お掃除まにあ

掃除アイテムを工夫しながら簡単にできるお掃除紹介します!

2017.3.31

年末の大掃除の時期になっていつもはなかなか掃除ができない、換気扇やエアコン、ブラインドなどの汚れを落とすのって本当に大変です。

「もっとコマメに掃除をしておけば良かった」と後悔するけど後のまつりなんてことも…

掃除が大変な大物掃除ですが、簡単な方法で汚れを落とすことができます!ぜひお試しください!

換気扇の簡単な掃除を教えて!

あまり掃除をせず、放置していた換気扇は油でギットギトですよね。いきなり、洗剤をつけてスポンジでこすっても、油をのばしているだけ、スポンジもネットリということになりかねません。

本格的な掃除に入る前にしっかり準備をしましょう!準備には少々手間がかかりますが、ここは我慢のしどころです。後々掃除を簡単にするためにも頑張りましょう!まずは、下にあるガスコンロが汚れないように、古新聞で覆っておきます。ガスの元栓もしっかり閉めるのもお忘れなく。手が掃除の後でねばねばしないためにも、ゴム手袋を使用しましょう。

換気扇掃除には使い捨てのぼろ布が必要です。わりばしも用意しましょう。まず外せる部品はすべてはずします。洗剤は強アルカリ性の成分の入ったものを用意しましょう!まず、取り外した部品は新聞紙などの上におき洗剤をまんべんなくスプレーしてしばらく汚れが浮いてくるのを待ちます!たらいなどに入る部品なら熱めのお湯をはって洗剤を入れしばらくつけ置きするのもおすすめです。つけ置きしている間に取り外しがきかない、フードの掃除にとりかかります。布に洗剤をつけふいていきます。油汚れが固まってい

るところはわりばしでこそぎ落とします。布を何度か変えながら繰り返し最後に水拭きします。つけ置きした部品は水で洗い流します。まだ汚れが残っているようならもう一度スプレーするかお湯につけ置きします。これを何度か繰り返します。あまり簡単に思えないかもしれませんが、汚れが落ちるまで何度もゴシゴシこすっていることを思えばとっても楽です。

エアコンのお掃除はどうすればいい?簡単にできるの?

部屋の中でも高いところにあるエアコンは埃がつきやすいですよね。埃と湿気とそろっているので、カビが発生しやすい場所でもあります。毎日のお掃除で掃除機をかける時に、エアコンの埃も掃除機ですっておくだけで、シーズン初めと使い終わりお掃除がとても楽になります。

さて、本格的にお掃除をする時はまず取り外せるものはすべて取り外します。フィルターなどの汚れは埃が多いので、シャワーの水圧でざっとかけるだけでもきれいになりますし、使い捨ての歯ブラシなどでこすると細かい網目の汚れもすぐに落とせます。本体のところは、高いので踏み台にのりながらの作業になるので注意してください。奥まったと

ころは、わりばしに濡らしたキッチンペーパーなどを巻きつけ輪ゴムなどでしっかり押さえたもので拭いていきます。そこまで頑固な汚れではないので、濡らした布で拭いていきましょう!中のほうのカビが気になる人はエアコン専用の泡スプレーを使用するのもおすすめです。

意外と面倒くさいブラインド!簡単なお掃除は?

インテリアとしては最高ですが意外と面倒くさいのがブラインドのお掃除です。一枚一枚裏と表を拭いていくとブラインドが曲がってしまったり、、、。一枚曲がっているだけでも、結構目立つのでがっかりですよね。次に説明する方法も、曲がる危険性がないわけではありませんが、普通に拭くのよりも安心ですし、簡単です。でも優しくソフトに掃

除しましょう!まずは、要らなくなったストッキングを用意します。これを一本の足分ずつ真ん中で切り分けます。一本は水でぬらします。これを手にはめたら、手で優しくブラインドをなぜていきます。ほこりがみるみる取れていきます。ほこりがいっぱいになったら、水で洗って埃を落としてもいいですし、汚れた部分を手の甲側に折り返して輪ゴムでとめ、きれいなところでどんどん拭いていくのもおすすめです。濡れたままが気になる人はもう一本でから拭きをして完成です!

清潔にしたいけどすぐに汚れるトイレの簡単な掃除は?

トイレは毎日何回も使用するところですが、小さな男の子がいる家では、便座をあげずにオシッコをされたり、裏側や横への飛び散り嫌ですよね。気づかずに座って「冷たい!」とがっくりなんてこともあります。掃除をしてもすぐに汚されてしまうトイレ!簡単なお掃除があります。洗剤を使ってゴシゴシ洗うのも大切ですが、入った時にトイ

レットペーパーやトイレに流せる専用のペーパーなどで簡単に拭きます。トイレは意外と埃も溜まりやすく、髪の毛などもたくさん落ちています。埃はさっと拭いておく。床の目立つ汚れも濡らしたペーパーでさっとつまんで流しておく。これだけでもずいぶんきれいです。床の汚れは掃除機の先にトイレットペーパーの芯を差し込みゴミを吸います。

使い捨て出来るので掃除機も汚れず便利です。夜寝る前に、床を洗剤をつけてざっとこすり最後に水をざばっとかけておきます。換気扇をまわしておけば翌朝には乾いているので拭き掃除の手間がはぶけます!

毎日楽らく!簡単なお掃除はどうすればいい?

お掃除を簡単にするには、やはり日頃のこまめなお掃除はかかせません。「継続は綺麗なり」です。掃除とは話は変わりますが、子どもの時に書いた夏休みの絵日記を思い出してください。明日書こうとためておいたら、最後の日には大変なことになっていましたよね。掃除もまさにいっしょです。汚れをためるほど大変になっていきます。「そうは

言っても、継続するのって苦手なんだよね」という方もおられると思います。継続の仕方もいろいろありますよね。日記も一行日記やしたことを記録するだけなど簡単に書くと決めれば続けられるものです。掃除も毎日15分だけ頑張ることを目標に、続けてみましょう!「たったそれだけで綺麗になるわけない」と思われるかもしれませんが時間を決めると集中して取り組むことができるので、意外とはかどります!ぜひチャレンジしてみてください!

 - お掃除のテクニック