッチンや浴室周りの掃除に欠かせないのがスポンジです。
洗剤をつけて汚れを擦る時に使います。

キッチンで使う場合には食器用とは別にいくつか用意すると便利です。

まずは鍋の底面(火にあたる部分)やコンロの五徳などの焦げや油などを落とす時に使う硬質のスポンジ。
表面がかなりザラザラしているようなものが、これらの掃除には使いやすいと思います。

シンク内の掃除用には水垢を落とすようなスポンジがあると良いですよ。
ですがシンクを傷つけてしまうような硬いスポンジは避けましょう。
メラミンスポンジでも良いですが、耐久性があまり良くないので毎日使うような使い方にはおすすめできません。

換気扇の掃除用にも一つ用意しておきましょう。
汚れが溜まり切る前にキレイにする習慣をつければ、スポンジと洗剤さえあれば換気扇はすぐにキレイになります。

浴室用は基本一つで大丈夫です。
タイルや浴槽の材質にあわせたスポンジを用意しましょう。

柄つきの浴槽スポンジは浴槽用とは別に用意しておくと便利です。
天井や壁面などの掃除にも使えます。
背が低い人でも楽に掃除出来るので重宝しますよ。

ここまでで、掃除に必要な三種の神器「掃除機」「雑巾」「スポンジ」が出揃いました。
コレだけあれば基本の掃除は問題なしですね。

掃除に必要な最低限の道具その四「番外編」

ここからは番外編です。
掃除に便利な道具をいくつか紹介したいと思います。

ゴミ袋

まず、掃除して出たゴミを捨てるためのゴミ袋は忘れずに用意しましょう。
各自治体によって指定のゴミ袋が決まっていたり、分別が決まっている事があるので住んでいる地域のルールに合わせた物を用意しましょう。

フローリングワイパー

先程は掃除機に軍配が上がりましたが、フローリングワイパーには静音性や伸縮性が掃除機より優れています。
どうしても夜間に掃除がしたい時や高いところの煤払いなどに使えます。

ゴム手袋

意外と軽視しがちなのがゴム手袋です。
ゴム手袋を用意しておけば、汚れたところの掃除も躊躇なく掃除できます。
素手だと手荒れが心配な方にも。
裾部分を折り返しておけば、洗剤などの液体が肘に垂れてくることも簡単に防げますよ。

ブラシ

細かい隙間やサッシなどの掃除に活躍してくれます。
歯ブラシでも良いですが、ヘッド部分が邪魔になってキレイに掃除できないこともあるので注意。
出来れば長めでコシのある毛足のものが使いやすいです。

これだけあれば掃除も完璧!?ですね。

掃除道具を選ぶ基準は…アナタ次第。

ここまで紹介してきた掃除道具は基本中の基本ではありますが、中には「もっと大事な道具がある!」と思う人もいるかもしれません。
もちろん掃除の仕方には個人差がありますし、掃除の方法には好みもあるのでここまで紹介した道具は一例です。

「コロコロ」が無いと生きていけない!なんて人もいるでしょうし、ホウキとチリトリが好きな人もいると思います。

お部屋の大きさや和室洋室、使われている材質や素材によって選ぶ道具も変わってくるものです。
人それぞれ、部屋それぞれに合う掃除道具を見つけていけると良いですね。

自分にあった掃除道具を見つけると掃除も楽しくハッピーになります。
今回紹介した道具さえあれば家中の掃除に使えるはずです。

汚れていた場所がきれいになると気持ちもスッキリしますよね。
掃除してキレイになった部屋でいつもより快適に過ごしましょう!

 - お掃除道具